管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

手まり、「松竹梅」完成しました。

    日記

昨日は制作中の手まり

「松竹梅」完成しました。

記録を見れば、いつも通りの進行速度なのですが

その時によって、進みが遅いと感じることも多いです。
 
 
 
五角形12面体に松、竹、梅のデザインを

4個ずつ入れるものです。
 
 
 
正直なところ、1つの五角形のパターンを

そのまま12個同じに作るほうが

ずっと楽です。
 
 
 
しかしこのデザインは

3種類のデザインを4個ずつ入れる物です。

こういうデザインが、実は作りにくいというか

地味に面倒です。
 
 
 
先日、GWで息子が帰省していた時

息子から聞かれました。

手まりと言うと、1つの花を入れる事が多いけど

多種多様な物を入れる事は無いのかと。
 
 

 
 
この松竹梅などはそう考えると

珍しい物と言えます。

そして、手まり制作経験者さんで

所定のレベルまで進んだ方が

必ず、1度は作ってみたいというデザインがあります。
 
 
 
それは五角形12個の中に

12か月の花を入れるデザインです。

どの花をどう配置するのかは

作り手の自由になります。
 
 
 
しかし、12個、全部違うデザインをかがる。

これは正直、地味に面倒な作業になります。

刺繍糸の色数も多くなりますので

統一感をどう出すか?
 
 
 
12か月の手まりはまだテーマ性があり

作りやすいです。

しかし、1個の手まりの中に

テーマを決めて複数の花を入れるというのは

ちょっと難しいかな?

とも思います。
 
 

 

 
 
今回、制作していて長年の謎が1つ溶けました。

手まりの模様で

梅のデザインと言われている物がいくつかあります。

その中で、複数、なぜこれが梅かわからない。

そう思う物がありました。
 
 
 
今回の松竹梅に使用されている梅も

その1つでした。
 
 
 
理由は

私はかがった糸を見ていたからです。

その糸を見て、なぜ梅なのか

他の物はわかるのですが

梅だけがわからなかったのです。
 
 
 
今回、糸を見るのではなく

糸の中の空間を見て

そこに梅の花がある事に気づきました。
 
 
 
他のデザインでも同じことがあったのです。
 
 

 
 
そこに周囲をかがる事により

中に梅の花が浮かび上がる。

この事に気づき、それであるなら

色違いも作りやすいと思ったのです。
 
 
 
また、過去作った作品の中には

中心の空間が梅と気づかなかったので

そのかがり方では梅にならない

そう感じた物もありました。
 
 
 
ようやく長年の疑問が解けました。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「三角バラ」です。

これも、ある方の写真集を見て作ってみたものです。
 
 
 
最初に作ったときは

三角形に糸を巻いていけば作れる・・・

と思い、作り始めたのですが

三角形を意識して作らないと三角形にならず・・・

六角形になってしまう作品です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com