「てまり、束ね熨斗」タグアーカイブ

手まり「束ね熨斗」の作り方


 
2年8ヶ月目第1課題になります。
 

 


★この作品について




TL100 束ね熨斗







この手まりは、男物の浴衣などによくデザインされている

束ね熨斗を手まりに写してみたくて、作ってみました。
 

 
1年目に作った束ね熨斗と比べ、

糸を巻く順序が少し違うので注意してください。
 

 


 

 
1年目に作った束ね熨斗では、端から順に糸を巻きました。
 
その方法で作ると、極から見た時

綺麗に十字が出ません。
 

 


 

 
そこで、巻く順序を変える事で

綺麗な十字が出るように、改良しています。

緑の部分の色が違って見えますが、色番としては同じ物です。

購入時期でロットが違い、違った色に見えています。
 

 

 
色使いの構成としては
 
土台の色を決め、無地部分の熨斗の色の糸を決めます。
 
そしてカラフルな熨斗の色を決めてください。
 

 
無地部分の色糸(見本では緑)ですが、それなりに使用します。
 
こういう場合、使用する糸を計算する方法と

大雑把に見積もって用意する方法があります。
 

 
計算する方法では、1年目に作った束ね熨斗を元にします。
 
1つの色で25番刺繍糸1/2を使いました。

そこから計算します。
 

 
しかし・・・
 
実際問題、私は計算していません。
 
大雑把な見積もりで何とかしています。
 

 

 
通常、手まりに使用する糸は1で余ります。
 
少し多く使う時は2用意します。
 

 
多めに使いそうだな・・・

そう感じたら3用意します。
 

 
さて、この束ね熨斗、そこそこ多く必要だな

これは、この模様の経験者さんであれば

容易に推測がつくと思います。
 
そこで、用意する糸は7になります。

テキストを確認しましたら、6用意するようにと書いていました。
 

 
俵などの特殊作品は別ですが

作品をみて、使用する糸の使用量を推測するのも

1つのレッスンになります。
 

 
キットを組むのであれば、きっちりの見積もりが必要ですが

個人で制作するのであれば

糸は足りないより、余るほうが良いのです。
 

 
正直言いまして、私は通常、糸の使用量を数えていません。

テキストを書くとき、慌てて、計算したり

タグを数えたりしています。
 

 

 


★手まりのサイズ




見本作品は直径10cmで作っています。

サイズ変更は不可能とは言いませんが

難しい作品だと思います。
 

 
小さい作品を否定するわけでは無いのですが

模様によって、制作が難しい作品も多いです。
 
特に難易度が上がると、小さく作るのが困難になります。
 
その為、私は小さい作品に関しては

息抜き作品の1つと考えています。
 

 

 


★模様の作り方




糸を巻く順序に注意するのがポイントです。

後は復習になりますので

色使いに注意して制作してください。
 

 
 

 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まりをプレゼントする時・・・

先日、束ね熨斗、の手まりをご購入くださった方がいました。

 

無事届いたようで

一目ぼれでご購入いただいた様で

うれしい限りです。

 

ただちょっと気になる点も・・・

プレゼント用だということ。

モダン柄だと相手の方に

不満を言われた経験があるとのこと。

 

 


和柄には決まりごとがある


 

和柄はいろいろ決まりごとがあるのですよ。

もちろん、無難な柄はあります。

特に花模様などは、どれでも無難です。

 

しかし、古典柄となりますと

場合によっては決まりごとがあったりします。

 

この『束ね熨斗』の場合は特に限定されるのです。

熨斗模様がお祝い事の模様です。

そして、紅白となりますと・・・

結婚式や特別の年齢に対するお祝い・・・

と極めて限定的になってきます。

 

同じ『束ね熨斗』でもカラフルなタイプでしたら

あまり気にしなくて大丈夫です。

 

着物のTPOなどを学びますと

いろいろ学ぶ機会も増えるのですが

昨今は着物のTPOなかなか学ぶ機会がないです。

 

お茶などを習い、うるさい先生につくと

教えていただける場合もあります。

でも、私自身、お茶を習う人たちの

人間関係に嫌気がさしてやめた人間です。

 

 


★お茶の世界は何かとうるさい・・・


 

私の場合は

水屋に入りまして

自分がお稽古をする道具を選ぶとき

先輩の方がついてくださったのです。

 

水屋(みずや)とは、

今使うお茶道具がそろえてある場所です。

流しなどの設備も用意されています。

 

先生が、**さん、ついて教えてあげて

と言ってくださったのです。

 

水屋には茶杓(ちゃしゃく、お茶をすくう竹のスプーン)

茶碗などが複数揃えてあります。

自分がお稽古する時に必要なものを

水屋でそろえて、所定の作法でお茶室で

お茶をたてます。

 

この時に茶杓は歴代のお家元さんのお好みの茶杓

全てが順番に並べてあったのです。

そして、私は先輩の方に尋ねました。

 

お茶杓はどれを選んだらよろしいのでしょうか?

先輩は(親子くらい年齢が離れています)

あなたが好きなのを選べば良いのよ。

と言ってくれました。

 

私は形、大きさなどを見て

先代(?)先々代(?)の物を選んだのです。

 

 

用意を整えてお茶室へ行きましたら

先生に言われたのです。

それは当代のではないので

特別の日に使うのですと。

 

特別の日とは、先代なら先代にゆかりのある日です。

 

先輩はそれを見てクスクス笑っていました。

それでいっぺんに嫌いになってしまったのです。

その他にもあったのですが

よく覚えていません。

何しろ、当時の私は未成年でしたから。

 

今、私が先輩の立場だったら

どれでも良いのだけれども

当代のこれを使うのが無難ですよ。

他の物は、その方にゆかりのある特別な日に

使うために飾ってあるのですから。

 

私だったらこのように答えます。

 

 


★お気軽にご相談ください


 

和物は本当に知識がないと難しいのです。

ご購入時は何も相談されませんでしたので

システムから発送してくださいの

連絡が来ただけですので

そのまま発送いたしました。

 

もし、うるさい方に贈り物をされるようでしたら

ご相談いただければご予算に応じて

ご提案させて頂きます。

 

相手の方の年齢や状況によって

ベストな場合と、避けたほうが良い場合がありますので。

模様的にはOKだけれども

色合い的に避けたほうが良いものもあります。

 

また、色合い的には良いけれども

模様的には別のほうが・・・

そういう物も一部にあるのです。

 

 

一目ぼれで気にいったけれども・・・

という場合なども

これ、どうでしょう?

と相談頂ければお答えします。

 

ただ私としましても

漠然と相談されたのでは

お答えできない場合もありますので

気に入った作品の質問欄から

聞いて頂くと助かります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり講座、テキスト作成と作品制作

昨日は10ヶ月目第4週のテキスト作成

YouTubeのスライドショー作成

PDF作成、メルマガまで完了しました。
 
 
 
個人的には、なるべく早期に

1年目の講座を完全に完成させて

2年目の講座を作りたいところです。
 
 
 
その後、ミニ手まり、3個出来上がっていたので

それらをストラップに加工しました。
 
 
 
そして、作りかけの鶴の手まり

こちらの製作も進めました。
 
 

 
 
今まで手作業で行ってきた一部の作業

これをツールに一部、任せることにしたので

出来る作業がかなり増えました。
 
 
 
しかもフリーのツール・・・

ツールに任せられるところは任せて

作業時間が多く取れた方が良いです。
 
 
 
もちろん、ツールでは片手落ちになる部分もあるので

手作業でもある程度は行いますが

任せられる部分は、任せたほうが効率が良いです。
 
 

 
 
そして新たなインスタの法則性に気づきました。
 
 
 
正直、いいねを入れますが

ここには自分の中で4種類のカテゴリに分かれます。
 
 
 
1、絶対嫌い!

2、どちらでもない。

3、普通にいい。

4、絶対いい!
 
 
 
当然、ツールはこういう物を区別はしてくれません。

そしてよくわからずに、

滅茶苦茶にフォロワーを増やしてしまった為に

自分が好きな人だけフォロワーとして残したい

そう思っていますが、ツールはその区別をしてくれません。
 
 
 
でも・・・

インスタの現行仕様としては

自分が、いいねを入れて

所定日数経過しないと

ブロックとか解除ができないようです。
 
 
 
自分の所にイイネを入れてくれない

ゴーストフォローの人を

強制的にフォロー解除をしようとしたら・・・

解除できませんでした。
 
 
 
と言う事は・・・

本当に好きな人を残したい時

一番確実なのは、好きな人のアカウントだけ

エクセル等でまとめておくのが得策か・・・
 
 
 
なぜなら、私が

最高にいい!

と思うアカウントの方たちは

非常にマイペースなのです。
 
 
 
私のところへ頻繁に来てくれる方も居ますが

趣味でのんびり・・・

という方が多く、他の方の所への訪問も

かなりマイペース。
 
 
 
となると、ツールに任せるのは危険か・・・

と思っています。
 
 
 
ここだけが今後の課題ですね。
 
 
 
 
 
昨日はかなり理想的に作業が進んだので

なかなか気分が良かったです。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
ほぼ1年半以上、講座作成の作業をメインに行っていたので

そこそこのレベルの作品が軒並み品切れ中・・・

そういう事情もあり

さっさと講座作成を完了させたいと言うのが

実情なのです。
 
 
 
次のレベルの作品、在庫補充をしながら

講座用テキストを作りたいのです。
 
 
 
今日の手まりは「菊」です。

通常よりも一回り大きい直径12cmです。

実は色使いがいつもと違うのに気づかれたでしょうか?
 
 
 
某所に販売されていて

一目ぼれした作品です。

それをコピーしたので

いつもの私の色使いとは違っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

作品、お嫁入り、スライドショー、製作

手まり、束ね熨斗、お嫁入りしました

昨日届いたようで

一目ぼれでご購入いただいた様で

うれしい限りです。

 

 

放置していたスライドショー

1作品分だけ作りました。

 

午後から聞きたいウェビナーがあったので

PC作業はお休み。

聞きながら『花七宝、初雪』

作り始めました。

 

 

検索からのお客様

パッチワークや加賀指貫

確かに経験はありますけど

今、それらについてお話できることはありません。

 

そもそも何で?

って感じです。

 

それでは本日も作業、がんばります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

ようやく束ね熨斗、完成しました。

昨日、ようやく束ね熨斗、完成しました。

こうやってブログを見ると

それなりに時間かかったのだなと改めて感じたりしてます。

 

束ね熨斗、過去の写真データを見ると

熨斗の部分のグラデーション

4色の物と5色のものがあります。

どちらが良いか・・・

これは好みの問題になってきますね。

今回は5色で作りました。

 

直径10cmで作っていますが

もう少し大きくても良さそうです。

でも、大きくするとその分作るのも大変になりますし

当然糸の使用量も増えるので手間がかかります。

 

 

この束ね熨斗の模様は

松本手まりの1つです。

他にもいくつかの模様が伝えられています。
 
 

今回完成した作品は

後ほど写真をとってきて販売サイトに出品します。

講座用の写真は作ってあるのですが

やはりライトの具合とかいろいろありますので。

 

 

次の作品も既に決まり

昨日、地割まで終わりました。

今作りたい作品を作り始めたので

講座用ではありません。

 

 

検索を見ると相変わらず地割に関してが多いですね。

市販のテキストは大雑把に書いてある物が多いですから。

 

それでは本日も作業、がんばります!

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村