管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

手まり、お流儀の違い。地割(じわり)

    手まりの作り方, 日記

手まりを作るとき、土台の作り方だけでも

材料の違いがあり

時代によって変わってきた部分があります。
 
 
 
また時代によって入手しやすい材料と

入手しにくい材料が変わってきています。
 
 
 
入手しにくい材料を使った場合

その材料が手に入らなくなったとき

作れない・・・

それでは非常に問題だと思うのです。
 
 

 
 
私がスチロールボールを嫌うのは

存在感がないという理由が一番です。

しかし、手芸材料店が売れないと言う理由において

仕入れをやめてしまう。

製造会社が製作をやめてしまう。

そうなった場合、土台を自分で作れないと

製作することが出来なくなってしまいます。
 
 

 
 
スチロールボールが一般的になったのは

昭和45年以降です。

いつ販売されたのかは不明ですが

その頃から、少しずつスチロールボールを

使用した手まりが、みやげ物店で見かけるようになりました。
 
 
 
そして急速にスチロールボールを使用して

手まりを作る人が増えました。

その結果、自分で土台を作る人が少なくなり

俵など、土台から作らないと作れない作品が

姿を消していきました。
 
 

 
 
**********
 
 
 
土台を作った後に行う作業は

地割(じわり)お流儀によっては

柱立てと呼ばれる作業です。

これは手まりの表面を均等に分割する作業です。
 
 
 
大きく分けて2つのお流儀があります。
 
 
 
メジャーを使うグループと

紙テープを使うグループです。
 
 
 
母や祖母は紙テープを使用していたので

私も紙テープを使用して作品を作っています。
 
 
 
どちらが良いかは一長一短だと思います。

なぜなら、作り方の本を見たとき

古いテキストは、手まりのサイズさえも書いていないのです。
 
 
 
ある時期から手まりのサイズが表記されるようになりました。

多くのテキストは直径ではなく

円周で表記されています。
 
 
 
現在では10等分の組み合わせ地割(正五角形を12個作る)

は公式がありその公式に基づいて作られます。
 
 

 
 
しかし、古い方式の場合

円周の1/6より少し多く

と祖母は母に教えていました。
 
 
 
また、V字の定規を使うお流儀もありました。
 
 
 
現在、非常に細かい分割を正確に行うには

曖昧な物より、正確に電卓で計算し

公式に当てはめたほうが綺麗に作ることが出来ます。
 
 
 
この公式を導き出したのが

手まり作りの第一人者、高原先生と言われています。

高原先生の本を見ると

全て、手まりのサイズ表記が円周で書かれています。
 
 
 
おそらく、メジャーで地割を行うお流儀で

その製作途中で公式が確定されたのだと推測します。
 
 
 
しかし、公式がわかってしまえば

物差しと紙テープと電卓で製作が可能になってきます。
 
 
 
土台を作る段階で

手まりつくりを習っている方のブログなどを見ますと

土台のサイズを気にしながら

円周が所定のサイズになるように

糸を巻きながら調整する。

と書いてあるものを見たことがあります。
 
 

 

 
 
私からすれば

紙テープで地割を行うので

手まりのサイズはあくまでも目安であり

絶対的なサイズではないのです。
 
 
 
その為、直径**cmの毬としていて

サイズが多少変わっても

全く関係なく作ることが出来ます。
 
 

 
 
それでは本日も作業、がんばります。

今日の手まりは「桃の花」です。
 
 
 
梅は咲いたか

桃はまだかいな
 
 
 
と昔の人は言ったそうですが

春が待ち遠しいです。

旧暦で言うと花暦もほぼ合うのですが

新暦だと、およそ1ヶ月早いので

なかなか花も咲きません。
 
 
 
新暦になったのが明治以後なので

気候風土に合わない部分も多いのだと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com