管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

菜の花畑の手まり、予定通り進行中

    日記

昨日は、午前中、銀行関係の用事がありましたので

行ってきました。
 
 
 
帰宅後、製作作業開始です。

菜の花畑の手まり、順調に作業、進行しています。

さすがに144面体、糸の交点を留めるだけの作業ですが

数が多く、もう少しかかりそうです。

あと2日くらいか?

とも思いますが、今日、明日は雑務の予定が入っているので

どれだけ作業ができるか未定です。
 
 
 
よく、作品練習中の方が

思ったように出来なくて、何回もほどいて・・・

などと聞きます。
 
 
 
私は、ほどかないで作ります。
 
 

 
 
失敗と思ったケースの場合

2種類のパターンがあります。
 
 
 
1、イメージどおりに出来なかった。

これは、色使い、技術面、両方に言えます。

模様のサイズが小さくて作れなかった。

このようなケースもあります。
 
 
 
2、作り方が間違っていた。

自分には完成することが出来なかった。
 
 
 
こういう時、私は糸をほどいて使うことをしません。

私が取る選択肢は2種類です。
 
 
 
その作品を放置するか?

それとも継続して何とか形にしてしまうか?
 
 
 
放置する場合は、悪い見本として

次回、完成できるように残してあります。

でも、新しい作品で完成できたとき

放置の作品は、別の作品に生まれ変わります。
 
 
 
色使いが・・・

技術的に気に入らない。

そのような作品は大量にあります。
 
 

 

 
 
正直、一部の作品を除き

全ての作品が、自分自身にダメだしをしています。

あそこが汚い、ここが悪い。

技術的に言って

自分で綺麗にできたと思う作品はどれだけあるのか?

ほとんど無いと思います。
 
 
 
それでも、作品が完成したら

所定のお値段をつけて、販売サイトへ出してしまいます。
 
 

 
 
色使いも同じです。

作品のイメージとして

この作品はこの色使いで。

と決定が出ているものもあります。
 
 
 
しかし、自分としては

このイメージが上手に出せなかった。

そういう作品もあります。
 
 
 
でも、作っているとき

仮にイメージが上手に出来なくても

とにかく完成させてしまうのです。
 
 
 
途中で方向転換ができる物であれば

修正を加えますが

修正不能な場合、とにかく作品を完成させます。
 
 
 
なぜなら、自分としては色がイメージどおりにならなくても

お客様は、その作品を気に入ってくれる場合もあるからです。
 
 

 
 
私は作り方の記録を残すのも

ライフワークの1つにしています。
 
 
 
だから失敗と思っても

とりあえず完成まで持って行くのです。

その結果、次に製作するとき

どうすれば作りやすいか?

初めて作る人にとって

わかりやすいか?
 
 
 
どうすれば失敗無く、綺麗に作ることが出来るのか?

これらを考えながら、とりあえず作品完成まで

何が何でもこぎつけるように製作します。
 
 
 
最後までたどり着ければ

2個目、3個目を作るとき

どうすればもっと簡単に、綺麗に出来るかを

自分の中で確認できるからです。
 
 
 
確認が出来れば

それが正しかったのか?

検証を兼ねて2個目、3個目の

色違い、イメージ違いの作品を作る事が可能になるからです。
 
 
 
どうしても完成できなかった作品

これらは上から毛糸を巻きなおし

表面を整え、一回り大きい作品として

作り直します。
 
 

 

 
 
上手に作れなかった作品を再チャレンジになる場合と

全く別の作品に変わる場合があります。

これはその時の状況で変わります。
 
 
 
なぜ、私が糸をほどかないか?

これはほどく時間は案外、時間がかかるのです。

時は金なり。

ほどく時間が無駄だからです。
 
 
 
ほどきながら、いろいろ考えてしまいます。

この考える時間も無駄だからです。
 
 
 
ただ例外的に1針だけほどく場合があります。

これは細かい模様になった時

うっかり、別の糸を引っ掛けてしまった場合です。

これはどうにもならないので

針を抜き、ひっかけた場所をほどき

糸を整えて続きをかがります。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは桜です。

桜の花が日本の象徴と言われますが

その理由の1つに

日本全国、本当の真冬を除き

どこかで桜の花が咲いているからだそうです。
 
 
 
一般に関東圏では4月に咲く桜が

ヨシノ系だと言われています。
 
 
 
でも、私はヨシノ系のものより

山桜のほうが好みです。
 
 
 
ヨシノ桜と山桜の大きな違いは

ヨシノ桜の場合、花が咲き、花が終わってから

葉が出てきます。
 
 
 
山桜の場合は、葉と花がほぼ同時に出てきます。

葉の色も若葉の緑の場合もありますが

少し赤みがかった、小豆色に近い物もあります。
 
 
 
ピンク1色ではちょっとバランスが悪い気がして・・・

その点、山桜は少し咲く時期は遅いですが

緑の中に薄いピンクや白い花が咲きますから

色のバランスが良いです。

そういう理由で、私は山桜が好きです。
 
 
 
ついでにお花見をするという点でも

山桜は時期が遅く咲くので

ほどよく暖かくなり、すごしやすい時期に

気分良くお花見が出来る点が、好みの理由です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com