管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

手まり、『菊曼荼羅』の作り方

    手まりの作り方, 手まり講座1年目

手まり講座の作品を紹介しています。

36個目の作品は『菊曼荼羅』です。

 

 


★『菊曼荼羅』の製作ポイント


 

基本の菊は赤道からスタートして

花の中心部、隣の列へ糸を運びます。

この方法でも花びらの糸の重なりは楽しめるのですが

重なり方が少ないのです。

 

この菊の場合は赤道側からスタートして

隣・・・ではなく

1個おいてもう1つ隣をかがる事で

花びらの重なりの色を豪華にする事が出来ます。

 

 

ただし、注意点が2個あります。

上下同時に作ることは出来ません。

多くの場合、15等分または、16等分の地割で

作ると思いますが

赤道から15等分または16等分ずらした位置から

かがり始めます。

 

もう1点の注意は

花の中心を開く事です。

つまり花びらのそれぞれの角度が

鈍角になる必要があるのです。

 

鈍角になる事できれいに模様を作ることが出来

花びらの重なりを作ることが出来ます。

 

 

 


★私は長い間、この菊を上手に作れなかった


 

実は長い間、私はどうしても

この曼荼羅菊の花びらの重なりが

上手に出来なかったのです。

 

母も祖母もこの菊は作っていませんでした。

祖母は上下同時の菊は作っていました。

母は上下同時の菊は好まず

基本の菊しか作っていなかったのです。

 

そして私が手まりを作ろうと思ったのが

母が他界する数ヶ月前・・・

母のお弟子さんたちの基準で言えば

数年分のレッスンを数ヶ月に凝縮して習い

母を看取ったのです。

 

手元に残されたのは祖母と母が残したノート

そしていくつかの手まりのテキスト。

 

 


★手まりのテキストが難解と言われる理由


 

手まりのテキストが一般的に難解といわれる理由は

1つは球体を平面にし、手書きのメモ

これだけが添えられていること。

簡単な作品の作り方説明はついています。

 

所定の作品には簡単なメモしか製作方法がありません。

それを読んで理解できなければ

まだそれを作る域に達してないということになります。

 

 

それでも理解のよい人と

読み解くのが苦手な人がいまして

祖母の近所にもいらっしゃいました。

 

とてもアクティブな方らしく

よく出かけてきた時の土産話に、花を咲かせていました。

 

その方が、祖母のところに材料の糸を持ってきて

今度、これ作りたいから教えて欲しい・・・

と言って帰られるのです。

 

祖母は本を見ながら勉強していたのを

何となく覚えています。

 

基礎がわかり注意深く糸の流れを読んでいくと

おおむね作り方がわかってきます。

その結果、写真から復元が可能になるのです。

 

でも、私は長い間この菊曼荼羅が

どうしても上手に作ることが出来なかったのです。

 

 


★ようやく、綺麗に作れた!


 

そしてある日・・・

もう一度注意深く写真を見て、

自分が作った作品と比べてみました。

写真と自分が作った作品のどこが違うのか・・・

 

 

私は、よく似た絵を2つ並べ

違う場所を5個探しなさい・・・

このような問題が、非常に苦手なのです。

どうしても最後の1個か2個探すことが出来ないのです。

 

注意深く見ていくうちに

最初の1点は簡単に見つけることが出来ました。

花の中心部です。

私は閉じたタイプで作っていましたが

見本の写真は開いていました。

 

そしてもう1点は赤道を見たとき

この菊は2つの花を別々に作るタイプだとわかったのです。

 

上下同時に作りますと

赤道からかがり始めますので

花びらが鋭角になるのです。

また花の中心も中央を開くタイプですので

花びらが鈍角になるのです。

 

つまりこの2つの理由で

花びらが鈍角にならないと

きれいな花の重なりが出来ないのです。

 

 

ようやく理論が理解できましたので

早速作ってみました。

今まであんなに苦労したのが

理由がわかり、すっきり解決になったのです。

 

この手まりは

花びらの中心を開くのも理由があり

上下同時に作らないのも理由があったのです。

 

まだ他にも2つの花で菊を作る

でも、これとは違ったかがり方で作る作品があります。

今回の1年間の講座では紹介することが出来ませんでしたが

出来る限り多くの模様の作り方を残す

これが私のライフワークですので

また別のタイプも作りたいと思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com