手まり「三つ羽根亀甲と松竹梅」作り方


 
3年1ヶ月目第4課題になります。
 

 


★この作品について




TL125 三つ羽根亀甲と松竹梅







三つ羽根亀甲を作り、3か所の空間に
松、竹、梅の刺繍を入れます。



この作品は、以前アンティーク物として
某所にあった物を、写真から複製した物です。



模様と特徴から、鶴岡御殿まりの1つと思います。
東北に住むお婆さんに作ってもらった物だとお聞きしました。



古くは盛んに作られた鶴岡御殿鞠ですが
刺繍入りの物を作る方は激減し
現在どれだけ作る方がいるかわからないと、言われています。



刺繍の刺し方から製作に向き不向きがあるので
講座の課題として入れましたが
製作は自由製作とします。






★手まりのサイズ




元のアンティーク物は直径7cmでした。
私は以前8cmで作っています。



今回、講座用に作ったのは直径10cmです。



中国製の25番刺繍糸は糸が太いので
刺繍をするのに大きいほうが刺しやすいのでは?
と思い、10cmで作りました。



しかし、結果として直径8cmのほうが可愛いと感じました。
糸の太さについても元々メーカー品を使う場合
6本で刺していたので気にする必要は無かったです。



中国製の25番を使う場合、
6本は針に通りにくいので3-4本で刺し
必要に応じて何回も往復して太さを出すと良さそうです。



私は見本作品を作るのに糸の在庫の都合で
メーカー品と中国製を混ぜて使っています。





★模様の作り方




三つ羽根亀甲をかがってから、各部の刺繍をします。



刺繍の刺し方ですが、見本を印刷しておき
それを見ながら刺します。
待ち針で刺す場所を特定し
刺繍を入れていきます。



多くの刺繍の場合
織り目を数えながら刺したり
図案を書いて刺します。



しかし、手まりに刺繍を入れる時
図案を書くことをしません。

通常の手まりの製作とは、別の模様の作り方になるので
作品の再現性と言う点で見た時
少し難しくなると思います。



そういう事情において、作り手が激減したのだと思います。



刺繍入り手まりですが、新しいデザインを作り
コンクール等に出す方はいらっしゃいます。
しかし、オールドスタイルの物を作る方は
本当に見なくなりました。



まだいくつかの刺繍デザインを私は保存しているので
未製作の物はそのうち再現したいと思っています。




てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村