「手まり、お雛様」タグアーカイブ

作っている最中で失敗したと思うとき


★完成間近に失敗と気づくとき


 

製作している最中、それも完成間近に失敗と気づくとき

入門者の方には理解できないかもしれませんが

作品完成・・・と思ったら・・・

やってしまいました!

そのような事は、時々おきます。

 

模様が交互になっていないので失敗・・・

気づいたら1列、かがる場所がずれていて

模様が・・・なんか違う・・・

 

時々発生します。

所定の作品の応用というか

色違い?

色の組み合わせ方を変えると別模様に見える・・・

という作品などは特に

詳しいテキストは存在していません。

正直、こういう模様が一番面倒です。

面倒ですけど楽しいのです。(笑)

 

私自身、出来上がり写真から簡単に複製できる作品に関しては

YouTubeに記録があるかどうかも覚えていません。

 

そして、私自身、他の作品が忙しくて

あまり数多く作っているものではないです。

技術的にはそれなりに作っているのですけれども・・・

基礎作品の応用なのに

色の使い方を変えただけで

全く違って見える作品。

これが、実は、一番難しいとも言えます。

 

ちょっとした、気まぐれで

こうやったほうが早く出来上がる?

なんて思ったのが間違いでした。

見事に集中力途切れた途端にミス発生!

 

まさか、そこでミスするか?

って所でやってしまいました。

 

ま、そういう事を考える人は絶対いるだろうから

そういう時の見本になったと考えましょう。

 

でも、多くの場面で自分自身も

間違えた・・・

失敗した・・・

そういう経験がないとテキストを作るのは

難しいのか?

などと最近は感じています。

 

子供さんなどは時々言いますよね。

こうやったほうが早そうだ。

こっちのほうが楽そうだ・・・

そして、結果としてミス発生。

 

昔の人はよく言いました。

急がば回れと。

失敗した!

と思ったとき、ことわざと言うか

教訓と言うか・・・

思い出します。

 

 


★ミスが出たときの対象法


 

1、所定の場所までほどく!

これが出来るのは複雑に糸が

からみあっていないという条件付です。

模様によっては複雑すぎてどこからほどいたら良いか

悩む場合も多いですから。

 

2、悩むくらいなら最初からいさぎよくやり直す!

悩む時間がもったいないです。

模様に使用した刺繍糸は無駄になりますが

上から毛糸なり綿で包むなりして

土台を仕上げなおします。

 

そして一回り大きくなった手まりで

最初から作り直します。

 

 


★同じ作品でも、テキストによって違う場合があります


 

いろいろなお流儀があり

いろいろな書き方がされています。

 

そのテキストの方法がやりやすい方法なのか?

それともやりにくい方法なのか?

これはやってみないとわからないのです。

 

理論的に良さそうに見えても

実際に手を動かしてみたら

別の方法のほうが良かった・・・

これは良くあることです。

 

私は、とりあえず、

珍しい方法を見つけたのであれば

それが良いのか悪いのか

実際に作ってみて確認しています。

 

やってみた結果

あまりお勧めできない方法と言う事も多いです。

なぜなら、集中力が切れたら模様つくりが失敗するから。

 

それなりに経験をつんでいるにもかかわらず

集中力が切れたら失敗する方法は

避けたほうが良いのです。

 

 


★理想の手順


 

極論すると、半分居眠りをしていても

手だけは正確に模様を作っていく

それくらいのほうが良いのです。

 

経験の浅い人がやったら模様が作れなくなりますから。

もっとも怪我の功名で

別の模様が出来上がり

それはそれで良いなんていう場合もありますが

そういうのは稀です。

 

つまり再現性重視で

より失敗が少ない方法で模様が出来ないと・・・

という訳で今回は振り出しに戻る・・・でした。

 

こっちのほうが早くできる・・・

と一瞬思っても

間違いなく確実に・・・

という作り方のほうが意外に早い場合も多いのです。

 

私は現在、手まり講座のテキストを作っています。

そのため、すでに出来上がっている作品も

実際にもう一度作ってみています。

再現しようとしている手まりがオリジナル模様だったり

テキストとは糸の種類が違うから

模様を作る段数とかが違ってきたりする場合があります。

そうなると、さらに作り直しの確率が高くなります。

 

完全に出来上がった段階で

色使いが気に入らない・・・

とか言って、もう1個新たに作り直し

そのような事も年中やっています。

 

お手本作品やテキストとは使用する糸が違う事も多々あります。

作り方解説が無く、残されているのは古い作品の写真のみ。

このような場合も多いです。

 

多少気にいらなくても完成できればまだしも

模様ミスという理由で封印される場合もあります。

糸は常に汎用糸、追加購入が楽に出来る糸である必要があります。

 

同じ種類の糸がほんの少ししかなくて

それで何とか作ろう・・・

そういう場合もたまにあります。

そのような場合は確実に出来る・・・

と言い切れる模様を選択します。

 


 

手まりのシーズンは

クリスマスから始まり、お正月、ひな祭りがピークになります。

手芸の世界では製作時間がかかりますので

3-4ヶ月先を見ている場合が多いです。

 

今回の作品は私のお気に入りの作品のひとつ

雪ダルマ型の菊模様のお雛様です。

 

 

手まりで作るお雛様はまだ何種類かあるのですが

私はまだ、2種類しかチャレンジしていません。

ちなみにこの作品は今回の入門者用講座

4ヶ月目半ばでレッスンすることになります。

解説ページは以下になります。

手まり、12等分の上下同時の菊を使って『雪ダルマ型、お雛様』を作る

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、『二つ割り桜の雛手まり』作り方

手まり講座の作品を紹介しています。

33個目の作品は『二つ割り桜の雛手まり』です。


★単品でも可愛いですが、お雛様にしたらもっと可愛い!


実はこの作品、お雛様ではない物は

単品でいろいろな場所で見かけていました。

上部から見ると桜の模様が出来上がりますので

その部分をメインにした作品もあります。

ある時、某所にて2個ペアで販売されているのを見まして

お雛様だ!

と思ったのです。

そして早速作ってみました。

髪の毛をあらわす部分

顔をイメージする部分

そして着物を現す部分

いろいろ制約が多い作品ですが

制約があるからこそその部分をどの色で表現し

どう見せるか?

またペアで作る作品ですので

色のトーンを、一部に同じ色を使用し

ペアであるように見せる。

そこも色使いのポイントになってきます。

私は直径6cm、8cmで製作しましたが

(テキストは8cmで書いています)

直径10cmでも良いのでは?

そのように思います。

母はいくつかの種類のお雛様を作りました。

しかし、私が講座で紹介しているお雛様は2種類

その2種類とも母は作っていません。

祖母もお雛様は作りませんでした。

記録が全く残っていないのです。

そしてこの、二つ桜も作っていません。

某社のキットには作品が紹介されていますが

少し作り方が違います。

花びらの丸みを持たせるために

糸を少し緩ませる

そのキットの解説にはこのように書かれていますが

緩ませ加減が難しいのです。

ミニ手まりを作る方は

1段目をかがった後、針の穴の部分で

少し丸みをつけると可愛く仕上がります。

しかし所定サイズになると、丸みのつけ方が難しいのです。

その丸みをつける部分は

待ち針を打ち、その待ち針に糸を沿わせると

作りやすくなります。

ですがこの作品は花びらを作るよりも

お雛様らしく・・・

こちらを主目的にしていますので

花びらが丸くなるようにはしていません。

なぜなら花びらを主目的にしてしまうと

お雛様のほうがスリムになりすぎるからです。

逆に花びらを意識せずに

お雛様のシルエットを意識しながら

作品製作をするのが良いと思います。

この作品もヒマワリの時のように

糸を重ねるごとに土台をすくう量を多くして

模様を作るのがポイントになります。

ここには書きませんが

テキストのほうでは参考事例として

何色を何段かがれば模様が作れるかを書いています。

いつもは作り手の方にお任せなのですが

この作品はお雛様を作るのが目的ですので

頭と顔と着物の部分のバランスが

非常に重要になってきます。

特に頭と顔ですね。

その為、模様の段数を書いています。

テキストを参考に色を置き換えながら製作していただければ

バランスよく製作が出来ると思います。

正直、私自身、この作品だけを作るのでしたら

段数等覚えるのも可能ですが

多くの種類の作品をランダムに作っています。

ですので、作りなれている作品は

カンペ無しでも作ることは出来るのですが

あまり作る機会が少ない作品は

どこをどのように分割、糸は何段で・・・

このようなデータを記憶していません。

その為、必要に応じて写真を確認したり

所定のメモなどを確認しながら作っています。

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

手まり、12等分の上下同時の菊を使って『雪ダルマ型、お雛様』を作る

手まり講座の作品を紹介しています。

13個目の作品は12個目で作った

菊の手まりを使用して、お雛様に加工します。

 

 


★一目ぼれした手まり人形


 

このお雛様、今は無き通信講座のテキストにあったのですが

テキストにあった作品は女の子の作品だけでした。

でも、この手まりのお人形に私は一目ぼれしてしまったのです。

 

この通信講座での模様を作るための糸は

リリアンを使用していました。

でも、私はリリアンの質感が嫌いなので

リリアンは使用しませんでした。

 

その頃の私の中でのスタンダードは

手まりは25番刺繍糸になっていました。

絹糸も良いのですが糸のお値段とか

縫い糸は細いのでかなりハードルが高かったのです。

 

一番最初に改善しなければいけない事は

髪の毛でした。

そのテキストのお人形さんの髪の毛は

やはりリリアンを解いて使用されていました。

解いたリリアンは髪の毛としては太いですし

リリアンの使用量を見て、

かなり髪の毛が寂しいお人形さんが出来上がります。

 

私は何としてでもこの一目ぼれした

手まりのお人形を作りたかったのです。

 

今まで多くの手芸を手がけ

さまざまな手芸の本を集めてきました。

本を集めるだけで実際には作らなかった物も

いくつかありました。

 

でも、この時ほど集めた本が

役に立ったことは無かったのです。

 

 


★人形つくりの本から髪の毛の分量を割り出す


 

改めてお人形さんつくりの本を数冊開いてみました。

本格的な市松人形のテキストはさすがに

髪の毛も作り方が違いますので

参考にならなかったのですが

他の小さなお人形さんのテキストや

洋風のお人形さんのテキストは

ボディから髪の毛まで全部作る物がありました。

 

これらのテキストから髪の毛の素材を考え

私はリリアンの代わりに

黒いロックミシン糸を使用することにしました。

 

 


★テキストどおり製作するが問題、大量発生!


 

お人形さんの髪の毛の作り方を参考に

髪の毛の分量を考え試作品を作ってみました。

しかし、1個目の作品は多くの点で

問題が発生しました。

 

まず、テキストには籾殻の土台を使用し

普通に土台を作るとありました。

しかし、その方法で作ると

頭が重たくなりひっくり返りました。

バランスが悪かったのです。

 

首のつなぎ目は、爪楊枝を使用すると書かれていました。

しかし、バランスが悪くひっくり返ったときに

首が落ちてしまいました。

これはお人形さんとして非常に良くないです。

 

髪の毛もこの時は薄くて少しかなり寂しい物でした。

でも、完成した直後は非常にかわいく気に入ったのです。

 

 


★多くの場所に改良を加える


 

そこで材料の見直しに入りました。

土台にビー玉を入れて重りにしました。

 

重りを入れた土台の作り方

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

 

首のつなぎ目は友人のアドバイスもあり

菜ばしを使用することにしました。

 

髪の毛の分量も増量して再度作ってみました。

女の子のお人形だけでなく

男の子のお人形も作ってみました。

 

今度はちゃんと

自立するお人形を作ることが出来ました。

 

でも、以前作ったときはこれで完成・・・

と思ったのですが、今回講座を作成するにあたり

最後の1セット残っていたお雛様をもう一度確認しました。

悪くは無いけど、やはり髪の毛が寂しく感じます。

 

 


★人形の髪の毛を見直し、再チャレンジ


 

そこで今回は再度髪の毛の分量を見直し

もう少し髪の毛を増量して作ってみました。

今度はおおむね満足する出来栄えになりました。

 

それが今回の作品になります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、『12等分の地割』と『上下同時の菊、中央を閉じたタイプ』です。

手まり講座の作品を紹介しています。

12個目の作品は

『上下同時の菊、中央を閉じたタイプ』になります。

 


★手まり、『12等分の地割』の作り方


 

この作品、私は通常直径8cmで作る場合は

15等分(赤道を15に分割)する地割で作るのですが

細かいとミスをしやすいので

初心者さん向けに12等分(赤道を12に分割)

する方法でレッスンします。

 

地割が少ないと作るのは簡単になりますし

早く出来上がります。

そして地割と地割の間が広いほうが

間違いが少なくて作りやすいのです。

 

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

 

 

 


★手まり、『上下同時の菊、中央を閉じたタイプ』を作ります。


 

あえてコツを言うのであれば

地割の糸と最初にかがる糸の色を変えたほうが

作りやすいです。

同じ色だと、これも間違いやすいのです。

 

それなりに同じ模様の色違いなどを

しかるべき数を作り慣れてくると

ミスも少なくなるのですが

実はこの数を作るというところで

一番ミスがおきやすい場面があります。

 

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

 


★ミスは慣れたころに発生する


 

これは先輩に「ここは工場なのよ」

と言われた和裁の学校で習ったことです。

最初の1個目は何もわからないから

先生の言われたとおりにレッスンをする。

下手ながらもそれなりに出来上がる。

 

3個ぐらいつくりようやく手順を覚える。

3-4個目に出来るつもりになって

大きなミスをする。

5-6個作って自分で上手に出来たと思う。

10個作ってようやく先生からよく出来ましたね

と、ほめられる。

 

私自身も、作品の中で

多くの経験がある作品と

あまり作らない作品があります。

 

多くの経験がある作品は

全ての手順が頭の中に入っていますから

すぐに作ることが出来るのです。

しかし、あまり経験がない作品は

細かいところの記憶があいまいだったり

時に完全に作り方を忘れていたり・・・

 

そういう作品も数多く存在するのです。

ですのでYouTubeの記録を見直して

作る場合も多いのです。

 

現在準備中の講座の作品は

それなりに経験がある物が多いので

簡単に作ることが出来ますけど

もう少し上のクラスの作品は

私自身、数えるくらいしか作っていませんので

そういう作品は手順を忘れていますし

手順を覚えていても綺麗に作れるという点で見たとき

まだまだなので、再現性という点で改良しなければいけない

作品もあるのです。

 

 


★母や祖母のノートの特徴


 

一応、母や祖母のノートに

ポイントが書いてある物もあるのですが

細かい場所で誰が作っても

それなりに出来上がるように改良すべき

ポイントがまだまだ・・・という作品もあるのです。

 

祖母のノートは作り方は丁寧に残っているのですが

改良点が多数あり・・・

母のノートは実物が残っていればまだしも

色のことしか書いてなかったり・・・

それぞれ個性があって笑ってしまう部分も多いのです。

 

祖母のノートは自分自身のメモであり

母のノートは技術より苦手だったな色使い

という感じですね。

そして母のノートは

苦手な作品、嫌いな作品はとことん

避ける傾向にあり

見た目が綺麗で派手な作品は好きだったようです。

 

この辺りも個性が出るわけで

母が人のノートで作れるの?

と言った理由が

母のノートは色のメモ帳だったからです。

 

私は本当の基礎を

母から習いましたが

その後は写真からの復元も多く

手探りで進んできた部分も大きいですので

その為にも、テキストとして残し

それを見て作る方が作れるように

ここを意識してデータを作っています。

 

 

この12等分の菊は単品でも良いのですが

初めての方は花の中心が上手に作れない場合が多いので

その部分が隠れるように

雪ダルマ型のお雛様に加工するように

レッスンを進めています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

星の手まり、次の予定、糸セット

昨日はアマゾンへ送る糸セットを作りました。

多く送りすぎれば倉庫代がかかります。

少ないと頻繁に送らなければいけない

前回、所定の糸セットを作り

送ったのは、いつなのか?
 
 

いろいろ見定めて適切な量を送る必要があります。

セット組みをするには

少なくても多くてもあまり関係ないです。

むしろ、多いほうが時間的には楽です。
 
 
 
結果として、新規セット組みは1セット

倉庫から先日引き上げた分を再納品する事にしました。

本当は来月半ばにオーダーを入れて

月末に到着するからその時送りたかったのですが

在庫0になった物もあるので

これは送らないといけなくなりました。
 
 
 
最近、転売品の納品数が

正直、読めません。

売れ方に波があり

どれだけ納品すればよいのか・・・

1つを除き、全く読めずに苦労しています。
 
 
 
とりあえず、セット組みをし

梱包しました。
 
 
 
**********
 
 
 
作りかけの星の手まり、

あと星を4個かがれば完成です。

あと1-2日かかりそうです。
 
 
 
そして天道虫の手まりを作る前に

1つ、面積の確認のために作る手まり

以前から予定していた物をプリントアウトしてきました。
 
 
 
某所に売られていた物です。

直径15cmの作品になります。
 
 
 
当初はその手まり、ひとめ惚れ状態だったので

コピーを作ろうか・・・

とも考えていたのですが

ピンタレスト等に出回っています。
 
 
 
私としてはコピーを作るにはちょっと・・・

さて、色違いにするにはどうすれば・・・

と思ったら、イメージが降りてきました。
 
 
 
菜の花畑です。

実は少し前から菜の花の手まりが作りたくて

いろいろ考えていました。
 
 
 
私が考えていた作品は

入門者さん向きの作品です。

しかし、作ろうと思っていた作品で

菜の花のイメージが出てきましたので

糸を決めながら作りたいと思っています。
 
 
 
これで作品パターンは同じでも

色を変えて作ることが出来ます。
 
 
 
私の場合、完全オリジナルにしても

色だけ変えた物であっても

出来上がりの写真のような感じで

イメージが降りてきます。
 
 
 
後は糸の在庫を見ながら

細かい色使いを決めていきます。
 
 
 
やはり、コピーを作ると言うのは

一部の古い作品を除き、あまり作りたくないのです。

色使いだけは自分の物で・・・

と思うのです。
 
 
 
特に、所定の時期以降に作られた作品は

作り方を真似しても

色だけは自分のイメージで作りたいと思います。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「角箱」です。

母はお雛様の季節になると

折り紙で角箱を折って

その中に、あられやコンペイトウを入れて

お雛様にお供えしていました。
 
 
 
その角箱のイメージで作った作品です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村