手まり、講座添削と、鶴、赤バージョン製作開始

昨日はWeb講座の課題を

提出してくれた方がいましたので

その添削を行いました。
 
 
 
そして、次の作品のアドバイスを少々

しました。
 
 

 
 
時々、通信講座は不安と言う方がいますが

現在、初月無料で行っています。

初月は若干ゆっくり進みますが

2ヶ月目以降は1週間に1作品のスケジュールです。
 
 
 
現在、受講中の方は4ヶ月目を行っています。

一応、質問コーナーを設けていますが

今の所、特に質問は無く

作品を完成できています。
 
 

 
 
マネタイズを考える方は

あえて抜けている部分を作り

その穴を埋めるように高額商品を売るのが良い

などと言います。
 
 
 
しかし、私から見たら、それはちょっと・・・

と思うのですね。

物つくりの講座なので

まず、テキストだけで(付随する動画も含めて)

作品が作れないと意味が無いと思うのです。
 
 

 
 
作品を制作した後

作品販売をしたい。

お教室を運営したい。
 
 
 
そういうニーズがあった時

その部分のサポートに対して

しかるべき金額を頂くのであれば

良いとおもっています。
 
 
 
でも、細かく質問しないと作品が作れない。

リアルで会わないと作品が作れない

これでは通信講座のテキストとして

不備があると言いたいのです。
 
 
 
今は入門コースなので比較的易しいですが

その後のコースでも同じだと思います。
 
 
 
 

この後の難しい作品の場合

もし、作れません・・・

テキストが理解できません。

そう言われたら・・・
 
 
 
私は、何番のテキストの作品をもう1回作り

それからチャレンジしてください。

このように応えるでしょう。
 
 
 
テキストを書くにあたり、

所定の作品を経験していれば

作る事が出来るように

課題の順序も選んであるからです。
 
 
 
その為、最初から作るには厳しいと思う作品は

難易度を下げた作品を経験してから

所定の作品を作るように

課題の順序を考えています。
 
 

 
 
時々、**は嫌いだから作らない

という方がいますが

それはそれで自由です。
 
 
 
しかし、ある作品を作りたいと思ったとき

**をレッスンしていないから

上手に作れない。

コツがわからない。

こういうケースも当然、発生すると思います。
 
 
 
そういう場合は、テキスト何番の作品を

復習してください。

と応えるしか無い場合もあると思います。
 
 
 
そういう訳で、今の所

完成後に、そこはこうしたほうが・・・

とアドバイスした事はありますが

**がわかりません

と言われた事は無いです。
 
 
 
 

 
 
そして、作品制作

鶴の手まりが品切れになってしまったので

作り始めました。

今回は赤バージョンです。

金銀の糸を使わないと決めてから

初めての作品になります。 
 
 
 
今まで、金銀の糸を使えば問題なかったのですが

それを使わないと決めたので

糸選びに苦戦しました。
 
 
 
とりあえず、法則性を決める事ができたので

多分、何とか作れると思います。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の秋色手まりは、桔梗です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村