手まり「松竹梅」作り方


 
3年1ヶ月目第3課題になります。
 

 


★この作品について




TL123 五画と三角の籠編み

TL124 松竹梅









五角形と三角形で作る32面体。

その中に、松、竹、紅梅、白梅をかがります。
 

 
32面体を作る囲みは籠編みを使います。

 

 
 

 

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

 

 
 

 

今回の作品は、この籠編みがポイントになります。
 

 
あとのかがり方は既にレッスン済みの物なので

復習になります。
 

 
 

 
32面の籠編みは、ポイントが分かれば問題ないのですが

2番目に巻くラインと3番目に巻くラインで失敗すると

籠編みが不完全になります。
 

 
もし不完全な物になってしまった場合

今回はそのまま進めてください。
 

 
別の作品で作る機会がありますので

その時、完全に作れるようにしましょう。
 

 
 

 


★手まりのサイズ




見本作品は直径10cmで作っています。

しかし、このサイズでは梅の花が厳しいです。
 

 
その為、お勧めサイズは直径12cmです。
 

 
中国の25番刺繍糸は太いので

2本で作ると綺麗に出来ます。

メーカー品は3本で良いと思います。
 

 
 

 


★模様の作り方




模様自体は既にレッスン済みなので問題ないと思います。

この作品の一番の課題は、籠編みです。
 

 
籠編みが主役になる作品もありますが

最後の1本を巻くとき、間違いに気づくと

最初から全てやり直しになってしまいます。
 

 

 
その為、もし間違えてもそれほど目立たない

籠編みが主役でない物を選びました。
 

 
完全に籠編みをマスターしたら

籠編みのみが模様になった物を作ればよいと思います。

てまり-ねこの note では詳しい作り方の、動画解説を見ることが出来ます。

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村