作品発送と次の作品構想

昨日は午前中、地区の共同墓地の草取り

お昼に帰ってきて

作品1点発送・・・

 

結果としてこれで終わってしまいました。

 

実は今作っている手まり講座

各種、キットの作品も一部網羅しています。

 

 

キットの作品、作れると思ったのに

途中挫折してしまった。

素敵!

と思ったけど、解説が難解でつまづいてしまった。

そういう方が再チャレンジできるように

作品解説を入れています。

 

 

ただ、私はキットは使わずに

全部自分で糸や材料を集めて・・・

になりますので、

キットの作品とは少し違ってきます。

 

特に色は、必ずどこかを変えています。

土台の色を変えたり

花の色を変えたり・・・

 

そしてキットの作品は

地割済み土台を使用しますが

私の講座では自分で

土台から作るのが原則ですので

若干作る手順が変わっているものもあります。

 

 

キットの補助動画を見ながら

そのとおりにやってみたけど

やっぱり、こちほうが、作りやすい。

そういう作品もありました。

 

ですので、出来上がりは

キットの作品と近いのですが

途中の手順が違っている

そういう作品もあります。

 

 

特にキットの作品の場合

私、祖母、母が作り方は

理論的に理解しているけれども

あまり好みでないから作らなかった。

そういう作品も含まれています。

 

 

キットの作品は

本当は全部入れたかったけれども

1週間に作品1個を目安に講座構成していますので

入れる事が出来なかった作品もあります。

 

そういう作品は

いつか機会がありましたら・・・

と思っています。

 

 

手まりの作品を分類すると

一言で初級と言いましても

入門の基礎技法が何種類か

そして8等分の組み合わせ地割を習い

そこで何種類かの作品を経験し

10等分の組み合わせ地割となります。

 

ここで8等分組み合わせ地割

10等分組み合わせ地割これらの作品を

一定数レッスンし、作品の製作経験をつみ

時間がかかる作品、難易度が高い作品が

楽に作れるように経験が必要になってきます。

 

これらの経験をつんだ後、さらに難しい作品

時間がかかる作品と進んでいくのです。

 

 

今回の講座では1週間に1作品を目安に

解説していますので

一応、10等分の組み合わせ地割までは

入れる事が出来ましたが

その先にもっともっと

経験が必要な作品が待っています。

 

ですので手まりの世界は非常に奥が深いのです。

そして某キットの作品

解説動画があったので、見てみたのですが

完全に寝落ちました。

しかも一番見たかった場所は解説が無く・・・

 

もっとも、解説無くても

私は写真から作れるのですが

どのように解説しているのかを知りたかったのです。

 

 

これはとにかく作ってみるしかない

という結論に落ち着きました。

 

少しずつ作業も終わりに近づいていますので

楽しみに待っていてください。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村