手まり「花七宝」作り方


 
3年1ヶ月目第2課題になります。
 

 


★この作品について




TL121 五角形と三角形32面体分割

TL122 花七宝









五角形と三角形で作る

32面体の地割を元にした作品になります。
 
 
今までは地割線を作り、その両側に糸を巻いて

作品を作りました。
 

 

10の分割


 

 
この作品を作る時、今までのように

地割線を作り、その両側へ糸を巻く方法でも良いです。
 
その場合は、細い金糸などで地割を作ると良いでしょう。
 

 
私は金糸を使わない方法を選択しましたので

地割糸として特別な物を使用しません。

模様の糸と同じ糸で地割を行います。
 

 

 
最初に32面体の補助分割を

理解しておく必要があります。
 
この補助分割法は

手まりの中でよく使われる方法です。
 

 
補助分割として使われる場合もありますが

分割線を太くして使ったり、

この分割線を籠のように編む場合も多いです。
 

 
 

 
まず分割のラインを頭に入れておく必要があります。
 

 
 

 

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。


★手まりのサイズ




花七宝は直径10cmで作っています。

糸を変えれば小さく作るのも不可能ではないです。
 
ただ徐々に小さくすることをお勧めします。
 

 
 

 


★模様の作り方




地割を作り、補助分割線を作るのと同時に

ラインを太くしていきます。
 
その後、地割のラインを太くします。
 

 
ラインが太くできたら

麻の葉がけで各所を留めていきます。
 

 
手順がわかれば

さほど難しい物では無いと思います。
 

 
私は1枚の絵や写真の様子を写すように

色遣いを決めています。

その他には、色遊びとして糸を決めるのも良いでしょう。
 

 
 

 

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村