「手まりの糸」タグアーカイブ

手まり「ねじり梅、赤」各所に展示。「籠目菊、ホワイトクリスマス」制作開始

昨日は、朝一番で完成した手まり

「ねじり梅、赤」の写真を撮ってきました。

その後、各所に展示しました。
 
 
 
次の作品は「籠目菊、ホワイトクリスマス」です。

少し前にイメージは出来ていたのですが

他の作品を先に作っていました。

ようやく作り始める事が出来ました。
 
 
 
今の時期に作らないと、来年まで持ち越しになりそうです。

その時、イメージを覚えているか?

私は自信がありません。
 
 

 
 
毎年、毎年、この季節は

作りたい作品のイメージが出てくるのですが

いくつかの作品は形に出来ず

季節が過ぎてしまいます。
 
 
 
一度作品にしてしまえば

写真がありますので、その写真を元に

品切れ品補充は可能になります。
 
 
 
私は、その時の気分を大切にしたいので

作品に使用した糸の色番号の記録を残していません。
 
 
 
補充作品を作る時は

写真データを元に糸箱を眺め

この色!と思った物を取り出します。
 
 
 
その為、厳密に言うと

同じ色の作品が出来るかどうか怪しいです。

色の組み合わせは一期一会です。

私はそれで良いと思っています。
 
 

 
 
アニメに出てきた作品をコピーした物は

作品のイメージもありますので

色番号を控えてあります。

そういう作品は、色のロット違いという部分があっても

ほぼ同じに出来上がります。
 
 

 
 
一番、今まで多く作っている物は

ピンクの菊になります。

この作品の場合、土台の色を決め

花の色のイメージがあり

それを元に糸箱から糸を取り出します。
 
 
 
しかし、毎回、選ぶ糸は変わっています。

出来上がった時、少し薄くしあがったとか

濃いめに出来上がったとか

いつも感じています。
 
 
 
土台の色を変えて、複数作る場合も多いです。

その時に一緒に作った作品は

同じ花の糸を使用しているので

土台を変えても、同じ色使いになっています。
 
 

 
 
しかし、一度糸を片づけ

新たに糸を選べば、違った雰囲気になります。

毎回作るたびに違う物が出来上がる

それで良いと思っています。
 
 
 
使用した色糸の記録は

私は残さなくて良いと思っています。
 
 
 
母は記録が残っている物もありました。

しかし、母が好んだ糸はリリアンです。

母が好んだメーカーのリリアンには

色番号がありませんでした。
 
 
 
つまり、購入するたびに

同じ色が手に入る確率が低いのです。

当然、作品の色合いも

毎回変わってきます。
 
 

 
 
母のメモは

薄いピンク、濃いピンク、ローズ・・・

このように書いてありますので

これもまた、その時のイメージで

選ぶ糸は変わってきます。

私はそれで良いと思います。
 
 

 
 
それでは本日も作業、がんばります。

今日の手まりは、昨日各所に展示した

「ねじり梅、赤」です。
 
 
 
古典作品の1つです。

この作品も数多く作っていますが

土台の赤が、作るたびに違っている気がします。

実際、大手メーカー品のスパン糸を使用していないので

購入するたびに糸の色合いが違います。
 
 
 
その為、作るたびに色が微妙に違ってきます。
 
 
 
 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「ねじり梅、赤」完成。糸巻き入れ替え中。

昨日、作りかけだった「ねじり梅、赤」が完成しました。

今回は、途中、雑用が入ったり

中国から糸が届いたり

アマゾンへ糸セットを納品したりで

作品完成に時間がかかりました。
 
 
 
昨日、完成しました。
 
 
 
中国から刺繍糸その他が届いたのですが

今回、一番気になっていたのが木製糸巻きです。
 
 

 
 
今まで少し大きめのボール紙の

糸巻きを使用していました。

ボール紙製なので、使用しているうちに

だんだん折れたり、へたったりしてきます。
 
 
 
傷んだ物だけ入れ替えようか・・・

とも思っていました。

しかし、この紙製糸巻きを用意した時には無かった

木製の糸巻きが見つかりました。
 
 
 
サイズと仕上がりの具合、

重さが非常に気になっていました。

今回のオーダーで商品が届きました。
 
 
 
全てにおいて満足できる物でした。

そこで、現在、少しずつ

糸巻きの入れ替え作業をしています。
 
 
 
現在、木綿の刺繍糸が447色

常時持っています。

全色、糸巻きの入れ替えを行うには

少々時間がかかるので、合間を見て少しずつ

入れ替えをしようと思っています。
 
 
 
写真が入れ替え中の刺繍糸です。

左側の小さい物が、新しい木製糸巻きです。

右側の大きい板が、今まで使用していた紙製の物です。
 
 
 
糸の幅が少し太くなり、高さは小さくなります。

その為、収納スペースが小さくなり

糸は選びやすくなります。

これで作業効率も良くなりそうです。
 
 
 
糸用木箱は9年ほど前に購入したのですが

同じ物がまだ販売されていました。

絹の刺繍糸も少し揃えたいと思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、12の渦巻きバラ、各所に展示、テキスト完成

昨日は、手まり講座、2年6ヶ月目の第2課題

「12の渦巻きバラ」が完成したので

写真撮影、各所に展示、そして

講座テキストも完成しました。
 
 
 
やはり8等分と10等分の違いは

なかなか大きいです。
 
 

 
 
かなり以前に、ある方から

柳川毬を教えてほしいと言われた事があります。
 
 
 
しかし、私は柳川毬が

どういう特徴なのかは知っていますが

お流儀が違うので、

ご自身で研究して欲しいとお断りしました。
 
 
 
その方は、お義母様から

手ほどきを受けた方でした。
 
 
 
その方が言うには

土台は綺麗でないから

全てを模様の糸で埋めるのだと言います。
 
 
 
確かに、そういう模様の作り方もあります。

しかし、私は多くの模様をまんべんなく集め

記録する事をライフワークとしています。
 
 

 
 
この渦巻きバラは、土台の上に線描きする事で

模様を作る物になります。

つまり、柳川流とは違った考えで

模様が成り立っています。
 
 
 
1つの地域に固執すると

模様の収集を考えた時、無理が出ます。

その為、私は特定地域を定めずに

手まりを作っています。
 
 
 
また、普段は25番刺繍糸を使用していますが

絹手縫い糸、その他織物用絹糸なども使用します。

木綿の刺繍糸には木綿糸の良さが

絹糸には絹糸の良さがあります。
 
 
 
それらの手触りが好きで

作品に使用しています。
 
 
 
木綿、刺繍糸の最大の魅力は

色数の豊富さが挙げられます。

私は中国メーカーの糸を使う事が多いですが

1つのシリーズで447色あります。
 
 
 
本当に色数を極めるのであれば

他社の糸も揃えれば、

かなり多くの糸を使用する事が可能です。
 
 
 
しかし、現状、1社だけで良いのでは?

と思い、私は他社の糸までは集めていません。

本当はオリンパスの糸が好きなのです。
 
 

 
 
オリンパスの糸は、色数と言う点では無く

色番号と言う視点で、使いやすいのです。

なぜなら、色番号は3桁、または4桁で表しています。

この一番最初に来る番号

これで色グループが決められています。
 
 
 
2番目の番号でそのグループのどのあたりの色か?

これが、わかるようになっています。

他社の糸ではそのような決まりが無いです。
 
 
 
そういう意味で非常に使い勝手が良いのです。
 
 

 
 
絹糸は絹糸でどの糸も

それなりに個性的です。

また絹独自の光沢や手触りは

何物にも代えがたいです。
 
 
 
その為、絹糸で作る手まりも

手触りが非常に良いので

私は大好きです。
 
 
 
欠点を言うのであれば

元々、刺繍を目的に作られていないので

色数が少ない事です。
 
 

 
 
中国の絹刺繍糸も使いやすそうな糸ですが

こちらは色数が豊富すぎて

まだ作品作りには使っていません。
 
 
 
作品を作る為には

全色とは言いませんが、それなりに色数

常に使えるように準備する必要があります。

絹糸を常備するには、それなりのスペースも必要なので

まだ出来ていないと言うのが実情です。
 
 
 
*****
 
 
 
今日は、次の手まり講座の作品を作る予定で居ました。

しかし・・・

明け方、別の作品のイメージが降りてきて・・・

しかも、?か月後、

講座でも採用しようと思っていた模様です。
 
 
 
これはもう、作るしかないです。
 
 
 
いつもとは違ったコンセプトの色使い

私としては通常使っていない色使いです。
 
 
 
手まり講座と、イメージの作品

講座のほうは時間的に、多少の余裕があるので

大急ぎでイメージの作品を作ります。
 
 

 
 
別件で予定もあるのですが・・・

何とかなるでしょう。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは

昨日、各所に展示した「12の渦巻きバラ」です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、「桜」の出品、テキスト完成

昨日は午前中、

銀行関係の用事を済ませてきました。
 
 
 
その後、出来上がった桜の手まり

出品作業、完了しました。
 
 
 
その後、YouTubeのスライドショー

そして手まり講座のテキストも

完成しました。
 
 
 
1年目にしっかり解説しています。

2年目の講座は、1年目の応用編になります。

その為、解説はかなり省いている部分が多いです。
 
 
 
文字数もかなり少なくなっています。

テキストは文字数が少ない分

作りやすいです。
 
 
 
***********
 
 
 
約2ヶ月ほど前から

私の周囲が騒がしかったのです。
 
 
 
公式に私へ、何かを言ってきたわけでは無いです。
 
 
 
しかし、その結果

あるグループの人たちが

私にとやかく、ちょっかいを出してきました。
 
 
 
結果として、そのグループの人たち

45人中42人が消え、グループは消えました。
 
 
 
私自身に実害があったのは

車のタイヤ、助手席側1本だけが

ボロボロになりました。
 
 

 
 
親父が怪我をし

点滴の付添いで、いつもより

山道を走る事が多い時期でした。
 
 
 
道の形状から、事故も多発する場所でした。

身を守るための、いろいろな事を

教えて頂いていたので

それらを実行している最中でした。
 
 

 
 
何か所か、危険を感じた場所もあります。

しかし、幸い

タイヤの消費だけで事なきをえました。
 
 

 
 
その後、誰が依頼したのか?

どういう理由で依頼したのか?

調べてくれた人が居ます。
 
 
 
その世界のルールで

具体的な個人名は教えて頂けませんでした。
 
 
 
しかし、理由が明確になり

個人は特定できませんが

あるグループの方だとわかりました。
 
 
 
手まりの伝統が失われると・・・
 
 
 
それが私に対して

良からぬ感情を持った理由だそうです。
 
 

 
 
私は普段は、もみ殻をビニール袋に入れて

作品の土台を作っています。

特別な理由で、全てが土に帰る材料で

という指定を受けた時は

布に包んで土台を作る事もあります。
 
 

 
 
ある方が、所定の地域の手まり

複数を購入し、土台に何を使っているか

ほどいて、中身を確認したそうです。
 
 
 
私と同じようにビニール袋を使用した物

または、スチロールボールに綿を巻いた物

いろいろ所定のお流儀では認められていない

作り方をした物があったそうです。
 
 

 
 
私から言えば

それは、あなた方の指導力不足です。

管理不足です。

と言いたいです。
 
 

 
 
私の作り方は

母が祖母から習った物です。

母は母で、35年ほど前にあった

通信教育の方法を改良し

私に教えてくれました。
 
 
 
祖母の時は土台にカンナ屑を使用していました。

晩年、材料が手に入りにくくなり

古着に変わっています。
 
 
 
母は、もみ殻を使用していました。

ビニール袋に入れた物を木綿糸で成形し

和紙を巻いて表面の色を整えると

通信講座で習いました。
 
 
 
その後、改良を加え、今の私のスタイル

ビニール袋にもみ殻を入れ

毛糸で土台を作り

しつけ糸で表面を整えるようになりました。
 
 
 
私の代になってから

しつけ糸を使用せずに、ロックミシンに使用する

スパン糸で表面を整えるように変わりました。
 
 

 
 
地域的な事を言えば

母と祖母の実家は佐渡であり

祖母が好んだ模様は

越後の物でした。
 
 

 
 
つまり、私の存在が

伝統を崩す、脅かせる

というのは、単なる言いがかりとしか

思えないのです。
 
 

 
 
今の時代、ネット検索で簡単にいろいろ学べます。

そして、面倒な修業をしなければいけない物は

敬遠される傾向にあります。

 
 
誰だって簡単に出来たほうが良いと

感じるわけです。
 
 
 
他の地域のお流儀では

モクメンを使用して作る地域もあります。
 
 
 
スチロールボールに綿をかぶせて

表面を整えるお流儀もあります。
 
 
 
私はスチロールボールの使用は

存在感が無くなるので好みません。

しかし、他のお流儀の方がその方法を使う事は

何とも思っていません。
 
 
 
なぜなら、目の肥えたお客様は

質感の違いをしっかり見極めてくださるからです。
 
 

 
 
特別なときは布で、もみ殻を包みます。

この作り方で作る場合は

特注扱いになるので、通常は販売していません。
 
 
 
それでも、手に取った時

質感が変わると言われます。

どうしてもビニール袋を使うと

それなりの質感になるからです。
 
 

 
 
私から言えば

所定の方法で作った物しか

そのブランドで販売できないようにするなど

品質管理を徹底しなさい、としか言えません。
 
 
 
それを人の活動に対して

いちゃもんを付け

一歩間違えば、事故になるような事を依頼する。

ご本人が依頼したのではなく

取り巻きが依頼したにせよ

なんてクダラナイ事を・・・

と思う訳です。
 
 
 
無事、所定の事が完遂された時は

特別報酬として500万円払われる

そういう依頼だったそうです。
 
 

 
 
そのような心では手まりは作れません。

まず、材料が暴れて綺麗な球体になりません。
 
 
 
心を静め、座禅をするような気持ちで

土台を丸め、糸を巻かないと

綺麗な球体は出来ません。
 
 
 
若いころは、珍しい糸があると

使ってみようと手に入れたこともあります。
 
 
 
しかし、現在は

安定的に恒常的に手に入る。

それを第一に考えて、材料を集めています。
 
 
 
専用糸は基本的に使用しません。

なぜなら、その糸が入手できなくなった時

困るからです。
 
 
 
汎用糸をメインに使用するようにしています。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは昨日各所に展示した

「桜」です。
 
 
 
若いころ、お気に入りだった

浴衣に桜模様の物がありました。

その浴衣の色合いに似た感じに仕上がりました。
 
 
 
やはりこの季節、桜と言うのは

ちょっと色合わせが難しいです。

でも、それなりに気にいった感じに仕上がったので

良かったと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「菱かさねと菊」菱がだいぶ出来ました

昨日も発送があったので

午前中、行ってきました。

木曜日は郵便局前のスーパーが休みなので

若干欲しい物も一緒に買う事になりました。
 
 
 
いつも郵便局が開いて

すぐの時間に行くのですが

それではスーパーが開いていません。

郵便局の用事を片づけ

スーパーへ行けるように

時間を調整して行きました。
 
 

 
 
帰宅後、制作です。

いろいろ雑事もあるのですが

発送等があると、そちらが優先です。

多少急ぐ用事ですが

発送等が無い日にする事にしました。
 
 
 
涼しいので、制作のほうも

だいぶ進みました。

しかし、今回の作品は直径約12cmです。

面積が大きいので完成には至りませんでした。
 
 

 
 
大きい手まりと、ストラップなどに使うミニ手まり。

どちらが早く出来るかと言えば

やはりミニ手まりは、面積が小さいので

早いです。
 
 
 
でも、ミニ手まりはミニ手まりなりに

大変なのです。
 
 
 
材料は少ないので糸を継ぐ時間の分だけ

早く出来ます。

しかし、ミニ手まりも大きい物も

遜色なく作りたいのです。

その為、ミニ手まりを作る時は

糸も細い、絹手縫い糸を使用します。
 
 
 
通常は中国製の25番刺繍糸を使用していますが

ミニ手まりの場合は

絹手縫い糸を使用する事が多いです。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日は長崎原爆の日なので

「菊曼荼羅」を選びました。
 
 
 
蓮の花をイメージして色使いを決めた作品です。
 
 
 
 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村