管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

手まり教室、再開準備

    私と手まり

★手まり教室、母の療養中・・・


 

母は病気療養という理由で

個人レッスン、グループレッスンを

お休みしていました。

 

母の療養中、何人かの方に

あなたは(手まりを)教えないのですか?

そのように聞かれました。

 

正直言いまして

その時は、それどころでは無かったのです。

 

実家と現在の住まいは車で片道40分。

そして母が食べたいと言うものを用意し

それを持っていく。

通院の送迎。

その他、買い物の付き添い。

 

しかも母の病気がわかる直前の1年間

私は息子の保育園の送迎と、その他行事で疲れ果て

体調を崩し、1年間毎日点滴という状態だったのです。

主治医から入院という言葉も何回か出ました。

 

ようやく自分の体調が少し落ち着き

その矢先に母の病気発覚。

 

手まりは経験はあるものの

教えるなんてとんでもない!

そういう状況でした。

 

 

母が他界し、1年後に親子3人展を行う

手まりは1つ1つが小さい作品です。

展示会ともなると一人で開くには

100個以上用意しないと会場がさみしいのです。

 

市民文化祭のような会場でしたら

他の方もいらっしゃいますので

逆に一人何点と指定される場合もあります。

 

 


★手まり教室、再開準備


 

いくら自宅とはいえ

私の作品をしかるべき数用意しないと

生徒さんを呼ぶためのアピールも出来ません。

 

そして、特定の作品であれば教えることが出来ても

お教室となった場合

教える順序、教え方これらを組み立てる必要があります。

 

それまでパッチワークキルトや編み物は

先生を狙っていた時期もあります。

お教室の運営等、どのようにやっているかも

見聞きしてきました。

 

 


★教室運営、トコロテン先生が多い・・・


 

一人で全部が出来る人は少なく

輸入物の布などを販売しながら

お店の片隅でレッスンをしている方。

こういう方は一人で行っている場合が多いのですが

一般的なカルチャー教室では

いわゆるトコロテン先生が多かったのです。

 

つまり、自分でカリキュラムをくみ

一人で全部取り仕切れる先生は少なかったのです。

 

私が手まりのお教室を開いた場合

誰も手伝ってくれる人はいません。

 

ですので、まず、生徒さんに

教えるという事を考えながら

そのカリキュラムに沿って順番に

いくつかの作品を製作することにしました。

 

後になってから、母の手まりのノートも出てくるのですが

私の手元にあるのは祖母のノートだけ。

母から教わったことは本当に

すべて実技と口頭による解説だけでした。

 

それまでの母の教え方は

すべて口頭によるものだったようです。

つまり記録が残ってなかったのです。

 

そのような中で生徒さんに指導する

これを想定して作品を作りながら

テキストを作ることにしました。

 

この時は、ワープロを持っていましたので

ワープロを使用してテキストも作っていました。

(その直後にワープロの電池が駄目になり

Win98を購入する結果になるのですが。)

 

 


★手まりの糸は先生が用意してくれる?!?!


 

母は他のお教室と同じように

手まりの糸を生徒さんのために

用意していたようです。

 

でも私が習うときは

私が母の用意した糸が気に入らなかったので

全部自分で糸を用意していました。

 

ですので、母から習いながら

表面の糸をロックミシンの糸が良いのでは?

と思い、試しに購入し使ってみて

これが良いと確定したのです。

 

 


★私独自のカリキュラムを組み立てる


 

私自身、小学生のときとは言え

挫折した経験がありますので

挫折ポイントがわかっていました。

 

でも、そこで挫折していては先に進むことが出来ません。

手まりつくりは、イメージのレッスンです。

まず、作りたいものをイメージし

そのイメージに沿った土台を用意し

糸を用意します。

 

最初のレッスンは

地割が上手に出来なくても

そしてイメージを色に置きかえやすい

あめ玉の手まりになりました。

 

初めてお教室向けに作ったテキストは

フロッピーの時代から記憶媒体も変わり

その都度、私の頭の中にある物を

全部書き直しています。

 

今回、また新たにWeb講座を始めるにあたり

テキストも見本作品の写真も

すべて新しく作り直している最中です。

 


 

 

今回の手まりはデザインは

「あめ玉」と呼ばれる模様になります。

母とのレッスン中は花模様のものは別だったのですが

幾何学模様の場合は色遊び的要素が強かったです。

 

色遊びも悪くは無いのですが

上手に色を決めるのが難しいです。

今回の作品は、

葡萄のキャンディをイメージして作りました。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com