管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

小さい手まりの土台作りと加工方法

    手まりの作り方, 手まり講座1年目

★小さい手まりの土台作り


 

最近は手まりを小さく作り

ストラップ等に加工するのが流行っています。

 

まず土台の作り方ですが

多くのテキストは化繊綿やキルト用の綿に

直接ロックミシン糸を巻きつける

と書かれています。

 

この方法だと初心者には少し難しいのでは?

私はそう感じます。

 

私は土台の材料に籾殻(もみがら)を

使用していますので

通常サイズの手まりを作るのと

ほぼ同じ方法で土台を作っています。

 

 

 


★小さい手まりの土台の材料


 

まず土台の材料ですが

小さい作品の材料と考えたとき

その後、ストラップ等に加工するか

それとも小さいままで楽しむのか?

これで土台材料として使える素材と

避けたほうが良い素材に分かれます。

 

まず、小さいサイズのまま

加工をせずに楽しむ場合は

土台材料を選びません。

古着でも何でも使用可能になります。

 

母は毛糸を巻いて土台を作っていました。

 

もし加工をする場合は

加工方法により避けたほうが良い

材料もあります。

 

 


★手まりの加工方法


 

一言で手まりの加工といいましても

我が家では母や祖母の作り方と

私の作り方ではだいぶ変わってきています。

 

私も加工方法については

いくつか試し、その都度変わってきました。

なぜならどの方法もそれぞれ

長所、短所があるからです。

 

ですので、出来上がった手まりを

どのように加工するかで

土台材料を選ぶ必要があるのです。

 

 

まず、母たち世代の古い加工方法です。

祖母や母は手まりの模様を作るのに

リリアンを解いて使用していました。

 

私はリリアンを使用しません。

リリアンは非常に安価な糸ですので

出来上がりも安っぽく見えるのです。

そして色あせしやすいという欠点があります。

 

素材が化繊の糸ですので

その点でも私は好みません。

祖母や母は、解かないリリアンを

手まりに通してぶら下げる紐にしていました。

 

 

このような方法の場合は

土台材料を特別に考えなくて良いです。

 

私は一時期、5番刺繍糸を通していましたが

この方法もあまり見栄えが良くないです。

 

ヤフオクなどで時々見かけますが

刺繍糸を編んで紐に加工している方もいます。

これはこれで良いと思います。

 

私が手まりの販売を始めたころ

行っていた方法ですが

携帯電話等に下げるということを考えると

所定の紐でないと

携帯電話につけることが出来ません。

 

そこで私が行った方法が

金属のリングを縫い糸や刺繍糸で

手まりに縫い付ける方法です。

 

しかしこの方法は欠点があります。

金属は糸と相性が悪いのです。

糸を切りやすいのです。

 

また最近のスマホは薄いので

隙間に落としたとき

ストラップを持ってスマホを引き上げる

こういう使い方をする方もいると

聞きました。

 

そうなりますと、糸を切りやすい

金属のリングを縫い付けるのは

一番簡単で見栄えも悪くないのですが

耐久性という点で問題があります。

 

そこで考えたのが

自作9ピンを貫通させる方法です。

9ピンは針金を曲げることで

簡単に作ることが出来ます。

 

ですが1点問題がありました。

金属と手まりの糸に接触する部分が

どうしても発生します。

その部分が手まりを傷める確立が高くなりました。

 

間に何か挟むことで

この問題を解決することにしました。

金属素材は避ける必要があります。

石も避けたほうが良いです。

 

 

そう考えたとき

パール系のプラスチックビーズが

目に留まりました。

一番気になったのは

全体的に見て安っぽく見えないか?

ここが一番の問題になったのです。

 

そこで試作品を作ってみたのですが

プラスチックビーズを選ぶとき

他の素材と比較して

違和感の無い物を選ぶこと。

2mmから4mmほどの小さいものを選ぶこと

これで違和感なく使用できることがわかりました。

 

 

土台の素材ですが

針金を加工して貫通させますので

その作業を行ううえで

製作しやすい素材を選ぶ必要があります。

 

また最初はきっちり巻いたほうが

土台が安定しますので

木綿糸を使用してきっちり巻き

表面を針どおり良くするために

綿で包みそれからロックミシン糸で

表面を仕上げることで

理想の土台を作ることが出来ます。

 

 

上記の手まりの加工方法は

最新バージョンになります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com