管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まりの土台作りに苦戦する

    私と手まり

★手まりの土台作りに苦戦


 

私が枡重ねの椿を作って持っていったとき

母は、まだ私の手まりが、やわらかいと言いました。

しかし土台の中身に古毛布を使用している以上

これより硬く作ることは不可能と思えました。

 

そして母は、次は

ねじり三菱の梅をしようと言いました。

 

 


★祖母が私に手まりをくれると言った日


 

私が子供のころ

祖母が私に好きな手まりを1個あげる

と言ってくれて

私は選ぶのだけれども

どれも、それは糸をたくさん使って大変だから。

 

それは針3本使って大変だから。

 

それは10等分の組み合わせで大変だから。

 

結局、この時私がどの手まりをもらったのか

覚えていないのですが

多分、菊ではないかと推測します。

 

 


★手まり、ねじり三菱の梅


 

 

ねじり三菱の梅 と呼ぶ手まりは

10等分の組み合わせ地割を使用します。

 

現在では非常に難易度の高い作品を

作る人がいるので

10等分の組み合わせ地割は

基礎作品のひとつに入れられています。

 

それでも基礎作品の中では一番難易度の高い物です。

 

そして母はこれなら作らないだろうと思ったような

意地悪な顔をしていました。

 

こうなると私も大人気なく

むきになってしまいます。

 

そして、私は次に会うとき

しっかり作品を作って持っていきました。

 

 


★手まりの通信講座のテキスト


 

私が母に

一番簡単なテキストがあったら貸して

と言ったとき、母は私に

通信講座で使ったテキストを貸してくれました。

 

そして、私はそこに書いてある

手まりのサイズを参考に手まりを作っていました。

 

私が母から習ったときには

すでに通信講座は無くなっていたのですが

通信講座には、修了生は

講座にある作品を販売することと

教えることを許可されていました。

 

母はお免状目当てで講座を受講していましたので

通信講座にはレベルが3段階あるのですが

すべての段階のお免状を持っていました。

 

ところが、母は私の手まりは大きいと言うのです。

テキストどおりに作ったのに

なぜ???

 

そうなるとひたすら小さく作ってみようと

入れ子細工よろしく

少しずつ同じ模様を小さく作ることに

チャレンジしてみました。

 

 


★リリアンで作る手まり


 

母が作る手まりは

リリアンの手まりがメインでした。

でも、私はリリアンはどうしても好きになれなかったのです。

 

最大の理由は

好きな色が無いこと。

そしてリリアンの色あせが非常に早いこと。

リリアンは糸のお値段が安い分

作品が安っぽく見えること。

 

リリアンより木綿の25番刺繍糸のほうが

素敵に見えますし

絹糸であればもっと存在感が変わってきます。

 

ですので私は最初からリリアンは使用しませんでした。

 

そして

母が『ねじり三菱の梅』を作ろうと言ったので

私は早速作って持っていったのです。

 

 


★手まりの土台材料により手触りが変わる


 

今まで土台の材料に古毛布を刻んで使用していましたが

母には土台がやわらかいと言われます。

そこで今度は古いはんてんの中に入っていた

化繊の綿を使用しました。

 

母は私が作った『ねじり三菱の梅』の手まりを

注意深く見ていました。

 

今度は土台が硬すぎると言うのです。

私にはどれがちょうど良い硬さなのか

わからなくなりました。

 

今は、理想の材料を使用したとき

これは上手に出来た

と思える土台の硬さがあります。

 

それは、芯はしっかり硬く

表面はわたでくるんだように弾力がありやわらかい。

このような土台が非常に作りやすいのです。

 

土台がきちんと出来ていないと

保管中に変形する危険があります。

しかし表面はあまり硬いと

針のとおりが悪く、模様が作りにくいのです。

 

でも、この時は理想的に出来上がった土台

これを知ることが出来ませんでした。

 

母は私にこの手まり土台は何?

と聞いてきました。

私は化繊わたを使用したと答えました。

 

母は暖かい感じがすると言い

中身によって雰囲気が変わるのだと言っていました。

 

ところが

なぜか、次回10等分の組み合わせ地割をするから

土台だけ作ってきなさい。

と言ったのです。

 

思わず、え???

と思ったのですが

母は、とにかく作ってきなさい。

と言い私に、もみがらを分けてくれたのです。

 

今回の手まりは祖母が大好きだった色使いの

ねじり三菱の梅です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com