管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

手まり、『帯模様、うろこ と矢羽』の作り方

    手まりの作り方, 手まり講座1年目

手まり講座の作品を紹介しています。

39個目の作品は『帯模様、うろこ と矢羽』です。

 

 


★指貫模様は手まりの帯として伝えられていました


 

最近でこそ、注目を浴びている

加賀指貫ですが、実は基本の模様は手まりの帯として

ひっそり、伝えられていました。

その中でも一番簡単な基礎的な模様を紹介しています。

 

 

矢羽模様は破魔矢に代表されるように

魔よけの模様のひとつです。

 

 


★うろこ模様はお祝い事と仏事、両方に使える


 

うろこ模様も魔よけの模様なのですが

お祝い事と、仏事、両方で使える模様としては

非常に珍しい模様になります。

 

なぜ、うろこ模様がお祝いにも仏事にも使えるのか?

これが非常に気になり少し調べてみました。

 

うろこを私は魚のうろこだと思っていたのですが

間違いだったのです。

 

蛇神様、竜神様のうろこを模した模様でした。

蛇は脱皮を繰り返しますので

再生の象徴と考えられています。

 

その為、仏事でも使える模様ということになります。

古来、世界各地で死後の復活や再生を願い

いろいろな思いが伝えられています。

仏教では輪廻転生

(人は死んでも魂が残り別の人として生まれ変わる)

が信じられてきました。

 

また蛇の皮はお金がたまると言われ

財布に使用されたりもします。

 

このような理由から

うろこ模様はお祝い事と仏事の両方で

使われる模様となったようです。

 

 


★矢羽模様と、うろこ模様は作り方が同じ


 

そしてこの矢羽模様とうろこ模様

非常に面白い点は模様の作り方が全く同じなのです。

 

まず円周を16等分します。

4色の糸を用意し、4色で順番にかがると

うろこ模様が出来上がります。

 

2色の糸を用意し、うろこ模様を作ったときと同じように

2色を交互にかがると矢羽根模様になるのです。

 

最初に作る模様はどちらの模様でも良いですので

好きなほうを製作してください。

 

 

うろこ模様ですが縦の糸は地割線のみになっています。

初めて製作する場合

地割線のみのほうがわかりやすくて良いです。

 

小さな手まりですので、ほんの少しあまった

半端な糸をとっておいて

その糸で地割を作ります。

その結果、地割の色が微妙に違った感じになっています。

 

色使いのポイントとしては

色のトーンを同じにすることで統一感がでます。

 

 

 

矢羽根模様のほうは、縦糸が多く使われています。

古い手まりで『つづれ』と呼ばれる模様があります。

その手まりは、半端に残った糸を集め

縦糸として巻き、帯は通常の帯と同じように

糸を巻き、千鳥で抑えたものでした。

 

 


★つづれ、と名づけられた手まり


 

織物で『つづれ織り』と言うのがあるのですが

特徴は表面に長く糸が渡っている物です。

これは横糸だけで模様を作っているためと聞きましたが

私の印象では糸を引っ掛けて

模様を傷めそうであまり好きにはなれなかった織物です。

 

 

『つづれ』と名づけられた手まりがあります。

この手まりは、あまり糸を縦に何色も巻いて

帯は通常通り、普通に巻き、千鳥で抑えたものです。

 

『つづれ』の手まりは面白いとは思えなかったのですが

この指貫模様と合わせてみたら・・・

と思い、作ってみました。

 

通常どおり16等分の地割をするのですが

この糸を1色決め、自分にだけわかる色にします。

地割の糸はこの1色で行います。

地割の間に、半端に残っている糸を1-2本

ほぼ等間隔に巻き、模様を作ります。

 

私は紫色の矢羽根模様の手まりに藤と名づけました。

これはある方のブログで

非常に見事な藤の鉢植えの写真を見たからです。

その藤のイメージで作ったものです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com