手まり「六つ菊」「雪椿」です。

昨日は3個の六つ菊を各所に展示しました。
 
雪椿は過去作品です。Amazon用に写真の撮りなおしをしました。
 



 
3つの六つ菊は手まり講座の解説用に作りました。
 
紫の花の作品は菊の周囲を、笹がけと呼ばれるかがり方で囲っています。
 
ピンクの菊は、細い帯で三菱かがりをしました。
 

 
帯を細くしたので、花弁が囲いの外に出るようにかがりました。
 
六つ菊のデザインには、いくつかのバージョンがあります。
 
花だけの物、四角で囲う物、周囲を笹がけで囲う物、花びらを枠の外に伸ばしたり、枠の中に収めたり、花びらを重ねたり。
 
枠の中に収める物と、花びらを重ねる物も説明用に作る予定です。
 

 
そして囲いが無いのが観音寺の手まりと呼ばれる模様です。
 
3色の赤い糸を選んでかがりました。
 
クリスマスやお正月を意識して色を合わせました。
 

 
冬から春に向けて、手まりの本格的なシーズンになります。
 
デザインも数限りなくあります。
 
なかなか作りたい作品が多くてもどかしいのですが、一つ一つ丁寧に作るしかないと思っています。
 

 
デザインも1つの作品を複数作りたくて、気に入った物はあれもこれもと思ってしまいます。
 
講座の進行に合わせて、講座に追いかけられながら作っている感じです。
 
それでも今回久しぶりに六つ菊を続けて作り、ようやく可愛く作れるようになったと感じました。
 

 
母は1つ毬の中に菊をたくさん作る模様は好みませんでした。
 
実際に手を動かさなくても、作り方手順が見えてしまうので面白くなかったようです。
 
しかし晩年、私が12菊とか凄く良いじゃない!と言ったら、菊は意外に大変なのよ。と言っていました。
 
パズルのようにどうやったらその模様を作るのか?と思うような交差模様を好んだようです。
 

 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村