「松本まり」タグアーカイブ

手まり「八重づる桔梗」の作り方


 
2年9ヶ月目第2課題になります。
 

 


★この作品について




TL105 八重づる桔梗







この作品は、長野県松本地方で作られていた模様です。

昔は親から子へ、口伝えで伝えられてきた手まりの模様ですが

昭和40年以降、多くの製作テキストが発行されました。
 

 
その為、手まりの地域性が薄れてしまいました。
 
しかし、テキストがあるからこそ

多くの模様が保存された事実も考慮しなければいけないと思います。
 

 
その中で、ルーツがはっきりしている模様もあります。
 

 

 
松本地方の手まりの大きな特徴は

白い土台に、連続模様でした。
 

 
TL57で紹介した「松本まり」も、その1つです。
 

 


 

 
私が持っている自費出版の作品集に

以下のような記述がありました。
 

 
松本に住む老女に、ここまで作れるようになりましたと

「松本まり」をつくって送ったところ

それが作れるようになったのであれば

この作品を作ることが出来るはずだと

「八重づる桔梗」が送られてきた。とありました。
 

 
昔の方が、どのようにレッスンをしたのかが垣間見れる

興味深い記述でした。
 

 
見本作品を送られ、それを見て作り方を読み解きなさい

という事だったと推測します。
 

 

 


★てまりのサイズ




見本作品は直径10cmで作っています。



大きくすると模様のバランスが崩れるので

アレンジが必要だと思います。
 

 
小さく作るのは、それほど難しくないと思います。
 
直径6cmで試してみて、

その後さらに小さくすることをお勧めします。
 

 
 

 


★模様の作り方




手元のテキストでは、

メーカー品の25番刺繍糸6本で作るように書かれています。
 

 
見本作品は、中国製の25番刺繍糸3本で作っています。
 
中国の25番は糸が太いので、3本で作りました。
 

 

 
松本まりとしてお土産物として売られていた作品を見ると

25番刺繍糸6本で作られているものが多いです。
 

 
6本の糸を合わせるのは手間がかかりますが

糸を太くした分、作業が早く進みます。
 

 
ただ太い糸を使用すると、作品が荒く見えるのが欠点です。
 
その為、私は中国糸3本で作っています。
 

 
手まりのサイズを変えて作るとき

絹糸などで小さく作るのは良いと思います。
 

 
作品のサイズに合わせて、糸も選ぶことをお勧めします。
 

 

 
また、松本まりの特徴は白い土台ですが

各自のイメージに合わせて、

カラフルな土台を使用することも良いと思います。
 

 
 

 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、講座3年目計画完成、「菊」緑地ピンク花、完成

昨日は、手まり講座の3年目の計画表、完成しました。

1月から3月までは手まりのシーズンなので

入れたい作品はかなりの数あります。
 

 
そして3年目の講座

イメージの中では2月くらいまでは出来上がっていました。

忘れないようにエクセルにまとめてしまおうと

作りだしました。
 

 
1か月4個の作品で計画を立ててあります。

入れたかったけど入れられなかった作品

難易度的にあえて抜いた作品もあります。
 

 
計画表を見える形に作り

改めて、大した数作れないな・・・

そのように感じました。
 


 
1か月に4個の作品。

1年間で48個の作品。

星の数ほどあると言われる、手まりの模様。

それらを全てレッスンするには

あまりに時間が少なすぎます。
 

 
また難易度的に、必ずレッスンしたい作品もあります。

難易度が厳しい作品でも

1個、2週間程度で作れないと・・・

私はそのように感じています。
 

 
もっとも、生徒さんが各々の都合で

1か月分の講座を2-3か月かかって

レッスンするのは自由になります。

お勤めなどしていたら、進むのが難しいですから。
 

 
3年目の講座ですが

作品によっては、体験レッスンでも良い作品

2年目に入れたかったけど

入れられなかった作品も含まれています。
 

 
計画表が出来上がったので

あとはテキストを作るのみです。
 


 
昨日は、緑地の菊の手まり

朝から作り始め、夕方に出来上がりました。
 

 
土台が出来上がっていたとは言え

少しスピードアップしました。

やはり同じ模様を続けて作ると

作業効率が良いです。
 

 
それでは本日も作業、がんばります。
 


 
今日の手まりは、先日各所に展示した

「八重づる桔梗」白地、赤ピンク赤紫花 です。

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「麻の葉」2個出品。「菊、白地ピンク」完成

昨日は、補充で作った2個の「麻の葉」

完成したので、朝一番で写真を撮ってきました。
 

 
その後、急遽、打ち合わせがあったので

電話で打ち合わせをしていました。
 


 
午前中、「麻の葉」の手まり

各所に出品しました。

白地に赤の麻の葉模様、安定して人気の作品です。
 

 
赤地に白の麻の葉模様

直径6cmがあると思ったら

ミニサイズだけで、6cmは無かったです。

短時間で作れる作品なので

一緒に作り、展示しました。
 


 
午後からは作りかけだった菊の手まり

完成させました。

ピンクの菊も安定して人気の作品です。
 

 
いくつかの作品、人気なのに品切れ補充が出来ていない・・・

少しまとめて補充作品作ろうと思います。
 


 
今日の手まりは

「八重づる桔梗」白地、赤紫ピンク紫花 です。
 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「八重づる桔梗」3個各所に展示、テキスト完成。

昨日は出来上がった3個の

「八重づる桔梗」の手まり、各所に展示しました。
 

 
この作品は、

手まり講座2年9ヶ月目の第2課題にもしています。

講座テキストも書き終わりました。
 

 
品切れ品補充も兼ねて、3個の「八重づる桔梗」の手まり

作りましたが、前回作った物とは若干違っています。
 

 
以前作った時は

メーカー品の刺繍糸を使用していました。

私が持っているテキストでは

糸を6本合わせて作るように書かれています。
 


 
この手まりの模様は、松本まりと

そのテキストには書かれています。

著者の方が、松本に住む方に

この作品とよく似た、別の作品を送ったそうです。

そこまでレッスンできたと言う証明に送ったようです。
 

 
そうしましたら、松本に住む方は

それが出来るなら、これも作れるでしょう。

と、この八重づる桔梗の手まりが送られてきたそうです。
 

 
つまり、出来上がった作品を見て研究して

コピーを作りなさい

という事だったようです。
 

 

古い土産物に使われる、松本まりは

刺繍糸6本で作られるものが多かったようです。

私は今回、3本で作りました。
 

 
3本にした最大の理由は

中国の刺繍糸は、メーカー品と比べて太いのです。

そして、この作品を

6本で作る理由が見えなかったからです。
 

 
桔梗の名を持つ作品。

桔梗はそれほど花びらなどに

厚みのある花では無いです。
 

 
どちらかと言えば、存在感はあっても

やわらかい花です。

それを6本の糸で作るのはどうかな?

と思って、3本にしました。
 

 
6本で作った時と比べて

繊細なイメージに仕上がり、私としても満足しています。
 


 
松本まりの特徴は

白い土台

連続した模様

これが古い作品の特徴になります。
 

 
土台の色を変えると違った印象になると思いますが

今回作った3個の作品は皆

白い土台で作りました。
 


 
作品タイトルですが

模様の名前は「八重づる桔梗」で良いのです。

しかし、作品についてのイメージ

特に考えていなく、名前を付けるのに困る場合もあります。
 

 
販売サイトから、売れました連絡が来た時

即、作品のイメージが浮かばなければいけません。

そういう場合、私がよく使うのは

使用した糸の色をタイトルにしています。
 

 
今日の手まりは3個の中の1つ

「八重づる桔梗」白地、黄ピンク青花

になります。

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まりの仕事は出来ず・・・

昨日は、雑事で

手まりの仕事は出来ませんでした。
 
 
 
最近増えてきた

お香関連の物を収納するために

カラーボックスの1スペースを片づけました。
 
 
 
不要なDM類が詰まっていたので

ほとんどゴミ箱行きになりました。
 
 
 
でも、失せ物見つかる・・・

という事も。
 
 
 
絹糸の見本帳、持っていたはずなのに

どうしても今まで見つからなかったのです。

しかし、タイヤの糸と金亀さんの糸

両方の見本帳を見つけることが出来ました。
 
 
 
糸の見本帳、何気にお値段が・・・

手間を考えれば無理も無いです。
 
 
 
後は持っていない見本帳は

都羽根さんの物だけだと思うのですが・・・
 
 
 
以前は多くのメーカーが

絹手縫い糸を販売していました。

しかし、和裁人口が減るにつれて

消えていったメーカーも・・・
 
 
 
和裁どころか、手芸店も街から消えつつあります。

通販で物を買うのが前提になると

見本帳はオーダーを出すために

必須道具の1つになります。
 
 
 
欲しいと思っていた見本帳3冊のうち

2冊が見つかり良かったです。
 
 
 
***********
 
 
 
バスマットがかなり、くたびれてきたので

バスタオルを縫う事にしました。
 
 
 
我が家ではバスタオルを袋に縫い

それを枕カバーや座布団カバーに使用しています。

猫が使うクッションカバーにも

バスタオルを袋にした物を使用しています。
 
 
 
以前は猫が外出する事もあったので

定期的に洗っていました。

猫のお風呂をした時の

猫用タオルも、バスタオルを

袋に縫って使用していました。
 
 
 
先代の猫から、

我が家の猫は外出禁止猫になったのです。

その為、定期的にお風呂に入れる必要もなく

袋に縫ったバスタオルの使用も

大きく減りました。
 
 
 
この袋がくたびれてくると

縫った糸をほどき、たたみなおして

バスマットに縫い直すのです。
 
 
 
昨日はバスタオルと、浴用タオル

くたびれた物を

バスマットと雑巾に縫っていました。
 
 
 
さすがにミシン針も最後の1本になりましたし

時間も過ぎてきたので終わりにしました。
 
 
 
という訳で、昨日は手まりの仕事は出来ず

雑事で終わりました。

今日は制作作業をしたいと思っています。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「夏華」と名付けた物です。

松本まりとして知られる模様の1つです。

連続的に模様をかがる事で

出来上がる物の1つです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村