管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

手まりの色使いと写真について


★祖母、母、私・・・色使いが違う?


 

今日は手まりの色使いと写真について

少しお話しようと思います。

祖母、母との親子3人展を開いたとき

展示会に来てくれた私のピアノの先生が言いました。

 

それぞれ3人とも色使いに個性があると。

その一言に非常に驚きました。

 

他の方の作品を見ていて

この方の個性はこういう傾向なのね

このように感じることは多々あります。

 

しかし、私は祖母と母の作品を見て育ちましたし

母の作品に関しては一部の色使いについて

私がアドバイスしていた頃もあったのです。

 

でも、私のピアノの先生は

3人とも似ているけど違うというのです。

やはり畑は違えど芸術家の端くれ

そう思った瞬間でした。

 

 


★私は最初から色彩感覚が良かったわけではない


 

私は元々色彩に関して良かった訳ではありません。

小学校入学し、最初に書いた絵は

悲惨を通り越していましたから。

今でこそ、素敵って言ってもらえる作品が

作れるようにはなりました。

小学校入学後、絵の先生のところへ通ったり

多くのさまざまな物を見聞きしたりして

全てを溜め込んだ結果です。

 

つまり、今、並より少し良い物が作れるのは

それなりの経験から得たものです。

 

今、私の作品のレッスンの元は

小学校のときの絵の先生に習った

「よく見て!」

です。

小学校のときの絵の先生には感謝しています。

 

手まりの本は多数出版されていますが

ある時期の本は難しすぎ

私にもまだ手を出すことが出来ません。

そしてそれらの本の作品でも

この色は私の好みではない

そういう物もあります。

 

また過去、私は好みでないと言った物でも

現在だとこの色使い取り入れたい

そう思うものもあります。

 

また海外の方の作品を見ていて

私たちとは明らかに色使いが違う

そう感じる作品もあります。

 

おそらく生まれてから今まで見てきた景色

これが違うから

出来上がりの作品も違って見えるのかもしれません。

 

 

最近、複数箇所で感じたことがあります。

1箇所はヤフオクで

もう1箇所はある方の個人ブログで

もう1箇所はピンタレストで・・・

 

共通項は

1つずつの作品はそれなりに綺麗なのに

まとめて写真を見ると

美しくない・・・

全部同じに見える。

 

なぜだろう・・・

 

ヤフオクの場合は

使用されている色糸が同じ色3-5色だけで

作品が作られていて

模様が違うのに全部同じに見える。

 

1つ1つはそれなりに・・・

なのにどこか投げやりな

そんな印象を受けたのです。

 

 

糸の性質、写真を撮った方の思い?

糸の性質はリリアンでしたので

それは大きいと思います。

撮影する人の思いが

写真を通して伝わるのか?

これはまだ不明です。

 

ただこの方の場合は

某古着屋さんがまとめてどこぞから引き取った

そういう感じですね。

 

では自分が写真を撮るときどうなのだろう?

手順の写真は

ここを伝えたい!

そういう思いがありますし

作品出品のときは

なるべく綺麗に・・・可愛く?

そう思っています。

 

最近ではアマゾンに出品する都合上

背景は無地の布になるようにしています。

 

 

 

ある方のブログの場合

その方は使用する糸は専用の手まり糸で

最近はミニ手まりを多く作っています。

 

専用の手まり糸を使用していますので

小さい手まりは作品が粗く見えます。

1個1個はそれなりに・・・

なのですが、しかるべき数を

まとめて箱に入れて写真を撮られていました。

 

しかし、その写真を見て

なんかすごく、ぞんざいな印象を受けたのです。

作るスピードも糸が太いのも大きな理由ですが

とても早い方ですし

だけどなぜだろう・・・

ちょっと残念な感じだったのです。

 

箱の入れ方?

でも、所定の場所に

まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのように

手まりを転がした写真なのに

美しいと感じた事もあるのに・・・

 

 

やはり、写真を撮る人の思いなのか?

と考えるしか無かったのです。

私のfacebookページのカバー写真

これは、某写真屋さんに撮っていただきました。

 

 

本当は背景を白い布にしたかったのですが

私が持参しなかったから・・・

お店にたまたま赤い布があったので

その布をお借りしました。

 

よくよく見れば

1つ1つの手まり、もうちょっと角度を・・・

と思う部分はありますよ。

でも、写真屋さんのご主人様も

写真を撮る時、一瞬空気が変わったのを感じました。

 

精一杯の本気・・・

それが感じられた瞬間です。

 

そういうのってたった1枚の写真からでも

伝わるのかな?

そう感じたのです。

 

 

限られた色しか使っていないのに

どれも素敵に見える作品と

なんかどれも同じに見える作品・・・

これはどこに違いがあるのだろう・・・

この答えはまだ出ていません。

 

写真からは撮った人の思い・・・

メッセージ性の強い写真なら感じることはありますが

手まりの作品写真の場合、どうなのでしょう?

 

でも、ぞんざいな感じがする・・・

どれも同じ

これは思われたくないな・・・

と思った次第です。

 

 

ここだけの話

私は、ある時期まで主人に

写真を撮ってもらっていました。

スマホを持つようになり

自分で写真が撮れるようになりました。

 

主人に撮ってもらった写真の中には

気に入らないものも・・・

やはり写真を撮る時の思いなのかな?

そう感じてしまうのです。

 


 

 

写真の手まりは『星つなぎ』です。

祖母が好きだったデザインです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com