「手まり講座1年目」カテゴリーアーカイブ

手まり、「福俵」の作り方


★「手まり講座、入門編」最後の課題、「福俵」


この「福俵」で私の「手まり講座、入門編」

最後の課題になります。

しかし手まりの世界はまだまだ奥が深く

模様の数はいくつあるのか、私も見当がつきません。

一応、次のステップの講座を今用意するべく

準備を始めましたので楽しみにしていてください。


★「福俵」は材料集めが最初の課題


土台の材料は通常の手まりと変わりません。

籾殻やそば殻を使用すると

本物の俵のように中身が粒なので

持ったときの感触が良いです。

しかし、他の手まりと違い

この福俵は飾り物専門になります。

手触りを楽しむとか、手の中で転がして・・・

このような楽しみ方をする物では無いです。

その為、今回は海外にいても

材料集めが容易にできる

という点を主軸に考え、土台材料には

キルト用の綿を使用しました。


★「福俵」のサイズ


「福俵」のサイズですが

飾ったときの見ごたえを考えると

籾殻、カップ2-3杯を使用したものが

良いと感じるのです。

しかし表面の糸を巻く作業を考えたとき

内容量が多いということは表面積が大きくなりますので

作るのが大変になってきます。

それを考えると、最初は小さい物のほうが

作りやすくて良いです。

しかし、あまり小さい物だと俵の前後の

麻の葉状の模様を作るのに苦労しますので

最初は籾殻カップ1杯のサイズがベストだと思います。

この麻の葉模様のことを母は「だんだらぼっち」と呼んでいました。

調べてみると望む答えは出てこないので、方言のようです。

母はこの「福俵」をほとんど作りませんでした。

3個まとめて作らなければいけない事。

表面の糸を巻く作業がなかなか骨の折れる作業だからです。

祖母はかなりの数、作ったようですが

多くのものがお嫁入りしたようです。


★「福俵」は糸がたくさん必要


母も祖母もよく言っていました。

「福俵は糸をようけ(たくさん)使うから

作るのが大変」

本当にその通りなので、途中で足りなくならないように

少し多めくらいに用意してください。

「福俵」の表面を巻く糸は

通常の模様を作る糸で良いと思います。

私は絹小町(絹紡糸で布団とじ糸)を使用しています。

俵の表面を模様を作る糸で巻きますので

25番刺繍糸を使う場合は、糸を一度全部分ける必要があります。

しかも俵の表面を全部、模様を作る糸で覆いますので

それなりに使用量も多くなります。

その為、私は25番刺繍糸は時間的コストを考え

福俵には使用していません。

材料集めとしては

俵を縛る糸が必要になります。

私は今回、表面に絹小町を使用しましたので

絹穴糸を使用しています。

俵の表面を覆う糸を絹を使用したのであれば

絹糸が良いと思います。

また木綿を使用したのであれば

木綿の5番刺繍糸などが良いと思います。

しかし、俵を作ることを考えたとき

俵のサイズを考え、そのサイズにあった糸を使用してください。

また3個の俵をまとめる紐も必要になります。

私は包装資材店で金の細い紐を買ってきました。

全体のバランスを考え

俵のサイズに合った材料を用意してください。

手まりは極論すると

糸の形状をしていれば何でも使うことが出来ます。

必要に応じて編んだりして材料を用意してください。


★参考サイズと糸の使用量


「福俵」を作るのに参考サイズを以下に書きます。

これは籾殻を中身に使用したときのサイズです。

サイズは俵1個のサイズになります。

カップ1杯  直径5cm  長さ9.5cm

カップ2杯  直径7cm  長さ9cm

カップ3杯  直径7cm  長さ10.5cm

次に糸の使用量です。

洋裁用仕付け糸(いろも)の使用量

カップ1杯  3個で2/3カセ

カップ2杯  1個、1/2カセ 3個1.5カセ

カップ3杯  1個、2/3カセ  3個2カセ

表面を巻く糸、25番刺繍糸を使用する時(3個で)

メーカー品の場合です。

中国メーカーの糸は太いので少し量を減らしても良いかもしれません。

カップ1杯  5カセ

カップ2杯  8カセ

カップ3杯  10カセ

表面を巻く糸、絹小町を使用する場合(1カード3本取り20mを使用)

カップ1杯  1個に対して、1カードでは少し不足。3個で4カード

カップ2杯  3個で6カード

カップ3杯  3個で8カード

俵の表面に巻く糸ですが、

カップ1杯の材料で作ってみて、

その材料の1.5倍の使用量が

カップ2杯で作ったときに必要な材料になります。

カップ3杯で作る場合は、

カップ1杯で作った時の2倍の材料が必要になります。

また俵の表面を縛る糸は3個分で15m必要でした。

今回2本取りで作っていますので

30m必要になります。

土台にキルト綿を使用した結果

厚さ3mmの物を使用した場合

幅1mで長さは約60cm必要になります。

これは出来上がり幅でキルト綿を切り

ロールケーキのように巻いていきます。

ちょうど良いサイズになった時の使用量の2倍必要になります。

なぜなら、空気を含んでいますので

成型すると締まるからです。

また籾殻等を使用した場合は

手のひらで俵型にしてちょうど良い形になった所で

ビニール袋の口を縛ります。

そして常に俵型を意識しながら土台を作ります。

キルト綿を使用する場合は

ほぼ成型は完了していますが

やはり材料をきっちり締めるためには

ビニール袋を使用したほうが作りやすいです。

下記動画では、旧バージョンの、

中身をもみ殻で作る物を紹介しています。

講座受講者さんには

キルト綿を使用するバージョンも紹介しています。

一部の手まりキットでは

化繊綿を使用するとき、綿に直接スパン糸を巻くようですが

ビニール袋に入れてから成型すると

サイズ、形が落ち着きますので作りやすいと思います。

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

手まり、「松竹梅」作り方


★土台作りポイント


3つの手まりを1組としますので

土台作りは同時並行で作り

同じサイズのものが3個出来るようにします。

また使用する色糸も3個が統一感を持つように

なるべく同じ糸を使用するように糸を揃えます。


★祖母は好んだが母は好まなかった作品


祖母はこの手まりを好んだようで

手元に祖母が作ったものが残っています。

しかし、母は複数を1個とする手まりを

好みませんでした。

1個作るにもかなりの時間をかけていた母ですので

おそらく3個まとめては厳しかったのかもしれません。

母にある時

松竹梅は作らないの?

と聞いたら

「あれは3個まとめないと・・・

だから作るのが大変」

という答えが返ってきました。

1個の手まりで3種類の模様を入れるデザインも

各種あるのですが

そちらも母は好まず・・・

祖母の物だけが手元に残っています。

作る手間を言えば

松が一番大変で、竹、梅と続きます。

その為、私は松、竹、梅の順番で

作ることをお勧めします。

どの手まりも基本的な技法をきちんと覚えていれば

問題なく作れる作品です。


★小さく作りたい方へ


松は18個作るデザインになっていますが

小さく作りたい方は

上下2つ模様で2個作るタイプにすれば

良いと思います。


てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

竹は「つむ型」の手法で作りますが

つむ型を小さく作るのはかなり難しい・・・

というより、ほぼ不可能です。

ところが・・・

つむ型の本来のかがり方を考えずに

それらしく、かがるのであれば

模様を作ることは不可能ではないです。

参考作品

今回のテキストでは説明だけにし

実演は別の機会にしましたが

作る方法はあります。

それは「小」の字を書くように

かがることです。

つまり真ん中、左、右と上から下へ

糸を運びます。

このようにする事で、小さく竹の葉を作ることが出来ます。

また、2色の糸を2本ずつ針に通し

合計4本にします。

そして縦に1本線をひくようにかがり

その時に、糸が中心に2本、左右に1本ずつ

糸があるように見せる手法もあります。

参考作品

1つの手まりで松竹梅をこの手まりと

ほぼ同じデザインで作る物があります。

母はその手まりも好まず・・・

でも祖母は好んで作っていました。

しかし、祖母が作った竹は

葉がどうしてもそのサイズで

つむ型を作るのが困難で、ダイヤ型になっていました。

私も長い間ダイヤ型で作っていましたが

別の作品を作ったとき

ふと閃いて試し、ようやく理想どおりに

作ることが出来た作品です。


てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

竹の葉の詳しい解説は

1つの手まりの中に松竹梅と入れるデザインを作ったとき

説明しようと思います。

梅の手まりですが

こちらは細い糸を使用すれば

難なく小さい手まりを作ることが可能だと思います。

しかし、最初から小さいものは厳しいと思います。

もっと小さい物をを作りたい方は

まず直径5-6cmで試した後

チャレンジすることをお勧めします。

私は今回、この手まりを

直径8cmで作っています。


てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

手まり、『ねじり梅』の作り方

手まり講座の作品を紹介しています。

42個目の作品は『ねじり梅』です。


★ねじり梅から急激に難しくなった母の教室


母や祖母は『ねじり梅』と呼んでいましたが

テキストによっては

『ねじり三菱の梅』と書かれているものもあります。

10等分の組み合わせ地割を覚えた直後

ねじりの技法(模様の糸の下をくぐらせる手法)

を一緒に学ぶのが母の頃の主流でした。


★入門編、卒業制作の位置づけにある『ねじり梅』


しかし、私の講座では

手まりを身近で作る人も激減し

完成品を見る機会も激減。

このような状態で全く0から学ぶのに

新しいことを数多く行うのは

ちょっと無理があるかな?

とも考えました。

そこで基礎技法の『ねじり』に関しては

早い段階(環つなぎ、6ヶ月目の課題)で

レッスンをするようにしています。

手まり、『環つなぎの桜』の作り方

また10等分の組み合わせ地割についても

『10の分割』と言う事で

カリキュラムを組みました。

手まり、『10の分割』作り方

つまり、最初の数個は新しいことも多いのですが

急激に難しくなる10等分の組み合わせについては

地割を学ぶレッスンと、ねじりの技法

これを同時に行うレッスンを避けたのです。


★古典作品は色使いがほぼ決まっていた


色使いを言いますと

伝統的な物は

赤い土台、

金または黄色の地割

模様は黒と白、または黒、灰、白

この組み合わせがセオリーになっています。

私は今回

黒、生成り、白、生成りで作っています。

昔は使える糸の色なども限られていましたし

身の回りにある物だけで作られた時期もありました。

その為、模様も色使いもかなり限定されていました。

でも、私は初めてこの手まりを見たとき

梅に見えなかったのです。

なぜなら、実際の紅梅はピンクだからです。

紅梅より白梅のほうが見慣れていました。

そこでこの手まりが梅だと言われても

納得できなかったのです。

私が手まりを知ったときは

小学校入学するかしないかの時期。

祖母はすでに多くの色を使い

リリアンで手まりを作っていました。

土台の色は、「いろも」(洋裁の仕付け糸)

を使用していました。

「いろも」の、色数は限られています。

赤、ピンク、黄色、水色が一般的です。

ごく稀に緑が売られていることがありますが

「いろも」の緑を私が知ったのは祖母が他界してからでした。

その他には白、黒の縫い糸を使っていました。

つまり、祖母が持っていた材料で白の土台を作ることは可能でした。

またリリアンでピンクの菊を作っていましたので

ピンクの糸も持っていたのです。

つまり、もっと違う色使いの梅を作ることは可能だったのです。

しかし、なぜか祖母は赤い梅を、とても好んで作っていました。

その為、私はこの手まりを作ったとき

色使いは白地にピンクのグラデーションを

迷わず選びました。

ただ最近になってようやく

古い色使いの、赤土台に黒と白で作る

この梅のよさがわかってきたのです。

50歳を過ぎ、落ち着いた物を

好むようになったからでしょうか。

そういう訳で、久しぶりに

古典的な物の見本として

赤土台で、ねじり梅を作ってみました。

この作品は糸をくぐらせるのを間違わないように。

これがポイントとなります。

また、花の芯の先に

ビーズをつけたり、フレンチナッツステッチを入れる人もいます。

私は手触りが悪くなるので好みではないです。

しかし、あなたがつけたいと思うのでしたら

自由に行ってよいです。


★かがる順番を決めておいたほうが良い


この、ねじり梅は、どこから作っても作れる作品ですが

今後、もっと複雑な作品を作る準備として

五角形を順番に作ることをお勧めします。

北極の五角形、基準となる五角形

左隣に移動して、北極の周囲を完成させ

北半球終了。

南半球も同じように順番に作ります。

星かがりの梅

たとえば「星かがりの梅」のように

今後、もっと手の込んだ作品を作るようになった時

必ず、決まった順序で作らないと

糸の重なりで模様がきれいに出来ない作品もあるからです。

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

手まり、『10の分割』作り方

手まり講座の作品を紹介しています。

41個目の作品は『10の分割』です。


★某書籍に載っていて、ひとめぼれした作品


この作品は某和小物の本の中で

写真が載っていた作品です。

その本は和小物を作るハウツー本だったのですが

手まりに関しては全く触れていませんでした。

でも、そこには2つの手まりの写真がありました。

1つはオレンジ色の菊の写真です。

写真はイメージです。

そしてもう1つが今回紹介する

10の分割になります。

8等分の組み合わせ地割を太くして

麻の葉にする作品はよく目にするのですが

この10等分の組み合わせ地割で作る作品は

あまり目にしません。

でも、私はその和小物の本にあった手まりに

一目ぼれしてしまったのです。

作品を見れば、非常に単純な基礎技法で作られています。

つまり、それなりに経験があれば

簡単に作れるものでした。

そこで早速作ってみたのが

今回の作品になります。


★模様の名前は伝えられていません


現在私のところには

自費出版系の手まりの本は

一部入手出来ていない物があります。

しかし、それなりに過去流通した本は

一応、全て集めてあります。

でも、手まりの本にはこの作品は載っていないのです。

もっとも、所定レベルまで作れる人なら

簡単に作れる作品なので

本にも載らないのかもしれません。

その為、作品の模様の名前を私は知りません。

便宜上、『10の分割』と呼んでいます。

なぜなら10等分の組み合わせ地割をつくり

その地割線の両端に糸を巻き

麻の葉の応用で巻いた糸を抑えるだけで

作れる作品だからです。

10等分の組み合わせ地割作り方

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

本当はこの作品も当初、講座の課題作品には

入れる予定が無かったのです。

でも、初めての10等分組み合わせ地割。

そこへ、次に紹介予定の『ねじり梅』では

ちょっと難易度が高すぎるかな?

とも感じ、この作品を入れることにしました。


★8等分の組み合わせと10等分の組み合わせ、共通する模様


いくつかの模様の中には

8等分の組み合わせで模様をつくり

その応用で今度は10等分の組み合わせで作る模様があります。

8等分の組み合わせ地割では

四角形が6個

10等分の組み合わせ地割では

五角形が12個できます。

6個と12個の違いではそれほど

大変さを感じません。

しかし・・・

共通模様の作品の中で

母が好んだ作品に蝶々があります。

8等分組み合わせ地割で作る蝶々は

12羽の蝶々が出来上がります。

10等分の組み合わせ地割で作る蝶々は

30羽の蝶々が出来るのです。

母が生前、

『蝶々は8等分も10等分も大差ないよ。』

と言ったのです。

私はこの言葉を真に受けまして・・・

8等分の組み合わせ地割で蝶々が出来上がった直後に

10等分の組み合わせ地割でチャレンジしました。

結果は見事に挫折しました。

どうしても根気が続かなく

いつものように模様が見えてこなくて・・・

その作品を途中放棄したのです。

そしていくつかの作品を経験し

数年後、再チャレンジしましたら

あの時苦労したのが嘘のように

簡単に作れるようになっていました。

手まりの模様のいくつかには

このように、所定の経験をつまないと

精神力が続かずに挫折する作品があります。

でも、それなりに経験をつんだ後に

チャレンジすると簡単に作れる場合があります。

もしあなたが、ある作品を作ろうとして挫折した場合

別の作品を経験した後

気が向いたときに再チャレンジしてみてください。

あの時、あんなに苦労したのはなぜだろう・・・?

そう思うくらいに簡単に作ることが出来る場合もあります。

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

手まり、三つ羽根亀甲の手法で作る『8個の水仙』の作り方

手まり講座の作品を紹介しています。

40個目の作品は三つ羽根亀甲の手法で作る

『8個の水仙』になります。


★今までレッスンしてきた作品の応用です


この作品は当初、講座に入れる予定が無かったのです。

しかし、応用作品として

今までのレッスンをきちんと行っていれば

手順画像だけで作れるはずですので

急遽入れることにしました。

テキストでは一応、作品解説として

手まりのサイズを明記しています。

この作品も、推奨サイズは

直径8cm-10cmです。

このサイズは模様としてバランスが良いサイズ

として明記しています。

もし、もっと大きいサイズを希望するのであれば

分割などに工夫が必要になります。


★小さい手まりを作りたい方へ


小さく作りたい方は糸を工夫し

(細い糸を使用するなど)

自由に作って問題ないです。

ただ推奨サイズ8cm以上のものは

まず、一回り小さいものを作ってみて

それから考えることをお勧めします。

私は刺繍糸3本どりで作っていますが

これを2本にする。

5番刺繍糸や絹穴糸を使用する。

絹小町を使う。

その他、織物用の絹糸を使う。

絹手縫い糸を使用する。

糸を替えれば細かい部分で

模様を作るための段数が変わってきます。

絹手縫い糸を使う場合

1本にするか?

2本で作るか?

これも変わってきます。

その為、推奨サイズでまず、作ってみて

それから小さく作るのも良いですし

糸が細いから少し小さめのものでチャレンジした後

もっと小さく作るのも良いです。


★普通サイズと小さいサイズ、メリット、デメリット


普通サイズと小さいサイズ

どちらが簡単に出来るか?

これはどこの部分を基準に簡単と言うか?

この基準値で変わってきます。

推奨サイズのメリットを言えば

推奨サイズで、推奨された糸を使用すれば

おおむね問題なく作る事が出来ます。

ただし、作品によっては

それなりに材料も必要ですから

材料コストはかかります。

小さい作品のメリットは

作品が小さいですから材料は少量で良いです。

ただし、技術が必要になってきます。

細い糸を使用すると細かい作業になります。

25番刺繍糸で作れる作品もありますが

見本作品と同じように作るのは難しい。

そういう作品も出てきます。

地割、その他の技術が正確でないと

小さい分、わずかな誤差も目立ちます。

特に上下2つ模様ではそれほど感じなかった物でも

組み合わせ地割になると技術不足、経験不足が

目立つ作品も出てきます。

私が小さい作品として解説しているものが少ないのは

昔からの一般サイズが作れれば

少しずつサイズを小さくしながら

糸も細いものに変えながら

ある程度は可能になるからです。

しかし、最初から小さい作品をメインにしてしまうと

模様製作に限界が発生するのです。

どうしても作れない模様が出てきます。

その為、まず一般的なサイズを作り

手を慣らしてから

少しずつ小さいサイズに

チャレンジする事をお勧めします。

講座用には水仙で解説していますが

色使いを変えることにより

「あやめ」にもなる作品ですので

色使いを変えて楽しみやすい作品だと思います。

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村