管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

手まり「松竹梅」のテキスト完成

    日記

昨日は午前中、いつもご挨拶に行っている所へ

行ってきました。
 
 
 
昼食後、手まりのテキスト「松竹梅」

書き終え、翻訳作業も終わりました。

YouTubeのスライドショーは

時間切れでちょっと無理でした。
 
 

 
 
何とか手まり講座2年目、1ヶ月目の課題

生徒さんに追いつかれないうちに終わりそうです。

いい加減、

針を持てないストレスがMAXになりそうですが

半端な作品では満足できないようです。
 
 
 
それなりのレベルの作品でないと。

さて、作りたい作品はあるのですが

初めて手掛けることと、時間的問題

これを考えると、どの作品を選択するかが

かなり悩ましいところです。
 
 
 
所定のレベルでないと満足できませんし

それなりのレベルの作品は時間がかかります。

一応、候補は出しているのですが・・・

今度はいつもの木綿刺繍糸では太すぎます。

3本の所を2本にするか・・・

それとも絹糸の在庫を調べて

そちらを選択するか・・・
 
 
 
時間とスケジュールに追われながらの

作業になっています。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは12羽の蝶です。

この作品は、正方形と菱型を交互にかがる事で

蝶々が出来上がります。
 
 
 
インスタグラムで何人かの方の作品を見ながら

時々思います。

非常に細かい作品を作られているのですが

なぜ、そこの五角形、六角形がいびつなの?

そこがいびつだと、その作品は見ごたえあるけど

こういう2つのパターンを組み合わせて作る作品

多分、綺麗に出来ないよね・・・
 
 
 
その前に、お教室で習っているようだけど

その細かい作品に行く前に、先生、指摘しなかったの?

それとも・・・派手な作品を作る事で

技術の稚拙さをごまかしている?
 
 

 
 
残念ながら、私は母から習ったので

他のお教室がどのようなレッスンをしているのか

不明です。
 
 
 
そして、細かさゆえに、

難易度が高く設定されている作品もあります。

確かに制作するのに精神力が必要ですから。
 
 
 
でも、初級の方たち向けの作品を作りながら

テキストを書いていてつくづく感じました。

本当に技術力が試されるのは

初級作品だと。
 
 
 
いろいろな場面で、技術が正確か否か

非常に感じ、自分もまだまだ・・・

と思う場面も多々あります。
 
 

 
 
もっとも考え方を変えれば

このように模様が交差した作品をあまり見ないのは

正確な地割の技術が無いと

作る事が出来ないから。

とも感じます。
 
 
 
正確な地割をするためには

ただただ、経験を積むしか方法が無いからです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com