管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

手まり「菊」3個各所に展示。「巻きバラ」制作中。

    日記

昨日は朝一番に出来上がった

「菊」の手まり3個、写真撮影をしました。

午前中、発送があったので行ってきました。

帰宅後、3個の「菊」の手まり

各所に展示しました。

制作途中の「巻きバラ」

こちらも少し進めることが出来ました。

途中、打ち合わせが入ったのですが・・・

日本語の細かいニュアンス

なかなか適切な言葉が無く、苦労します。

昨日はそのようなお話でした。

ついつい言いたくなってしまいます。

昭和が終わる頃、落語家の名人と言われる

お師匠さんたちが、こぼしていた事を思い出します。

まったく、日本語が通じないって言うんだから

どうにもこうにも、困るんですよ。

いちいち脚注つけないと、今の人(しと)には

通じないんだから。

これも時代の流れですかね。

こんな台詞を聞いたとき

当時まだ二十歳代だった私は

そうなのかな?

と聞いていました。

でも、先日、ドラマで落語心中を見て

その前にはアニメで見て

そして原作コミックスを全部読み

つくづく時代が変わったことに気づきました。

私も50歳を過ぎ、

あぁ、うるさ婆さんするようになったのか・・・

とも感じました。

二十歳前後の頃、和裁の先生から教えて頂いたこと

1つ1つが、今は知らないのが当たり前の時代に。

八代目八雲さんが(当時はまだ菊比古だが)

寄席なんてぇのは、浴衣1枚で気軽に入れる所だけど

綺麗な女性(しと)がお太鼓締めていたら

それでも、芸人はまいあっがちまって、上手に出来る物なのさ。

この台詞

どれだけ真意が理解されるのだろうか?

文字通りに読むこともできるけど

着物のTPOを知ってたらもっと深くまで理解できる。

今流に直したら

Tシャツ、ジーパンで気軽に入れるところだけど

綺麗な女性がおめかししてたら、それだけで・・・

となるのだろう。

民族衣装である着物、だが、TPOまで知っている人は

限られてしまった。

仕立てに欠かせない、

おコテのメーカーさんが廃業するくらいなのだから。

そうなってくると

こじんまりとした芸は

あたしが居なくなったら、それで終わり。

それで良いんです。

そういう八雲さんの気持ちがわからなくもない。

**相手にそれなりに、いろいろと・・・

これはある意味、野心ですね。

でも、制作において、野心は必要なのか?

自分の世界を極めるために、ただひたすら、追いかけて・・・

そこに野心が入る余地は・・・

私はそれほどリソース大きくないのですよ。

手まりの名称には2種類あります。

技法名、模様の名前

これは昔から伝えらている物。

そして、作家さんが独自につけた名前。

季節や景色などを表した名前や

もっとメルヘン的な名前もあります。

そして、私独自につけた名前もあります。

私の場合、販売サイトから連絡があった時

即、その作品が文字からイメージできる必要があります。

結果的に、

模様の名前と技法名を、組み合わせる事が多いです。

糸を巻いて作る作品だから

「巻きバラ」「巻き椿」「巻き鶴」

これが、流通しているテキストになると

「バラ」「椿」「鶴」

昔はこのような物でした。

なぜなら、古典模様は数が少なかったのです。

でも、昭和の終わりころ

新しい模様が次々と考案されて

模様の数が飛躍的に増えました。

昨日、悩んだのが

糸を巻く、この「巻く」という技法を

英語でどう表すか?

日本語で、どう言い換えれば

適切に「巻く」という意味が出てくるのか?

どの言葉も、ニュアンスが違うのです。

そして、夕方、シロちゃんが外を歩いていました。

その歩き方が

抜き 足、差し 足、忍 び 足。

だったのです。

文字と文字の間のスペース

これも雰囲気を伝えるに必要な要素です。

音読したら、イメージが伝わるのでは?

これを英文で言えば

非常にゆっくり、Very slowly

非常に慎重に、Very carefully

になるのでしょうか?

なんか味気なくて・・・

やはり日本語で無いと通じない!

そう感じるのは私だけでしょうか?

今日の手まりは、

昨日各所に展示した「菊」です。


【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com