管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

星の手まり、星6個目途中。テキストのサイズ。

    日記

昨日は買出し日だったので

午前中、行って来ました。

毎回、何かしら買うものを忘れてきます。

ま、何とかなるでしょう。
 
 

 

 
 
作りかけの星の手まり

12個の星を作らなければいけませんが

6個目の途中で時間切れになりました。
 
 
 
5色の糸を合わせて使用していますが

イメージどおりの色合いになってきました。

ミニサイズでテストをしていますが

やはり正規サイズでは、いろいろな点で

イメージが変わってきます。
 
 
 
概ね、理想どおりに出来てきたので満足です。
 
 

 
 
現在、作っている星の手まりは

受注品で、中に仕込む物の関係上

いつものビニール袋にもみがらを入れる方法は

使用することが出来ませんでした。

まだビニール袋が無かった時代

どうやって作ったのか?

これを考える必要がありました。
 
 

 
 
讃岐かがり手まりを作る方たちは

昔ながらに、和紙でもみがらを包んで作っています。
 
 
 
鈴入りの手まりは直径12cm以上と決めているので

もみがらはカップ5杯必要です。

 

 
 
模様だけを言えばもっと小さくても作ることが出来ます。

しかし、鈴入りにするためには

箱の角が当たらないように

所定のサイズにする必要があります。
 
 
 
その為、直径12cm以上としています。

そしてもう1つ理由があります。

鈴の箱を手まりの中心に置きたいのです。

なぜなら、待ち針が刺さらないからです。
 
 

 
 
しかし、今回はビニール袋が使えず

布で包んで成型した都合上

いつもの方法は全て使用できませんでした。
 
 
 
つまり、鈴の箱も手まりの中央に入らず

幾分、偏った位置にあります。

そして、音の状況をみたくて

今回、木箱に鈴を入れています。
 
 
 
木箱が良かったのかどうかは

まだわかりません。

しかし、これが紙箱であれば

針に当たっても穴を開ける事が出来ます。

木箱なので針に当たったとき

穴を開ける事が出来ませんでした。
 
 
 
これも作りにくさの原因の1つになっています。
 
 
 
模様作りが進み

待ち針を抜いても良い状態になれば

関係なくなります。
 
 

 
 
また、私はさらしを使用して

もみがらを包みましたが

さらしが最良の素材とは言えません。
 
 
 
ただ目の前にあったから使った・・・

それだけの理由なのです。

裏地などの薄い布のほうが良かったのか・・・

それとも、紙のほうが良かったのか・・・

正直、通常とは違う素材で作ったので

わからないと言うのが本音です。
 
 

 
 
袋に塗ったほうが扱いは楽だったと思いますが

手縫いで縫った場合

よほど細かい縫い目にしないと

縫い目からもみがらが落ちそうな気もします。
 
 
 
もみがら以外の素材

かんなくずや、布団綿などを使用する場合を考えると

袋に縫うより、布で包んだほうが扱いは楽だと思います。
 
 
 
その布に何を使うか?

これは経験を積まないと断言する事ができません。
 
 
 
通常はビニール袋を使用しますので

次に機会があれば・・・

と思っています。
 
 
 
 

 
 
今回の手まりは直径約12cm

円周は37cmありました。
 
 
 
次回作る予定の手まり

天道虫を予定していましたが

その前に、いくつかの作品を試さないと

天道虫は作れないことが確定しました。
 
 
 
手元のテキストは

天道虫のサイズを円周33cmとしています。
 
 
 
しかし、私は写真とデータで

手まりのデザインを知っていますが

その手まりがどのくらいのサイズなのか不明です。
 
 
 
なぜなら、販売サイトのデータであれば

ほぼサイズの間違いはありません。

しかし、テキストの場合

書き方の雛形を作り

それを元に必要な所を書き換えるだけ

と言う場合も多いです。
 
 
 
そして、星の手まりを作りながら

地割を見て、所定の部分を1/6するとした時

そのサイズで天道虫を作ったり

花模様を作るのは、ほぼ不可能

という結論に達しました。
 
 
 
その上の直径15cmの手まりで作品を作ったとき

円周はいくつになるのか?

所定の場所の面積はどの程度になるのか?

これを確認する必要が出てきました。
 
 

 
 
ちょうど作りたかった模様の手まりがあるので

その模様を作りながら、面積とサイズを確認しようと思います。
 
 
 
このように技術的に、理論的に

作れると理解できても

実際に形にするためには

サイズ、その他の確認をしないと

実際には作れない・・・

特に細かい分割の場合、そういう傾向は強くなります。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「矢車菊」です。

春が待ち遠しく、

パステルカラーが恋しい時期になってきました。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com