管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まりの使用目的と遊び方

    手まりの基礎知識, 手まりの雑学

★手まりって何に使うの?


 

先日、ある方に

初めて見た!

これは何に使う物なのか?

 

このように言われまして

正直なところ、あぁ、そういう時代になったのか・・・

これが私の率直な感想でした。

 

では、私自身、それに明確に答えられるのか?

自分自身に問いかけたとき

正直、あいまいな答えしか自分の中から

引き出すことが出来ませんでした。

そこで、記憶の回廊をめぐる事になったのです。

 

私が知っている手まりは飾り物としての手まりです。

私が持っている、母や祖母の手まりは

古いデザインが多く、伝統の物が主流です。

 

しかし、私が知っている時代(昭和45年以降)には

手まりは民芸品、飾り物としての手まりで

本来の目的は既に失われていました。

 

お雛様と一緒に飾ったり

人生の節目にお祝いとして贈られたりしていましたが

使用方法としては、インテリア小物

飾り物としての手まりになっていました。

 

昭和50年ごろから母たち世代でブームが再燃し

超絶技巧と呼びたくなるような

非常に凝った模様を作る方が増え

手まりのデザインが大きく変化しました。

 

しかし、同時に模様を作ることに主力が置かれ

昔ながらの土台作りの技術は急速に失われていきました。

 

平成になり、『讃岐かがり手まり』が

NHKの手芸雑誌で紹介され

ブームが再燃しました。

『讃岐かがり手まり』は昔からの

籾殻(もみがら)の土台で作られています。

 

その一方で、飾り物としての手まりの他に

小さく作って、ストラップ、キーホルダー

アクセサリーに使うという人も居ます。

 

時代の移り変わりに伴い

さまざまな楽しみ方をするのは良いことだと

私も感じています。

 

でも、やはり、元々の手まりの楽しみ方

目的、それらも伝えていきたいと

非常に強く感じています。

 


★古い時代の、手まりの使用目的


 

私が作る手まりは

『糸かけ まり』という種類になります。

この手まりの作り方が確定したのは

江戸時代のころと言われています。

 

御殿女中の間で広がり

その人たちがお正月休みに実家に帰ったとき

周囲の人に伝えたのが始まりと言われます。

 

庶民に広がったのは明治の頃です。

科学染料が普及し、庶民でも

多くの色糸を自由に使えるようになりました。

 

そして、伝統の模様には

数多くの祈りを込めた模様や

魔よけの模様が伝えられています。

 

手まりは少女のおもちゃとされていますが

遊び方は非常におとなしく

室内で座り、手まりを空中に投げ

それをキャッチするもの。

手の中で、まりを転がし手触りを楽しむものです。

 

つまり、このような楽しみ方をするためには

適度な硬さと重さが必要で

模様を作る糸にもそれなりに

こだわる必要があります。

 

私はこの楽しみ方を知ったとき

模様の糸で化繊の糸と、金銀の糸を使う事をやめました。

手触りの良い、木綿と絹の糸だけを

模様に使うようになりました。

 

私の手まりをご購入いただいた方からは

適度な重さと糸の手触りが落ち着く

このように言われています。

 

もしかして癒し系グッズとして使える???

とも思いましたが

作品のデザインにより手触りは変わってきますし

すべての方に効果が保障できるものでは無いので

作品の販売ページなどには

そういう記載を一切していません。

 


★手まりの隠された役割


 

私は二人の人から別々に

手まりのお話を伺う機会がありました。

そこで手まりの隠された役割を知ったのです。

そしてそれまで疑問に思っていた事も

全てが納得できました。

 


★お守りとしての手まり


 

手まりの模様には祈りが込められた模様が

数多くあります。

そして私の知り合いは

子供の頃、ある人からその毬をもらったと言うのです。

 

彼女に毬をくれた人が言った事は

この子がもし無事、所定の年齢まで生きれたなら

その毬を持って私のところへ来なさい。

 

このように言われたそうです。

彼女は目が不自由でしたので

細かい模様や、色はわからないと言いました。

でも、大きな花模様だったと言います。

 

彼女が当時住んでいた地域からおおよその

模様の種類が特定できました。

 

 

そして彼女は、無事所定の年齢になったので

その毬を持ってその人の所へ行ったそうです。

その毬は、目的を終えたとして

儀式的手順で燃やされたと言います。

 

彼女が私の初めての手まりのお客様でした。

子供の頃の手まりが忘れられなくて

私の手まりをご購入くださいました。

 

彼女から多くの事を聞き

手まりの土台の中に仕込まれていたものを

推測することが出来ました。

 

民芸品の幼女のお人形に

大事そうに手まりを持った物がありますが

色鮮やかな手まりは少女の宝物であった

と推測することができます。

 

またお守りとしてその少女に贈られたものであれば

尚のこと非常に大切なものだったとも

推測することが出来ます。

 


★思い出としての手まり


 

これはあるお婆さんの話です。

そのお婆さんから手まりを貰ったという人から

お話を聞きました。

 

そのお婆さんはある人のところに

自分の作った手まりを持ってきたと言います。

 

そして、私がいなくなったら

この手まりを土に埋めてください。

そのように言ったそうです。

 

手まりを振るとカラカラ音がして

何かが入っていることがわかったそうです。

そのお婆さまが亡くなったと聞き

言われたとおり、手まりを埋めたら

植物が生えてきたと。

 

 

何かの種が入っていた事は間違いないのですが

その種が何だったのか?

植物に関心の無い人でしたので

そこまでは、わかりませんでした。

 

しかし、姫様が亡くなったとき

姫様が大切にしていた手まりを庭に埋め

やがて植物が芽吹き、姫様をしのぶのだと

その時、教えていただきました。

 

記録に残っているものでは

小豆を入れて音を出すという記録が残っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメント一覧

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com