管理人プロフィール

本名:佐々木 園美 Sonomi Sasaki

(2019年1月、離婚し旧姓、佐々木に戻る)

インターネット上の名前:にゃんころ堂、てまり-ねこ、temari-catを使用

生年月日:1965年9月5日

職業:手まり職人、2005年からインターネットで製作販売をする。

住所:静岡県伊豆半島中央部

母方、曾祖母、祖母、母が手まりを作っていたので

その影響で小学生のころから手まりに親しむ。

初めて手まりを作ったのは小学生のころだが、この時は挫折。

中学生のとき、見よう見まねで完成させた手まりが「あめ玉」の手まり。

地元の高校卒業後、和裁の専門学校へ行く。


★インターネット販売を始めたきっかけ


実はこの世界に入って結構長いので、私自身が知らないところで誰かと、どこかでご縁があったかもしれません、

某メルマガを見ていて『ワード、エクセルの基本操作ができる方募集』

こんな広告を見て、やってみよう!

そう思ったのが最初にインターネットでビジネスをするきっかけでした。

子育て中の主婦の方、身に覚えがあると思いますが、出産後、パートに出たい。

子供面倒は誰が見るの?

子供が幼稚園、保育園に入ったからさて、お勤め社会復帰と思うも子供は、しょっちゅう熱を出してお休み。

パートをしたいのにお休みばかりで仕事に行かれない。

私は息子が保育園に入り(田舎なので保育園しか無いのです)

その送り迎えに疲れ果て自分が病気になり、毎日点滴に通う結果に。

自分のほうが少し落ち着いてきたら

今度は、母が末期がんとわかりまして、怒涛の?年間でした。

そんな中、私はお勤めをするのはもう無理だな。

パートももう無理だな。

そのように思ったのです。

そして手に入れたパソコンが、NECのデスクトップでした。

当時のバージョンはWindows98でした。

まだ、いろいろなソフトも非常に高額で、ネット回線も非常に遅かったのです。

パソコン操作を覚えながら(今では何でもネット検索ですが、当時は書籍に頼るのみ)パソコン雑誌などをよく見ていました。

ワードやエクセルの入力作業でお仕事をする、主婦のグループが居ることを知り

いろいろなメルマガ広告で、在宅ワークを知ることになります。


★在宅ワークを知るも失敗の連続


当時はかなり怪しいものが多く

ネット = 怖いもの

という認識が一部にあったのも否定できません。

実は、ほぼすべてのトラップに、私はかかっているかもしれません。

そんな中、書店で見つけた1冊の本がありました。

『 ヤフオクで稼ぐ 』

私が見たのは本と言っても業界用語で言う、ムックというタイプの物です。

雑誌と本との中間に位置するものです。

その本を立ち読みしていましたら

なんと!

自作のキーホルダーを販売している方が居ました。

この方は鉄道が大好きで粘土で電車の模型を作りその手法、工程をすべて公開してしまう

この方法で、しかるべき売り上げを上げているというのです。

私は、これだ!とひらめきました。

私は生まれつき足が悪いのです。

若いころはそれなりにスーパーのレジや、喫茶店のウエイトレスなどもしていましたが

この頃は漠然と、もう無理だなと思っていたのです。

そして、自宅で何かを作って販売したりお教室を開いたりして

それを元に生活したいと考えていました。

過去チャレンジした物は、洋裁、和裁、刺繍、編み物、パッチワークなど

針と糸に関するものはほぼ全て経験があります。


★手まりを習ったきっかけ


母の命があと少しで終わるとわかった時、私がそれまで積極的に行ってこなかったものが

ただ一つだけありました。

それが、手まりです。

初めて一人で完成できたのは中学生のころでした。

それまで母や祖母が作るのを見ていましたが、気まぐれで作ることはあっても

本気でやろうとは思わなかったのです。

でも母の命の終わりが見えたときに、今、母から習わないと習う機会を失ってしまう。

そう思ったのです。

全国的に見たら、母よりすごい人はたくさん居ます。

でも、私の住む伊豆では母が一番でした。

母の時間が終わる前に、なるべく多くのことを吸収しておこう。

そのように思ったのでした。


★手まりの制作販売開始


この頃ヤフオクは、ネガティブなニュースが多かったのです。

その為に、私は楽天フリマに作品を出していました。

2005年の事です。

作り方は楽天ブログに出しながら、作り方解説が終わった作品から順次フリマに出していました。

でも、最初の1年はまったく売れませんでした。

そして、2007年の秋にeBay輸出入のマニュアルを林一馬さんから購入しました。

知り合いが私に絹の手まりを作ったら?

と言ってくれたのをきっかけに、絹糸と言ったら中国から安く買えるのでは?

と思ったのです。

そして、作品も海外であればそれなりに売れるのでは?

とも思いました。

この時は、絹糸は気に入ったものを手に入れることは、難しかったのです。

そして手まりの平均的相場も非常に安かったのです。

私が売りたい価格では扱っていませんでした。

でも試行錯誤しながら、少しずつ売り上げを伸ばすことができました。

その後、紆余曲折ありましたが

現在も手まりの製作販売を続けています。

note の「私と手まり」も読んで頂けると嬉しいです。
https://note.com/temari_cat/n/neb6916390bb3