手まり「変則桜」「8つのアヤメ」「4つのアヤメ」各所に展示しました

昨日は出来上がった4つの手まりを各所に展示しました。
手まり講座の解説用に作った物です。
 


 
桜の手まりは最初、青い土台で作る予定でいました。
ところが糸を用意していた時、灰紫の糸が見えてこれで桜を作っても可愛い!と思い、作ることにしました。
 
 
アヤメは25番刺繍糸を使っています。
メーカー品は糸が細く、中国の物は糸が太いです。
全部、中国の糸を使えば良いのですが、在庫の都合でそうもいきません。
メーカー品は4本合わせで、中国の糸は3本合わせで使っています。
 
 
中国の糸も古い物は、4本で使ったほうが良い物もあります。
これは今は無いブランドの糸なので、少し規格が違うためです。
 
 
変則桜は、絹の織物用の糸を使っています。
青地の桜も、紫地の桜も花に使った糸は同じものです。
土台の違いで雰囲気が変わるのが、手まりの面白さです。
 
 
青地は昔からの手まりの色遣いです。
紫地は古い着物を意識して、色合わせをしました。
 
 
土台の色に合わせて、花の糸も使い方を変えています。
3色のピンクを、青地のほうは2,2,1で使っていますが
紫地のほうは1,2,2で使っています。
 
 
同じ糸を使いながら、段数を変えると雰囲気も少し変わります。
今回は、同じ糸を使う順序は変えずに使用しましたが、使う順序を変えても雰囲気が変わります。
限られた色数でも、使う順序が変えるだけでも雰囲気が変わるのが手まりの面白さです。
 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村