星の手まり、空間処理完了。144面体、苦戦中。

昨日は星の手まり

空間処理、完了しました。
 
 
 
ほぼ思い通りに出来ました。

10年ほど前、類似品を作っています。

しかし、その時とは比べ物にならないくらい

簡単に出来上がりました。
 
 
 
空間処理は以前は行っていなかったのですが

今回、作ってみて、やはり思い通りに仕上がりました。

今まで少し気になっていたのですが

その部分も思い通りに出来て良かったです。
 
 
 
でも、空間処理だけでも、しかるべき時間はかかりました。

前回、その部分を行わずに

出来上がりとした理由もよくわかりました。
 
 

 
 
単純に言えば、星をかがるのに いっぱいいっぱいで

手が回らなかったのです。

気力が萎えてしまったと言うか・・・
 
 
 
しかし、今回は星もスムーズに出来たので

空間をそれなりに仕上げる余裕が出来ました。

しかも、色使いはあまり多くせずに

星の模様だけを際立たせたい。

だけど、空間を手抜きには見せたくない。
 
 
 
柳川毬の方たちが行うように

作品の全体を模様の糸で覆う方法もあります。

しかし、当初の予定では考えていなかったので

どうしよう・・・

だったのです。
 
 
 
でも、一晩たったらよい方法が思いつきましたので

その方法を試しました。
 
 
 
それなりの仕上がりになり

満足できました。
 
 
 
**********
 
 
 
初めて行う144面体

こちらは、少々苦戦しています。

テキストを見て理論的には理解できましたが

糸をかける段階で悩みます。
 
 
 
悩みながら進むしか無さそうです。
 
 

 
 
手持ちにある、某自費出版の本の中に書いてありました。

ある方が、自分の作った手まりを

長野のお婆さんに送ったそうです。
 
 
 
ここまで作ることが出来ました。

と手紙を添えて。
 
 
 
そうしましたら、そのお婆さんは

それが作れたなら、この模様も作れるはずだ

と別の作品が送り返されてきたそうです。
 
 
 
出来上がりを見てそこから作り方を推測し

完成までの手順を把握しなさい。

という事のようです。
 
 
 
今の私はまさに、その状態です。

正直言いまして、先生が居て

その先生から習う事が出来るのは

非常に簡単なのです。
 
 
 
その先生が苦労してきた道順を

全部飛び越えて、最短でゴールまでたどり着けますから。

しかし、ヒントだけ与えられて

そこから作品制作を行うのは

それなりに大変です。
 
 
 
でも、難しいけれども

その過程は楽しい作業です。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「フラワーバスケット」です。

この手まりも、いくつかの色違いがありました。

でも、みんなお嫁入りしてしまい

残っているのは少ないです。
 
 
 
また作っておきたいと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村