管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2019年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

手まり「菱かさねと菊」の作り方

   2019年06月09日 手まりの作り方, 手まり講座2年目


 
2年3ヶ月目第3課題になります。
 

 
 


★この作品について


 
 
TL80 音の鳴る土台。
 
TL81 菱かさねと菊。
 
 


 

 

 
1年目の講座で、
 
「菱かさね」と「菊」を別々の作品として
 
レッスンしました。
 
今回は1つの手まりの中に
 
この2つの模様を入れる物になります。
 

 

 
 
 


★手まりのサイズ




直径12cmになります。

もみ殻をカップ5杯使用します。

今まではカップ3杯、直径10cmでした。

作品のサイズが大きくなるので 

土台を丸めるのも、苦労すると思います。





また、手まりを振った時に

音の出る土台のレッスンもします。

鈴の音色を出すための工夫もレッスンします。



単純に音が出れば良いのであれば

直径10cmでも作る事は可能です。

しかし、良い音を出すためには 

それなりの方法が必要になります。



その為、私は直径12cmから

鈴入り土台を使用しています。







★模様の作り方




16等分の地割で菊を作ります。

その後、補助地割りを入れて

菱重ねを作ります。

今回は、補助地割りの入れ方もレッスンします。



見本作品は、グラデーションの菊を作り

菱かさねも、グラデーションで作っています。



作品によっては 

菊を1色で作る物もあります。






グラデーションの場合は、色を変える事で

かがった段数を数えることが出来ます。

しかし、1色でかがると

かがった段数を数えておかなければいけません。



その為、気を使う場所が増えるので

少し面倒な作業になります。

1色で作る作品のほうが、

少しだけ難易度が上がると思います。







 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com