管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

手まり、地割まで

    日記

昨日は買い出し日だったので

行ってきました。
 
 
 
アマゾンへ送る糸セットも

休日受付をしてくれる郵便局

買い出しの時は行きやすい場所にあるので

お願いしてきました。
 
 
 
ちょっといろいろ用事も

片づけながらだったので

いつもより1時間ほど帰宅が遅くなりました。
 
 
 
雨の予報でしたが

帰宅までは何とか傘なしで

歩ける程度の雨でした。
 
 

 

 
 
帰宅、昼食後、家事・・・

の予定だったのですが、まぁいっか・・・

という訳で放置。

たまには、こういう日もあります。
 
 
 
制作は次の講座用、課題作品

バラの刺繍糸を揃えて、地割まで終わりました。
 
 
 
いつもより進行が遅めですが

台風の前なので仕方ないか・・・

そんな感じです。
 
 

 
 
中国の旧正月明けから

ずっと刺繍糸の入荷が不安定です。

工場のほうもぎりぎりまで

在庫を少なくした様子で

オーダー前に、品切れと言う理由で

入荷しない色もあります。
 
 
 
その為、大幅に在庫が少ない色もあります。

私の在庫も品切れ中の物が・・・

制作には影響を受けませんが

やはり、所定の在庫は確保しておきたいので

刺繍糸のオーダー票も書きました。
 
 
 
今回はどれだけ入荷するのか?

ちょっと未知数です。
 
 
 
********
 
 
 
ある方からご質問を頂きました。
 
 
 
現在品切れ中になっている作品についてです。

サイズを変えたらお安くなりますか?

というご質問です。
 
 
 
お値段に関しては、大きさが小さくなっても

ほとんど変わらないです。
 
 

 
 
私の場合、使用する糸が多種類あります。

木綿の糸から絹糸まで。

サイズを変えても、

大きな作品と変わらないように

仕上げることもあります。
 
 
 
つまり、サイズを変えたら細い糸を使うので

もっと作るのが難しくなります。

その為に、かえってお値段が上がってしまう

そういう模様もあります。
 
 
 
作品によっては

ストラップサイズで通常販売している物は

若干、お値段が安く設定されている物もありますが

それは模様が限られます。
 
 
 
その為、サイズを変えることで

お安くなるというのは、

ほとんど期待されても困ります。
 
 

 
 
サイズを変えるメリットとして言うなら

お人形さんに持たせたいから・・・

と言うのであれば、

模様によっては制作可能な物もあります。
 
 
 
また、品切れ作品の場合

仮に同じ物を希望されても

正直、同じイメージに仕上がるかは微妙です。
 
 
 
なぜなら糸の色番号を控えていないからです。

写真を見て似たようなイメージで

糸を揃えて作りますが

本当に、イメージ通りに出来るかは

出来上がってみないと、わからないからです。
 
 
 
そういう理由で

同じ作品を再びというのは

難しい場合が多いです。
 
 
 
インスタグラムやヤフオクを見ていて思いますが

多くの方が、花を作った時

ピンクを使用したとします。

一言で、ピンクと言っても

どの糸を使用したかにもよりますが

複数のピンクがある訳です。
 
 
 
しかし、多くの方がピンクを1色しか使わない

そういう方が多いのです。

私の場合、1色で作る事は非常に少ないです。

最低3色、多い場合は5色以上、使用します。
 
 
 
またグラデーションを使用した場合

ピンクだけのグラデーションも行いますが

ピンクから紫へのグラデーションも使います。
 
 
 
その結果、写真で見たイメージと

実際のイメージが変わってきます。

また写真から似たイメージで作っても

使う色が気分で変わるので

作るたびに微妙に色が変わってきます。
 
 

 
 
写真では3色のピンクを使っているように見えても

実際は5-7色使っている場合もあります。
 
 
 
そういう理由で、同じ作品を作るのが難しいのです。

色番号をメモしておけば良いのですが

私自身、気分で色を変えますので

メモ通りになんて作る気がありません。
 
 

 
 
また、中国糸の場合

ロットが変われば色も

明確に変わってしまう場合もあります。

オレンジっぽい赤だったのに

ちょっと暗い赤に変わったこともあります。
 
 
 
そうなると、イメージする色が違ってくるので

色番号を変える必要も出てきます。
 
 

 
 
絹糸の場合

既に存在しない会社の糸だったり

その色を廃番にする事もあります。
 
 
 
ある糸の中でイメージ通りに

と行いますから、品切れ品と同じようには

作れない事も多いのです。
 
 
 
基本的に、作品とは一期一会と思ってほしいです。

工業製品とは違う

手作りだからこそ、全部違うのです。
 
 
 
同じ物を必要とされた場合

私自身が同じテンションで

所定の個数、同じ物を作る。

これはなかなか難しいことです。
 
 
 
そのような事情もご理解いただければ

と思います。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「紫陽花」です。

今年も別デザインで

紫陽花の手まりを作りたいと思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com