手まり「12か月」白地、各所に展示。講座テキスト完成。


 
昨日は出来上がった「12か月」の手まり

朝一番で写真撮影をし、各所に展示しました。

その後、手まり講座のテキストを書き

2年目の講座が完了しました。
 

 
この「12か月」の手まりは

五角形12面体の1つずつに

12か月にちなんだ模様をかがるものです。
 


 
手まりを習い始めた多くの方が

憧れて作りたいと思う作品のようです。

しかし、いざ作ってみると

12面すべてのかがり方が違うという作品。

こんなに手間がかかるのかと驚きます。
 

 
1つ1つのかがり方はそれほど複雑ではありません。

今までレッスンしてきた作品の復習になります。

それなのに、まるで普通サイズの作品12個作るのと同じくらい

手間と時間がかかります。
 

 
なぜこれほどに・・・

と思うくらい時間がかかり、初めて作った時は

とても大変だった記憶があります。
 

 
今回、久しぶりにこの作品を作りました。

講座のテキスト用に作りましたので

手順の写真を撮りながらの作業です。

写真撮影をしながらの製作は

それなりに時間がかかります。
 

 
しかし、イメージしていた時間よりは

早く完成しました。

やはり経験による蓄積は、製作スピードにも影響する。

そのように感じました。
 


 
この作品に入れるデザインに決まりは無く

いくつかのバージョンがあります。

今回、私は手まり講座2年目の終了課題として

テキストを書きました。
 

 
講座の課題として作りましたので

1つ1つのデザインは、あまり手の込んだものを選ばず

全て今までの復習になるデザインを選んでいます。
 

 
この「12か月」の手まり

デザインにいくつかのバージョンがあります。

もっと細かく

難易度の高い作品を入れるバージョンもあります。
 

 
いつか難易度の高い物も、チャレンジしてみようと思います。

今日の手まりは昨日各所に展示した「12か月」です。

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「クリスマスホーリー」各所に展示。テキスト完成。


 
昨日は、出来上がった手まり

「クリスマスホーリー」を撮影し、各所に展示しました。

その後、講座のテキストも完成しました。
 

 


 

 
なぜこの時期にクリスマス?と言われそうですが、

講座のカリキュラム、12ヶ月目だからイメージは12月なのです。
 

 
おそらく、ファッション系の方たちは

今、12月の物を制作し、7月ごろ撮影をし

10月頃、雑誌等に載るのだと思います。
 

 
手芸関係は9月には発売になるので

もう少し早いのでしょうか?
 

 

 
半年先の仕事をすると考えれば

いつ作っても良いのですが・・・

でも、季節を追いかけながら製作するのが

本当は一番作りやすいのです。
 

 
講座のテキストを作りながら

急いで半年分作り、季節に合わせてしまおう

と何回思ったか・・・
 

 
でもなかなか思うようにはいきません。

途中でどうしても今作りたい!

そんな作品も出てきて、

それらの作品を作りながらなので、

半年の時間を埋めるのは難しいです。
 

 

 
今日の手まりは、昨日各所に展示した

「クリスマスホーリー」です。
 

 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「福だるま」の作り方


 
2年12ヶ月目第2課題になります。
 

 


★この作品について




TL117 福だるま







いつもの手まりとはちょっと変わった物になります。

その為、作る方が大変少ない作品です。



今回は8等分組み合わせ、正方形6面体の1か所を

顔にして、製作します。
 

 
他の作り方もあるようですが

この作品の目的は、正方形にかがり、

きちんと5面を埋める事です。
 

 

 
顔の書き方ですが、見本作品は一例です。
 
だるまらしく見えれば、自由に変更して問題ありません。
 

 

 


★手まりのサイズ




見本作品は直径12cmで作っています。

小さく作ることは不可能ではないです。

しかし、顔を刺繍で描いているので

そこをどうするかという課題が出てきます。
 

 
少しずつ小さくしながら、

顔の書き方を模索すると良いでしょう。
 

 

 
安定性を良くするために、重り入りの土台を使用しています。
 

 

 


★模様の作り方




顔が1つのポイントになります。



また、ひたすら正方形にかがり

きちんと隣の正方形と隙間が無いように作る必要があります。
 

 
基礎技術が試される作品です。
 

 

 
最初は正方形にかがる事を意識しながら

製作することをお勧めします。
 

 
また、5か所同時進行でかがるのも

全部を同じように作るコツです。
 

 

 
正方形がある程度の大きさになったら

四角の残りの隙間が同じくらい残るように

空間の距離を測りながらかがります。
 

 
つまり、微妙に隙間の距離が

1段1段変わるかもしれません。
 

 
かがる段数より状況のほうを優先して製作します。
 

 
 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「桜」「麻の葉」各所に展示しました。


 
昨日は出来上がった3つの手まり

「桜、青地」「麻の葉模様6cm」「麻の葉模様3.8cm」

各所に展示しました。
 

 
桜の手まりは新着扱いになっていますが

品切れ品補充です。

麻の葉の手まりも、先日お嫁入りしたので

補充です。
 

 
土台用の糸、青系は何種類か揃えているのですが

写真と糸の色が一致しなくて

補充を作る時、少し難しいです。
 

 

 
今回作った桜の手まりも、土台の色が補充で作った時

イメージが違ってしまっていた作品です。

完成してから、青が別の青だったと気づき

もう1つ作ろうとずっと思っていました。
 

 
今年は桜の花が長く見れたので

今作らないと、また作りそびれてしまう。

そう思い、急いで作りました。
 

 


 

 
本当は初夏向けの作品や、夏向けの作品を・・・

なのでしょうが、まだ気分になりません。

エンジンがかかったら作る事にします。
 

 
講座用の作品が実際の季節と少しずれています。

あと数か月分作れば、季節と合いそうなので

そちらを進めたいと思っています。
 

 

 


 

 
6cmの麻の葉は、25番刺繍糸を使用しています。

3.8cmの麻の葉は、絹手縫い糸で作っています。
 

 
糸が違うので、大きさが変わっても

イメージはほとんど変わりません。

しかし、木綿と絹の違いが写真から伝われば嬉しいのですが。
 

 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり「南天」の作り方


 
2年12ヶ月目第1課題になります。
 

 


★この作品について




TL116 南天







この作品は菊かがりの応用になります。

南天の葉の先の長さを変える事

そして実のステッチがポイントになります。
 

 
多くの手まりのテキストが

どこの部分から所定の長さ(cm)ずらした位置で

という解説がされています。
 

 
しかし、この方法だとサイズを変更したとき

作るのが難しくなります。
 

 
その為、私は紙テープで測れるように

赤道-極を所定の割合で分割して製作できるように

テキストを書き換えています。
 

 

 


★手まりのサイズ




見本作品は直径6cmで作っています。

絹手縫い糸を使えば、

小さく作る事も十分可能だと思います。
 

 
南天の葉は、大きな物ではないので

大きい手まりであれば、

デザインのアレンジをしたほうが良いと思います。
 

 


★模様の作り方




待ち針を打つことが出来れば

あとはさほど難しい作品ではないです。
 

 
私は極の南天の実を2色の糸で作りました。
 
しかし、この作品の最大のポイントは

この南天の実をどのように入れるかだと思います。
 

 
作り手の感覚がすべての部分です。
 
自由に実をステッチしてください。
 

 
 

 

 

 

【お知らせ】佐々木園美が教える、初心者でもできる・てまり-ねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村