管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まり、籠目菊「ハロウィン」「栗」各所に展示

    作品販売, 日記

昨日は、今期、新しく手掛けた手まり

籠目菊2個を各所に展示しました。
 
 
 
母も祖母も作る手まりに

大きく偏りがありました。
 
 
 
私は、どのような物でも

とりあえず、作ってみよう。

そう思っています。
 
 
 
しかし、諸事情により

頭では理解できていても

今まで作らなかった作品も多々あります。
 
 

 
 
昨日はそのような模様の1つ

「籠目菊」の手まりを2個完成したので

各所に展示しました。
 
 
 
最初にイメージが降りてきたのは

「栗」と名付けた作品です。
 
 
 
朝起きた時、写真の1枚が浮かび

プリンだ!と思ったのです。

色糸を揃え、作り始めました。
 
 

 
 
そして、最後の帯の千鳥を入れ終わった瞬間

再度、イメージが出た作品が

「ハロウィン」です。
 
 

 
 
以前、知り合いに

「ハロウィン」の手まり作らないの?

と言われた事があります。
 
 
 
しかし・・・

オレンジのかぼちゃ・・・

手まりで表現するには・・・

正直、面白いイメージが浮かばない。
 
 
 
ハロウィンを知ったのは中学生の頃。

そしてだんだん日本で有名になった行事です。

しかし、私が子供の頃

馴染が無かったので、

はぁ・・・という感じだったのです。
 
 
 
仮装のほうが日本では有名ですが

本来は、日本で言うお盆なのです。

死者が返ってくる行事になります。
 
 
 
でも、私の中では

秋色、オレンジ・・・

これでイメージするのは

紅葉と柿。

なかなか手まりには出来ませんでした。
 
 

 
 
ところが、イメージ写真が降りてきましたので

これは、作るしかないです。

イメージが降りてきた日が10月15日。

ハロウィンは10月30日。
 
 
 
2-3日で完成できる自信はありましたが

作品展示と考えた時

正直言って、遅いのです。
 
 
 
でも、これは作るしかない!

という訳で、大急ぎで作り

昨日、写真撮影、展示まで出来ました。
 
 

 
 
「籠目菊」は模様としては

中級作品と言われています。

おそらく、模様の細かさ故と思います。
 
 
 
そして綺麗に作り上げるには

やはり、所定の経験が無いと難しい作品でした。
 
 
 
最初の1段目をかがるのに

多くの待ち針を土台に埋めて作ります。

経験が浅い人は

待ち針が多く土台に埋めてあると

かがっている時に糸を待ち針に引っかけます。
 
 
 
最近ではお流儀によっては

待ち針を使わず、ボールペンで印をつける

などとレッスンするお教室もあるようです。
 
 
 
しかし、お裁縫の世界では

鉛筆の使用でさえ、

最小にとどめるように言われています。

ペンで印付けなど、言語道断で・・・

手まりとお裁縫は違うと言えばそれまでですが

糸の事を考えると、いかがな物かと思ってしまいます。
 
 
 
安直に簡単に出来る事を選ぶのではなく

しかるべき経験を積んだ後

きっちりとレッスンしたほうが良いと思います。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 
 
今日の手まりは

昨日、各所に展示した

「籠目菊、ハロウィン」です。
 
 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com