管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

手まり、「ねじり梅、赤」制作中

    日記, 私と手まり

品切れ品の補充作品の1つ

「ねじり梅、赤」を制作しています。
 
 
 
ある方の手まり写真集が気になっていて

アマゾンでの記載に

1個作るのに1か月も2ヶ月もかかる。

と書かれていました。
 
 
 
母は、多くの作品を

1個、1-2ヶ月

それなりに技術が必要な作品は

半年以上かかったとメモが残っていました。
 
 
 
そして・・・

2ヶ月かかったと言う作品の1つを

私が初めて作った時は2週間かかって作りました。

現在では、外出予定その他、時間がかかる他の作業

これらが無ければ3日ほどで作る事が出来ます。
 
 
 
制作している途中で、

数日単位で制作が出来ないような出来事が起きなければ

過去、大変だった作品は制作時間1か月でした。
 
 
 
しかし、その作品も

何個か作るうちに少しずつ制作時間の短縮が出来ます。
 
 
 
制作時間に1-2ヶ月かかったという作品

どのような模様か見てみたいと思いました。

 
 
*****
 
 
 
母は作品をゆっくり作る人でした。

あまり丈夫なほうでは無かったので

根を詰めて行う作業は苦手だった可能性もあります。
 
 
 
1日に手まり制作の為に使える時間も

本当に少なかったです。

つまり、制作に1-2ヶ月かかるという作品

1日に2時間しか行わないで2ヶ月かかったのと

1日5-6時間制作して2ヶ月かかる作品では

作品の質が変わってきます。
 
 
 
また、1つの模様を覚えて

その模様を今まで何個作ったのか?

1つの模様に対し、最低の平均数は何個作るのか?

これも考える必要があります。
 
 
 
私の場合

あまり作らない模様でも

1種類に対し3個前後は作っています。
 
 
 
これが人気の模様になると

今までいくつ作ったのかわからない。

そういう模様もいくつかあります。
 
 
 
*****
 
 
 
母からしっかり手まりを習う事になり

その時、私は母に、教えてとは言えませんでした。

なぜなら、母が末期がんで

あとわずかしか、時間が残っていないとわかったからです。

もともと、素直な親子関係では無かったのです。
 
 
 
私は母に

手まりの簡単な本、貸して。

と言いました。
 
 
 
母は

あんた、本を見て出来ると思っているの?

このように言い、私の返答は

思っているの!

と答えたのです。
 
 
 
母は私に、今度会う時

裁縫箱を持参するように言いました。

私は母に

やっぱり「升かがり」から作るの?

と聞きました。

 


 
 
 
母は

あれは、挫折する人が多いから

今は「菱かさね」から

レッスンしているのだと言います。
 
 

 
 
そこで私は早速、「菱かさね」を作り

次に会う時、裁縫箱と一緒に持って行きました。
 
 
 
他界する半年ほど前の事です。

私とすれば、本を見て出来るの?

と言われたから、出来るよ!

と言いたくて、母のレッスンを受ける前に

作ってしまったのです。
 
 
 
でも、母からすれば最後のひと時

一緒に作りたかったのかもしれません。
 
 
 
この時の私の制作時間は

1作品につき2日前後でした。
 
 
 
そして母に言われました。

1作品3日ほどで作れるとは言ってはいけない。

なぜなら誰でも作れると勘違いする人が居るから。

1つ作るのに2-3か月以上かかると言っておきなさいと。
 
 
 
母は、市民文化祭に作品を出すのを楽しみにしていました。

そしてその日は

お教室のお披露目の日でもあります。

生徒さんの作品も出していました。
 
 
 
つまり、お教室への勧誘の日でもあったのです。

人によっては

文化祭の日に作品発表をしたくて

技術に見合わない作品を

出したがる生徒さんも居たそうです。
 
 
 
また、わずかな時間で出来上がると思う生徒さんも

居たらしいです。
 
 
 
*****
 
 
 
現在の私から見れば

1つの作品を見て、これは手間がかかりそうだ

そう思う作品もあります。

2-3か月かかると言われた場合

確かにそのくらいの時間を覚悟しないと

と思う物もあります。
 
 
 
しかし、作品によっては

1個1-2ヶ月かかると言われた時

初めての作品だとそのくらいかかるかも・・・

でも、販売を考えた時

もう少し早く仕上げないと割に合わない

そう思う作品もあります。
 
 
 
さて、気になっている本に載っている作品は

どちらのタイプの作品でしょうか?
 
 
 
*****
 
 
 
私はダウンロード版の本に対して否定的な見方をしていました。

なぜなら、端末が変わったら読めなくなると思っていたのです。
 
 
 
しかし

気になる手まりの本、Kindleだったのです。

以前はダウンロード書籍は非常に安価でした。

古い作品だから、という理由もあったのでしょう。
 
 
 
さて、Kindleは端末が変わっても読めるのだろうか?

手まりの本を見たいけれども

お値段を考えると、悩む金額でした。

USBにデータが保存できるのだろうか?
 
 
 
昨日、0円の物をダウンロードしてみました。

以前、Kindleをインストールしたことがありますが

今回はPCが違うので、再インストールです。
 
 
 
メルアドとパスワードで管理している様子。

なんと!

以前購入した本が入っています。

再び読みたければ、再ダウンロードが可能のようです。
 
 
 
つまり、端末が変わっても

読むことが可能!

それであれば、気に合っている手まりの本

Kindleで購入も悪くないかな。

そう感じました。
 
 
 
*****
 
 

 
 
今日の手まりは、先日各所に展示した

「三つ羽根亀甲」です。

この作品も品切れ品補充で作った物です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com