管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まりの歴史、遊び方、使用方法

    手まりの雑学, 私と手まり

手まりって何を、どう使うものなの?

という質問が多いので、さらっと歴史その他を書きます。

私が作る手まりは「糸かけ まり」という種類です。

 


★手まりの歴史


 

 参考書籍、およびサイト

 文溪堂出版の「てまり TEMARI」 文・尾崎敬子氏

 コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%89%8B%E9%9E%A0-576834

 

まず歴史は平安時代の蹴鞠(けまり)までさかのぼります。

蹴鞠のルールは円陣を組み、掛け声をかけながら

ボールを蹴り上げ向かい側の人にパスするものです。

イメージは足で行うビーチバレーのような物です。

落とした人が負けで

ボールの素材は鹿皮で作られ、中空になっているそうです。

 

 

現代でも京都のほうでは保存会の方がいて

当時の衣装を着て行っているようです。

 

 

現在の手まりの元が出来たのが江戸時代です。

マリの芯は、もみがら、古着、布団綿

ヘチマ、海綿と地域により様々です。

 

御殿女中の間で広まり、お正月に帰省した際

庶民に広まったと言われています。

当時は草木染の糸しか無かったので

庶民が使える色糸は数少なく

非常に地味なものだと推測します。

 

庶民が盛んに作ったのは明治時代と言われます。

化学染料の普及で現在のような色糸が

自由に使用できるようになり

専用の手まり糸も作られたと言われます。

糸の素材は木綿が中心ですが

織物の残り糸などで作る場合が多かったので

絹で作られた模様もあったと聞きます。

 

 

明治中期、ゴムマリの普及により

手まり歌が作られ、

ツキマリ(バスケットのドリブルのような動作)

としての遊び方が増え

昭和30年頃急速に衰退しました。

 


★江戸時代のマリ


 

江戸時代の版画などを見ると

まりつきをする女性の姿が描かれています。

しかし、足袋(たび)を履いている姿から

室内で膝の高さぐらいで、

ついている様子が描かれています。

 

 

また良寛さん(江戸時代のお坊さん)はマリつきが好きで

いつもマリを持ち歩いていたと聞きますが

現在、そのマリが保存されています。

(ネット検索で画像が出てきます)

 

画像から推測するに皮でできたマリと思われます。

鳥の絵が描いてあります。

 

マリの字を漢字で見ると

『 毬 』と『 鞠 』があります。

おそらく『糸毬』と『つき鞠』の違いと推測します。

 

 

手まりの芯にスポンジのような素材を使用すると

多少弾むマリを作ることが出来ますが

模様を作る手順等を考えると

バウンドさせる遊び方はマリを傷めますので

良くないのです。

 

これらを考えると、江戸時代の版画のマリも

皮のマリだと推測できます。

 


★昭和の手まり1


 

母は昭和10年生まれですが

母も小学校入学のころ

お婆ちゃんから、手まりを貰ったと言います。

 

他界する直前に聞いたので

あまり多くの事を聞くことは出来ませんでした。

ただ一時期、ある年齢層で

手まり、大正琴などが

爆発的に流行った時期があります。

 

母の子供時代、それらを持っている

出来る女の子は限られていて

いわゆるお金持ちの家の子供しか

持つことが許されなかった物だと聞きました。

 

昭和のある時期は、持っている、行う事が

ステータスという時期がありました。

手まりもそういう郷愁のひとつだったのでは?

私はそのように感じます。

 


★手まりの使用方法


 

手まりの使用方法ですが

私が知っているのは飾り物、みやげ物としての

手まりでした。

多くは房飾りが付き、下げ物としての手まりです。

 

私は祖母から小学校入学の頃に

いくつかの手まりを貰いましたが

それらには房飾りはついていませんでした。

 

 

手まりの本来の遊び方を知ったのは

つい最近の事です。

全盲の知り合いが私の手まりの初めての購入者でした。

 

 

彼女が手まりの遊び方を教えてくれました。

手の中で転がして模様の手触りを楽しむ。

室内で座って空中に投げ、模様の変化を楽しむ。

その他には模様を作って競う物と教えてもらいました。

 

よく幼女の人形が両手で大事そうに

手まりを持っている姿がありますが

玩具などが非常に少なかった時代

色鮮やかな手まりは、少女の宝物だったのでは?

そのように推測します。

 


★昭和の手まり2


 

昭和30年頃、急速に衰退した手まりですが

故尾崎千代子先生が全国各地をまわり

多くの手まりの模様を集め

それを本に残してくれました。

 

昭和40年頃から多くの手まりの本が出版されました。

この事で、一時衰退した手まりが

各地で復活します。

でも、色使い等、地域色が薄れる

そのような批判も一部でありました。

 

私としては

尾崎先生が記録を残してくれたから

貴重な民族的遺産が現在も残っていると感謝しています。

 

 

ただある世代の間で爆発的に流行した手まりですが

1つだけ残念な事があります。

この頃の作り手の関心は、超絶技巧と呼びたくなる

非常に技巧的な模様つくりに関心が移っていきました。

 

これがあったから、ブームが再燃し

手まりの世界が広がったことは否定しません。

しかし、昔からの土台つくりの技術が消えていきました。

 

土台にスチロールボールを使用するようになったのです。

また東北地方で作られていた

見事な刺繍入り手まりも後継者がいなくなったため

衰退していきました。

 

 

土台作りの技術が守られているのは

非常にわずかになってしまった事が

私は残念に思っています。

 

そして本来の手まりの手触り

手の中で転がして楽しむ事を忘れ

模様つくりのみに関心が移ったために

使用される糸も、安価なリリアン

または市販の化繊の専用糸になってしまった事です。

 

 

市販の化繊糸も使ったことがありますが

木綿や絹の手触りとは明らかに違います。

土台にそれなりの材料を使えば

質量が写真にも出ます。

素材により、暖かさが出ます。

 

化繊糸は触ると冷たいのです。

スチロールボールは質量が無いので

写真に写しても存在が軽いのです。

その為、私は素材にこだわった作品つくりをしています。

 


★平成の手まり


 

インターネットの普及により

全国で昔ながらの手まりつくりを守っている

グループや作り手がいる事を知りました。

またNHKなどで取り上げられた事も大きいです。

 

 

大道芸をする方からお話を聞いたことがありますが

神社に奉納する物に手まりを使用する物があり

各々の技量に合わせた手まりを自作するそうです。

 

 

現代の手まりの需要は

飾り物が一番で

遊びとしては廃れてしまいました。

 

現代では携帯等の普及により

小さく作ってストラップにしたり

バックに下げたり

アクセサリー等に加工する方もいらっしゃいます。

 

 

このように、本来の形を変えながら

手まり作りを楽しむ方が増えるのは

とても良いことと思います。

 

私は昔ながらのサイズで作ることが多いのですが

これは、私のライフワークが

模様の保存を主軸においているからです。

 

 

所定の難易度の模様までは

簡単に小さくすることが可能です。

ですがそれ以上の難易度の作品を小さくするのは

ほぼ無理になります。

 

そして、小さい作品ほど

作り手の力量が問われます。

手まりの工程には

1、土台作り

2、地割(じわり、手まりの表面を分割する作業)

3、模様作り

この3つに分かれます。

 

 

土台がきちんと出来ていないと

きれいな地割が出来ませんし

きれいな地割が出来ないと

模様作りも上手に出来ません。

 

初心者が小さい手まりを作る場合

(ストラップサイズ、直径3.8cm以下)

模様によっては土台のゆがみが

地割のゆがみになり

模様のゆがみになってきます。

 

つまり、正確な技術があって初めて

小さく作ることが可能になってきます。

また小さく作るにはどうしても

模様、その他に限界が発生します。

 

ですので小さく作りたい方は

しかるべきサイズをレッスンしてから

小さい物にチャレンジすることをお勧めします。

 

一部のお流儀では手まりのサイズを

円周で表記している場合もあります。

円周表記の場合は1/3してください。

円周率の3.14のためと思いますが

これで大雑把なサイズがわかります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメント一覧

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com