管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

手まり、『クレマチス』の作り方

    手まりの作り方, 手まり講座1年目

★『てっせん』と『クレマチス』なじみの良いのはどちら?


 

準備中の手まり講座の作品を紹介しています。

34個目の作品は『てっせん』です。

『てっせん』と呼ぶより『クレマチス』と呼んだほうが

なじみが良いかも知れません。

 

 

この作品も某社のキットにあったものですが

かがり方としては菊の変化形になります。

 

大きい花を先にかがり

その後、小さい花をかがりながら上に乗せていきます。

 

キットの作品は大きい花をかがるとき

薄い色から濃い色に。

小さい花は濃い色から薄い色になっています。

 

色の使い方としては土台の色とバランスを見て選ぶこと。

作品だけでなく、出来れば本物の花を

無理であれば花の写真を見て色を決めてください。

 

全体の色合いをどうするかも大切ですが

花びらの色のグラデーションも

どうするか?

本物をそのまま写すのもよし

色を決める時に土台の色とのバランスを考えて

変化をつけるのも良し

この辺りは作り手の感性で決まってきます。

 

作品を作るにあたり

イメージの中では、

クレマチスを知っていたつもりなのですが

改めて画像検索をしてみたら

ずいぶんいろいろな種類の花があり

色合いもさまざまでびっくりしました。

 

 


★祖母や母が好んだ『てっせん』は別のデザイン


 

ちなみに祖母も母も

てっせんの花は作品として作ったことはありますし

『手まり12ヶ月』

(1個の手まりの中に12ヶ月の花を入れた作品)

として、てっせんを作り

12個の花の手まりも母は作っていたのですが

てっせんは、このデザインではなく

別のものを使用していました。

 

手まりの花も折り紙と同じで

色使いと見た目でいかにそれらしく見えるか?

という部分がありますので

同じ名前を持つ作品で違うデザインの作品は多いです。

製作する場合、どれが正しくてどれが違う・・・

このような事はありませんので、安心してください。

 

作り方のポイントとしては

大きい花を作り終わるまでは特に問題は無いと思います。

ただ、小さい花を上から乗せた時

花の中心部をかがるとき

大きい花の糸をひっかけてしまう危険があります。

そこを注意して模様を作る必要があります。

 

 

この作品でも一番の課題が

この小さい花を上から乗せる時であり、

それを考えて大きい花の中心の糸が

あまり大きくならないように

大きくすくわないように

細めで作るのがきれいに作るコツになると思います。

 

今回は赤道部分は特に何もせずに

花びらと花びらがつながるような感じで製作しました。

そして空間を松葉(*のようにステッチを入れること)

でまとめましたが、通常通り帯を巻き

赤道部分を作っても良いです。

 

また空間も

帯をかけた時、どのような、かがり方でまとめるか?

これも作り手の腕の見せどころになってきます。

一番簡単な方法は松葉でまとめる方法ですが、

多くの手法を覚えながらいろいろ試すのが良いと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com