管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

時給いくらの仕事をしているの?!?!

    手まりの雑学, 私と手まり

★手まりはどんなに簡単な作品でも、それなりに時間がかかる


 

時々、他の手まりに関する

ブログを書いている方の記事を読みに行きます。

ひたすらマイペースなのはどの方も共通ですが

(更新頻度も)

作るのに小さくて比較的時間のかからない作品でも

数時間は必要です。

 

短時間で作れる作品と言いましても

5時間前後は必要となります。

 

以前から気になっていた事があります。

当然ながら他の方が作品をいくらで販売しているのか?

お教室のレッスン料はいくらなのか?

これらが非常に気になっていました。

そして定期的に各種サイトを周り確認しています。

 

そして今回ある方のブログを見ていて

とても悲しくなったと同時に

だから後継者がいなくなるのだ!

と感じたことがあります。

 

その方は某有名どころの作品展示会に行って来たようです。

そこでいくつかの作品を写真に撮り

その写真にはばっちり作品のお値段が・・・

 

そしてその方自身もブログの中で言っていましたが

糸代程度のお値段ねと。

 

 


展示即売を行うときは会場を選ばないと・・・


 

展示会の会場を公共の施設(市役所内会議室とか)

にしてしまうと営業活動が出来ない場合があります。

以前、某会場を借りたとき

利用規約にそのように書かれていました。

 

この時は同人誌の販売を地元でも行おうと

悪友たちと画策し、市で運営している施設を借りたのです。

そしてその運営規約に営利目的で無いこと。

入場者から入場料を取る行為の禁止。

とありました。

 

当然、さまざまな業者さんが展示会等を行い

そこで物品販売がされていたのはリサーチ済みだったのです。

 

ここで私たちがとった行動は

入場料は只。(これは当然)

出店者は場所を借りるための会費として所定金額を納める。

運営の利益は、なし。

出店者が所定の物を販売するのは自由。

 

このように書類を書き、

無事会場を借りることに成功しました。

 

現在同じことが出来るかどうか

これはわかりません。

何せ、30年も前、高校時代に

相性の良い学校の先生名義で(当然先生も了承済み)

会場を借りたのですから。

 

民間施設を借りるのであれば

販売活動も自由に出来ます。

しかし、同好会的な集まりで

展示即売等を行う場合、公共施設を借りてしまうと、営利行為の禁止

と書かれているために販売活動に制限が出ます。

 

でも、そこのグループは他所でも

泣きたいお値段で販売しているのを

私は確認済みです。

 

 


技術料をしっかり頂きましょう!


 

また別グループもやはり

泣きたいお値段で販売されているのです。

年金生活者が小遣い稼ぎに・・・であるならまだしも

それだけの作品が作れるようになるまで

どれだけの時間がかかっているのか・・・

 

またそれなりに作れるようになった方が

その作品を作るのにどれだけ時間をかけているのか?

 

以前ツイッター等でイラストを描く方が

技術料をなんと心得る!

これを描くのにどれだけの時間がかかると思っているのだ?

 

このように言っていましたが

私も激しく同意します。

 

特にオークションサイトなどの価格を見ますと

泣きたい価格で出品されている場合があります。

これが自宅保管品、諸事情による処分品であるなら

仕方がないです。

 

 


あなたの時給はいくらですか?!?!


 

しかし、自分で作り、自分で販売する場合

あなたの時給はいくらですか?

それを作るためにどれだけの時間が必要でしたか?

せめて、コンビニでバイトするくらいの時給は頂きましょう!

 

手作り品販売サイトなどでの価格を見ますと

ご自分で作り、販売されている方の作品は

しかるべき金額になっています。

 

そして、作り手と販売者が違う場合

正直泣きたい様なお値段で出されています。

つまり、価値がわからずに出しているのだと

推測します。

 

私は25番刺繍糸をメインに使用していますが

これが5番刺繍糸や専用の手まり糸などを使うと

もっと早く作品が出来上がることを知っています。

しかし、これらの糸は太いですから

作品が荒く見えるのです。

 

細い糸を引き揃えて作品を作る場合

所定の手間が、かかりますので

どうしても時間が、かかってしまうのです。

 

しかし、太い糸では表現できない

繊細な印象を持った作品を作ることが出来ます。

やはりそれなりに保存され

時間が経過しても良さが伝わる作品を作りたいですので

出来る限り今のスタイルで作りたいと考えています。

 

ある模様に関しては今後

どうしても所定の太さの糸を使用しないと

作ることが不可能な作品も出てくるかもしれません。

そうなった時にはそれなりに考えようと思っています。

 


 

 

今回の手まりは、藤棚のイメージで

「矢羽」です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com