管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

私が手まり職人を名乗る理由と手まりに対する思い

    私と手まり

★私が手まり職人を名乗る理由


 

私が手まり職人を名乗っているのは

理由があります。

断じて作家では無いです。

 

音楽に例えるなら

作曲家というのは新しいオリジナル作品を

次から次へと作る人であり

誰かが作ったものを自分色に編曲するのは

アレンジャー、つまり音楽職人なのですね。

 

私が作っている手まりは

古い時代の方々が伝えてきたものを再現しています。

色使いだけは自分で選んでいますが

技法とか、デザインは伝統のものを作っています。

 

だから作家ではなく、職人なのです。

 


★手まりと言えば菊模様・・・


 

手まりと言えば菊模様・・・

と言われるくらい菊をモチーフにした模様は

とても好まれる模様なのです。

 

 

そして母が初めて習った模様も菊でした。

小学生のころ、手まりを作るお年寄りがいると聞くと

母と2人でどのような作品を作っているか

見せて貰いに行きました。

 

多くのお年よりは菊専門に作っていました。

でも、手まりの模様は基礎技法だけでも

数々の模様があります。

 


★手まりの使用方法


 

手まりは何に使うものなの?

こういう質問が時々あります。

 

私が知っている時期では(昭和45年以降)

飾り物としての手まりでした。

 

しかし母も他界間際に教えてくれたのですが

自分も小学校入学のころ祖母から貰ったと言うのです。

でも、模様や色は覚えていなく、失くしてしまった

そのように言い、非常に残念がっていました。

 

つまり、女子のおもちゃとして

お婆ちゃんが孫に与えたものだとわかります。

でも、その時、私は

おもちゃとしての手まりを知りませんでした。

 

私が知る手まりは

飾り物としての手まりでした。

祖母の家へ行くと

家のあちらこちらに、折り紙で折ったくす球や

祖母の手まりがぶら下がっていたのです。

 

本当に手が込んだものはしまってありましたが

小さい物(直径3-4cm)は

室内灯の紐にぶら下がっていました。

 

その後、いろいろなご縁で

何人かの方たちからお話を聞くことが出来ました。

 

ある地域では

家内円満を願って、結婚のお祝いに

手まりを送る風趣があること。

 

お雛様を飾るときに一緒に飾ること。

新築やその他お祝い事の時に

お祝いの品として贈られる事。

 

ですが、贈られた手まりはどうなるの?

やはり飾り物としての手まりでした。

 

そして、手まりに隠された本当の意味を知るのは

私の手まりをはじめて買ってくださった方から

教えてもらったのです。

 

それが、手まりの使用目的と遊び方に書きましたが

お守りとしての手まり

思い出の手まりとなってきます。

 

 

ただ現代社会では何かとストレスが多いですから

手の中で転がして手触りや模様を楽しんで

ひと時の安らぎを得てもらえればと思います。

 

木綿の糸で作った手まりもそれなりに

温かみがありますし

絹で作った物は、絹のランクにより

手触りが変わってきます。

 

どの糸もそれぞれ味があり

絹糸の感触は触ってみないとわからない良さがあります。

 

 

手の中で転がすには

適度な重みが必要ですし

あまり技巧を凝らした模様ですと

どうしても製作にお時間がかかってしまうので

しかるべき金額になってしまいます。

 

その点、伝統的な模様は

お求めやすい金額のものもありますので

ご相談いただければと思います。

 

 

しかし、私が作るにも限界がありますし

出来れば、伝統的手法で作る

作り手の方がもっと増えることを

私は望んでいるのです。

 

 

そしてこの伝統的な物を

伝統などという以前に、

作る人がいるのが当たり前で

もっと気軽に楽しんで欲しい。

私はそう思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com