管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まり「三つ羽根亀甲と松竹梅」作り方

   2018年10月28日 手まりの作り方, 手まり講座2年目

1年目の講座では

1か月に4個の手まりをレッスンし

基礎技術を網羅するようにカリキュラムを組みました。
 
 
 
2年目の講座では、応用作品を入れながら

基礎作品で1年目に入れられなかった作品も

選んでいます。
 
 
 
1年目は1か月4個を目安に選びましたが

2年目は3個を目安に選んでいます。

しかし、3年目に持ち越すには

一緒にレッスンしたほうが良いという作品もあるので

3個より多い月もあります。
 
 
 
2年目も楽しんで学んで頂ければ

大変うれしいです。
 
 


★この作品について


 
 
TL69 三羽根亀甲・松竹梅
 

 

この作品は、今は無き

手まりの通信講座に入っていた作品です。
 
 
 
また、母が大変好んでいた作品の1つです。
 
 
 
模様の系統としては

東北地方の刺繍入りの手まりになります。
 
 
 
三つ羽根亀甲をかがり

開いた空間に、松、竹、梅の刺繍を入れています。

今は作る方が激減した、伝統的模様の1つです。
 
 
 
三つ羽根亀甲をかがり空間に刺繍を入れる

この様式の物は、いくつかのパターンがあります。

松竹梅を入れる物

そして、春の景色を入れる物があります。
 
 
 
書籍等で残された資料は非常に少なく

時折、ヤフオクなどで出品される物の写真を

私は集めて、複製を作っています。
 
 

他の図案も、そのうち記録として

まとめたいと思っています。
 
 


★小さく作りたい方へ


 
 
この作品の標準的サイズは

直径10cmになります。

刺繍を入れる都合で、

このデザインをそのまま小さく作るのは

難しいと思います。
 
 
 
しかし、三つ羽根亀甲を作り

帯を巻かずに、空間に松竹梅を入れるのであれば

不可能ではないと思います。

ただし、刺繍のデザインを

少しアレンジする必要があると思います。
 
 

 


★帯について


 
 
この作品は帯の巻き方がポイントになります。
 
 
 
元の作品は、リリアンで作るように解説されていました。

その為、帯は

ほどかないリリアン2色を使用して作っていました。
 
 
 
しかし、私はリリアンの質感を好まないので

25番刺繍糸を使用して作っています。

帯は5番の刺繍糸を使用しました。
 
 
 
しかし、日本では5番の刺繍糸を取り扱う店が

非常に少ないです。

そこで、ほどかない25番の糸を巻くのも

良い方法だと思います。
 
 
 
中国の25番刺繍糸を使う場合

糸が太いので針に通すのが難しいです。

帯の糸は最初と最後だけしか針を使用しません。
 
 
 
太めの刺繍用の針、または

細めの毛糸とじ針などを利用してください。

2色の糸を同時に扱わず

1色ごとに作業を行えば、苦労が少ないと思います。
 
 


★色違いの作品を作るにあたり


 
 
この作品は、デザインが洗練されすぎています。

色違いを作るのは難しいかもしません。
 
 
 
しかし、固定観念を捨てつつ

お正月の改まった気持ちを表すように

色使いを選んでください。
 
 
 
土台の色を白ではなく、少し薄い色を入れてみる。

三つ羽根亀甲を若竹のイメージに変えてみる。

茶系の渋めの色に変えてみる。
 
 
 
これらの方法で、色違いを作る事は

十分可能だと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com