管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まりの模様の種類、材料


★手まりの模様の種類はいくつあるの?


 

正直、私も今まで作った種類では120個を超えていますので

それ以上としか答えられません。

 


★技法の種類は?


 

基礎技法が12種類ですね。

地割(土台を分割する作業)を言えば

4等分、8等分、6等分、10等分、12等分、16等分

複合分割(組み合わせ地割)が8等分と10等分

になります。

 

たったそれだけ?

というか、そんなにあるの?

と言うかは捉え方次第ですけど

後は全て、これらの応用編になるのです。

 

私自身、模様の種類を記録に残しただけでも

120個をようやく超えたくらいです。

でも、今まで知っていたけど

作っていなかった作品もありますので

それを数えだしたら・・・

 

また、母や祖母が残してくれたノートにあるけど

まだ手がけていない

つまり、作っている姿を見ているし

出来上がり作品も見たことはあるのだけれども

私はまだ作っていない作品・・・

 

このような作品もかなりの数あります。

ですので、手まりの模様はどれだけあるの?

と聞かれたとき、古典柄だけに絞っても

100以上は確定であり、200あるか?

もっとあるかもしれません。

 

そして現代柄、アレンジ

これらまで数えたら星の数ほど

と答えるしかないのです。

 


★手まりはどうやって作るの?


 

手まりの工程には3つの段階があります。

1、土台作り

2、地割 (手まりの表面を分割する作業)

3、模様つくり

 

土台の材料は

私は現在、籾殻(もみがら)を使用しています。

伝統的な作り方では

籾殻のほかに、木綿綿やヘチマ

海綿、ぜんまいやソテツの綿

木屑などが使われます。

 

そして最近の多くの作品は

スチロールボールです。

 

祖母は木屑を使用していました。

隣のお家が仏壇屋さんでしたので

所定の場所に袋に入れて持ってきてくれていたのです。

 

でも、祖母の作品も晩年は古着になっていました。

おそらく時代の変化で

仏壇屋さんも、自分の家では作らず

右から左へ商品を流すお仕事へ変わったのでしょう。

 

母は最初は古着を使用していました。

ある時、通信教育で手まりを習いなおし

そこで籾殻を使用すると知ったのです。

その後はお米屋さんにお願いして購入していたようです。

 

今の時期であれば収穫期ですので

農家にツテがあれば頼んでおくと良いです。

もし無い方は・・・

楽天で売っていましたので

それを利用するのも一つの方法です。

 

私は現在、籾殻を使用していますが

母から手まりを習おうと思った時期は

ちょうどタイミングが悪く

籾殻は入手する事ができませんでした。

 

でも、母を見ていましたので

材料を購入すると言う発想は無かったです。

古着や古くなった毛布などを切り刻んで

使用していました。

 


★土台材料は下処理が大切


 

以前、ある方のブログを見ていましたら

籾殻で手まりを作っていたのですが

虫が発生していたと。

 

私はびっくりして詳しく聞いてみました。

なぜなら私はそのような経験がまったく無いからです。

 

よくよく聞きましたら

先生が農家の方から

分けていただいたものを使用していると。

しかも何の下処理もしていないと。

 

逆に私のほうが驚きました。

先生が言うには、

30年前の手まりは虫が出ないのよね

とのん気に言っておられたとか。

正直、ため息しか出ませんでした。

 

母も祖母も、かんなくずや籾殻を使用するとき

必ずふるって細かいごみを落として使用していたのです。

きれいに見えても細かい粉のごみがありますから。

でも、何もしていなかった・・・

それでは、虫も出る可能性が高いです。

 

古着を使用するときは5cm各ぐらいに刻みますし

当然、お洗濯してから使用しますし。

 

ですので、土台の材料は身の回りのものを

使用することも出来ますが、その場合は

お洗濯などきちんとして

虫などの発生が無いようにする必要があります。

 

日本国内で、手芸材料などとして売られている物

ぬいぐるみの綿とか、そば殻など

これらを使用する場合は

ほとんど加熱殺菌済みになっていると思いますので

そのまま使用することは出来ますが

もし細かいごみなどありましたら

それらを落としてから使用したほうが良いです。

 

土台材料や下処理の方法などは

後ほど改めて紹介します。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com