管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

手まり、「桜」の出品、テキスト完成

昨日は午前中、

銀行関係の用事を済ませてきました。
 
 
 
その後、出来上がった桜の手まり

出品作業、完了しました。
 
 
 
その後、YouTubeのスライドショー

そして手まり講座のテキストも

完成しました。
 
 
 
1年目にしっかり解説しています。

2年目の講座は、1年目の応用編になります。

その為、解説はかなり省いている部分が多いです。
 
 
 
文字数もかなり少なくなっています。

テキストは文字数が少ない分

作りやすいです。
 
 
 
***********
 
 
 
約2ヶ月ほど前から

私の周囲が騒がしかったのです。
 
 
 
公式に私へ、何かを言ってきたわけでは無いです。
 
 
 
しかし、その結果

あるグループの人たちが

私にとやかく、ちょっかいを出してきました。
 
 
 
結果として、そのグループの人たち

45人中42人が消え、グループは消えました。
 
 
 
私自身に実害があったのは

車のタイヤ、助手席側1本だけが

ボロボロになりました。
 
 

 
 
親父が怪我をし

点滴の付添いで、いつもより

山道を走る事が多い時期でした。
 
 
 
道の形状から、事故も多発する場所でした。

身を守るための、いろいろな事を

教えて頂いていたので

それらを実行している最中でした。
 
 

 
 
何か所か、危険を感じた場所もあります。

しかし、幸い

タイヤの消費だけで事なきをえました。
 
 

 
 
その後、誰が依頼したのか?

どういう理由で依頼したのか?

調べてくれた人が居ます。
 
 
 
その世界のルールで

具体的な個人名は教えて頂けませんでした。
 
 
 
しかし、理由が明確になり

個人は特定できませんが

あるグループの方だとわかりました。
 
 
 
手まりの伝統が失われると・・・
 
 
 
それが私に対して

良からぬ感情を持った理由だそうです。
 
 

 
 
私は普段は、もみ殻をビニール袋に入れて

作品の土台を作っています。

特別な理由で、全てが土に帰る材料で

という指定を受けた時は

布に包んで土台を作る事もあります。
 
 

 
 
ある方が、所定の地域の手まり

複数を購入し、土台に何を使っているか

ほどいて、中身を確認したそうです。
 
 
 
私と同じようにビニール袋を使用した物

または、スチロールボールに綿を巻いた物

いろいろ所定のお流儀では認められていない

作り方をした物があったそうです。
 
 

 
 
私から言えば

それは、あなた方の指導力不足です。

管理不足です。

と言いたいです。
 
 

 
 
私の作り方は

母が祖母から習った物です。

母は母で、35年ほど前にあった

通信教育の方法を改良し

私に教えてくれました。
 
 
 
祖母の時は土台にカンナ屑を使用していました。

晩年、材料が手に入りにくくなり

古着に変わっています。
 
 
 
母は、もみ殻を使用していました。

ビニール袋に入れた物を木綿糸で成形し

和紙を巻いて表面の色を整えると

通信講座で習いました。
 
 
 
その後、改良を加え、今の私のスタイル

ビニール袋にもみ殻を入れ

毛糸で土台を作り

しつけ糸で表面を整えるようになりました。
 
 
 
私の代になってから

しつけ糸を使用せずに、ロックミシンに使用する

スパン糸で表面を整えるように変わりました。
 
 

 
 
地域的な事を言えば

母と祖母の実家は佐渡であり

祖母が好んだ模様は

越後の物でした。
 
 

 
 
つまり、私の存在が

伝統を崩す、脅かせる

というのは、単なる言いがかりとしか

思えないのです。
 
 

 
 
今の時代、ネット検索で簡単にいろいろ学べます。

そして、面倒な修業をしなければいけない物は

敬遠される傾向にあります。

 
 
誰だって簡単に出来たほうが良いと

感じるわけです。
 
 
 
他の地域のお流儀では

モクメンを使用して作る地域もあります。
 
 
 
スチロールボールに綿をかぶせて

表面を整えるお流儀もあります。
 
 
 
私はスチロールボールの使用は

存在感が無くなるので好みません。

しかし、他のお流儀の方がその方法を使う事は

何とも思っていません。
 
 
 
なぜなら、目の肥えたお客様は

質感の違いをしっかり見極めてくださるからです。
 
 

 
 
特別なときは布で、もみ殻を包みます。

この作り方で作る場合は

特注扱いになるので、通常は販売していません。
 
 
 
それでも、手に取った時

質感が変わると言われます。

どうしてもビニール袋を使うと

それなりの質感になるからです。
 
 

 
 
私から言えば

所定の方法で作った物しか

そのブランドで販売できないようにするなど

品質管理を徹底しなさい、としか言えません。
 
 
 
それを人の活動に対して

いちゃもんを付け

一歩間違えば、事故になるような事を依頼する。

ご本人が依頼したのではなく

取り巻きが依頼したにせよ

なんてクダラナイ事を・・・

と思う訳です。
 
 
 
無事、所定の事が完遂された時は

特別報酬として500万円払われる

そういう依頼だったそうです。
 
 

 
 
そのような心では手まりは作れません。

まず、材料が暴れて綺麗な球体になりません。
 
 
 
心を静め、座禅をするような気持ちで

土台を丸め、糸を巻かないと

綺麗な球体は出来ません。
 
 
 
若いころは、珍しい糸があると

使ってみようと手に入れたこともあります。
 
 
 
しかし、現在は

安定的に恒常的に手に入る。

それを第一に考えて、材料を集めています。
 
 
 
専用糸は基本的に使用しません。

なぜなら、その糸が入手できなくなった時

困るからです。
 
 
 
汎用糸をメインに使用するようにしています。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは昨日各所に展示した

「桜」です。
 
 
 
若いころ、お気に入りだった

浴衣に桜模様の物がありました。

その浴衣の色合いに似た感じに仕上がりました。
 
 
 
やはりこの季節、桜と言うのは

ちょっと色合わせが難しいです。

でも、それなりに気にいった感じに仕上がったので

良かったと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com