管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

手まり、製作できず・・・

    日記

昨日は1ヶ月に1回

ご挨拶に行っていうところへ行ってきました。
 
 
 
そしてその近くにある某所へ

あるご相談に・・・
 
 
 
そこで自分がいかにウラシマさんだったか

思い知らされる結果になりました。
 
 

 
 
母の遺品をようやく整理しようと決心したのですが

絶対残す物、少しは残したいけど・・・

完全に手放してよい物。

と、自分の中でグループを分けました。
 
 
 
完全に手放そうと決めた物

主に、着物とお茶道具です。
 
 
 
倉庫として借りている場所があるので

その代金も無駄になります。
 
 
 
本当に欲しい物を手元に置き

その他はしかるべき方法で手放そうと決めました。
 
 
 
しかし・・・

どこにどうやって手放せばよいか・・・
 
 

 
 
物の命と考えたとき

その物が生かされる方法を選びたいです。
 
 
 
特に着物に関しては

それなりに価値を見るポイントがあります。
 
 
 
しかし、需要がない

その一言で、タダ同然になってしまう現実。

これは非常に悲しかったです。
 
 
 
一時期は私も和裁士を目指していた身。

正直、自分が学んできた全てを否定された気分で・・・
 
 
 
 

 
 
でも、ある方のお言葉。

着物より手まりを選んだほうが正解だった。

手まりだったらまだ、飾っておける。

着物は飾っておけない。
 
 
 
この一言は救われました。

私が選んだ道は間違っていなかった。
 
 
 
私が習った先生は

着物は3回縫い直せると。

でも、私が習ったとき、既に縫い直しの需要は減っていました。
 
 
 
 
 
自分が着物を着るのか?

そう考えたとき

所定の改まった席に着て行くとき

洋服だと悩みます。
 
 
 
着物だったらTPOがわかります。

でも、そういう場での着付けは

正直、一人では苦しいです。
 
 
 
浴衣やそれに近い物で

文庫だったら結べるけど・・・

お太鼓はちょっと自信が無いです。
 
 

 
 
自分を思いっきり見せたいとき

何を着るのか?

着物を着たいけれども正絹は後の手入れが・・・

外出時、杖使用なので、

やはり作務衣は気楽です。
 
 
 
本当にドレスアップしたい時

貸衣装・・・と考えてしまいます。
 
 
 
自分が着ないのだから

他者にそれを求めるのも・・・

お茶やお花をする人が減ったから・・・

と言われました。
 
 

 
 
これも時代の流れです。

寂しいと同時に、悲しいです。
 
 

 
 
どうかそれぞれの物が、幸せになれる場所へ

無事にたどり着けますように。

今はただただ、それを願うのみです。
 
 

 
 
今日も手まりストラップの紹介です。

土台の色を変えて

花びらの色を変えるだけで

印象が変わってくる。

これも手まりの魅力の1つです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com