管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

手まり、三つ羽根亀甲の手法で作る『8個の水仙』の作り方

    手まりの作り方, 手まり講座1年目

手まり講座の作品を紹介しています。

40個目の作品は三つ羽根亀甲の手法で作る

『8個の水仙』になります。

 

 

 


★今までレッスンしてきた作品の応用です


 

この作品は当初、講座に入れる予定が無かったのです。

しかし、応用作品として

今までのレッスンをきちんと行っていれば

手順画像だけで作れるはずですので

急遽入れることにしました。

 

 

テキストでは一応、作品解説として

手まりのサイズを明記しています。

この作品も、推奨サイズは

直径8cm-10cmです。

 

このサイズは模様としてバランスが良いサイズ

として明記しています。

 

もし、もっと大きいサイズを希望するのであれば

分割などに工夫が必要になります。

 

 


★小さい手まりを作りたい方へ


 

小さく作りたい方は糸を工夫し

(細い糸を使用するなど)

自由に作って問題ないです。

ただ推奨サイズ8cm以上のものは

まず、一回り小さいものを作ってみて

それから考えることをお勧めします。

 

私は刺繍糸3本どりで作っていますが

これを2本にする。

5番刺繍糸や絹穴糸を使用する。

絹小町を使う。

その他、織物用の絹糸を使う。

絹手縫い糸を使用する。

 

糸を替えれば細かい部分で

模様を作るための段数が変わってきます。

絹手縫い糸を使う場合

1本にするか?

2本で作るか?

これも変わってきます。

 

その為、推奨サイズでまず、作ってみて

それから小さく作るのも良いですし

糸が細いから少し小さめのものでチャレンジした後

もっと小さく作るのも良いです。

 

 


★普通サイズと小さいサイズ、メリット、デメリット


 

普通サイズと小さいサイズ

どちらが簡単に出来るか?

 

これはどこの部分を基準に簡単と言うか?

この基準値で変わってきます。

 

推奨サイズのメリットを言えば

推奨サイズで、推奨された糸を使用すれば

おおむね問題なく作る事が出来ます。

 

ただし、作品によっては

それなりに材料も必要ですから

材料コストはかかります。

 

小さい作品のメリットは

作品が小さいですから材料は少量で良いです。

ただし、技術が必要になってきます。

 

細い糸を使用すると細かい作業になります。

25番刺繍糸で作れる作品もありますが

見本作品と同じように作るのは難しい。

そういう作品も出てきます。

 

地割、その他の技術が正確でないと

小さい分、わずかな誤差も目立ちます。

特に上下2つ模様ではそれほど感じなかった物でも

組み合わせ地割になると技術不足、経験不足が

目立つ作品も出てきます。

 

 

私が小さい作品として解説しているものが少ないのは

昔からの一般サイズが作れれば

少しずつサイズを小さくしながら

糸も細いものに変えながら

ある程度は可能になるからです。

 

しかし、最初から小さい作品をメインにしてしまうと

模様製作に限界が発生するのです。

どうしても作れない模様が出てきます。

その為、まず一般的なサイズを作り

手を慣らしてから

少しずつ小さいサイズに

チャレンジする事をお勧めします。

 

 

講座用には水仙で解説していますが

色使いを変えることにより

「あやめ」にもなる作品ですので

色使いを変えて楽しみやすい作品だと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com