管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

手まりのさまざまな技法と種類


★手まりの模様と、難易度


先日、ある方から質問を受けました。

「手まりで所定の模様を作るには

どのようにしたらいいですか?」

 

残念ながら写真でその模様を見ていないので

即答することが出来ないのですが、質問では

「思い出の布を使った手まりが作りたい」

というお話でした。

 

私が現在、Web講座で準備中の作品は

本当に入門者向けの作品になります。

その為、1年間の講座では基礎技法の解説と

ほんの少しの応用だけで終わってしまいます。

 

昭和50年ごろ、多くの難易度の高い作品が発表されたので

古典模様はほぼ全て初級扱いとなってしまいました。

 

 

しかし、初級でも、基礎技法を習う入門

入門が出来ていればすぐに作れる星1個

星1個よりは正確な技術と忍耐力が必要な星2個

正確な技術がないと作ることが難しい星3個

大雑把に分けてこのくらいレベルがあると思うのです。

 

私が作る手まりは『糸かけ まり』という種類ですが

ここに刺繍の技法を入れると星1つぐらい難易度が上がります。

 

つまり、基本技法に別の技法を加えると星1つくらい

難易度があがります。

 

いずれも今回の講座では難易度があがるので

扱っていない作品になります。

 

三菱模様と花

 

緑色の三菱模様の中に花を入れた作品

これは初級の星2個くらいのレベルになります。

手まりの表面を全て刺繍糸で覆い

模様を作っているのですが

比較的、技術の正確さは求められない作品です。

 

紀州の梅

 

しかし、紅白の梅(紀州の梅という伝統模様です)

こちらは、三角形と五角形を交互にかがることにより

梅の模様が出来上がるようになっています。

こちらの作品は正確な地割(手まりの表面を分割する作業)

正確なかがり(模様を作る技術)

正確な土台作りの技術があって初めて模様が完成します。

 

つまりそれだけ難易度が高いのです。

それでも、この作品はこの種類のものの中では

入門的な位置にある作品です。

交互にかがれば完成するのですから。

 

途中で糸をくぐらせ織物を作るような感じで

模様を作っていく作品になりますと

またレベルがひとつ上になってきます。

 

市松つむ型

 

 


★思い出の布を使用した作品


 

また思い出の布などを入れながら

手まりをかがる布貼りの技法を組み合わせたものもあります。

私はまだ手がけていないのですが

三菱模様の花の部分に布を入れることも

可能になります。

 

緋桜

 

桜の手まりの水色でかがった部分

ここに布を入れる事も可能です。

 

最初に手まりのかがり方を覚え

2個目以降にチャレンジすることは可能になります。

 

1段目をかがり、所定の場所の面積、形

これらが決まりますので、その位置に布を当て

所定のサイズに布を切っていきます。

地割の糸や、模様の糸を切らないように注意しながら

布を切り、仕付け糸などで仮止めをします。

布がゆがんで無駄なしわなどが出ないように

細心の注意が必要になります。

 

仮止め後、模様をかがり、手まりに完全に布を止めます。

仮止めをどの位置で行うか?

その糸は後で抜くのか、抜かずに上から模様で隠すのか?

これらによって布を抑える糸も考える必要があります。

 

つまり、別の技法を合わせようと考えた場合

2つの技法の知識

特に布はほつれるという問題がありますので

その部分に対し、どう対処するのか?

 

ほつれ止めに裏から接着芯を貼るという手法も考えられますが

布の面積と手まりのバランス

これを考えたとき

布にしわが出ないか?

これらもテストする必要があります。

 

出来ると思って手がけたけど

思い通りに出来ず断念してほどく結果になる事も

想定しないといけません。

 

 


★全ては考察とチャレンジ


 

私も実は以前考えたことがあるのです。

布に刺繍をしておき

その布をかぶせ、縫いとめれば・・・

刺繍を手まりにする事は不可能ではないけれども

いろいろな部分で課題があります。

でも、布に刺繍が出来れば一気に解決・・・

 

しかし甘くなかった・・・

布を使うとなると布はどの性質の布が良いのか?

布のほつれるという性質をどうクリアするか?

しわが出ては美しくない。

 

一見簡単に出来そうな物でも

多くの課題が出てきます。

それらをどうクリアさせるか?

ここが作り手の腕の見せ所?

 

なぜなら過去チャレンジし、

成功した人がいるのですから。

私も理論的には理解していますが

まだまだの技法が多々あります。

 

 

祖母がよく言っていたそうです。

 

まぁ、やってみれば良いさ。

 

その通りです。

基本がわかった後、チャレンジし

試行錯誤を繰り返し、結果として何が残るのか?

何事も試してみないとわからない部分はありますから。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com