管理人プロフィール

スポンサードリンク

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まり、出品作業、水仙の手まり断念

    日記

昨日は出来上がった2個の手まり

出品作業をしました。
 
 
 
その後、作りかけだった水仙の手まり

花の芯が出来上がり、花びらをかがろうと思ったら・・・
 
 
 
補助地割が入っていないため模様が作れないことが判明。

とりあえず、この水仙の手まりは放置します。
 
 
 
水仙の手まりは別の土台を作り

そちらの物が出来上がるまで

見本作品として残しておきます。
 
 
 
これはどこが、上手に出来なかったか

その記録を残すために

完成品が出来るまで保存しておきます。
 
 
 
完成品が出来上がったら

表面を整えて別の作品に作り変えます。
 
 

 
 
写真から複製の時は

こういう事はよくあります。

なぜなら地割を見せたくないから

地割の糸を途中で切ってしまったり

補助地割はあえて途中までしか入れなかったり

物によっては地割の糸を抜いてしまう場合もあります。
 
 
 
地割の糸を見せないために

私がよく行う方法は

土台と同じ色の糸で地割を行う事もあります。
 
 
 
注意深く見れば

そこに地割が必要だとわかるのですが

いざ、作ろうとした時、地割の存在に気づかなかった

まだまだだな・・・

などと思ったりしています。
 
 

 
 
とりあえずは、いくつかの品切れ作品を作り

その後、再度、水仙にチャレンジしようと思っています。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは、昨日各所に展示した

「菊曼荼羅」です。

ピンクの菊は本当に人気作品です。

土台が何色であっても人気ですね。
 
 
 
今回、黒い土台と緑の土台で

「菊」と「菊曼荼羅」を作りました。

土台の色で印象が変わるのはもちろんなのですが

花に使ったピンクの糸は、同じ色を使用しています。
 
 
 
緑の土台にはアクセントカラーとして

水色を入れ、帯も水色。

黒の土台にはアクセントカラーとして

黄緑を使い、帯も黄緑。

ところが・・・
 
 
 
実際2個を並べて手に取ると

片方の花は薄く見えるのです。

これは新しい発見でした。
 
 
 
同じ色の糸を使っているのに・・・

土台の色の違いで印象が変わる。

頭では理解していたのですが

目で見て感じたのは、初めての経験でした。
 
 

 
 
手まりは全体的に赤やピンクの物が人気なのですが

お人形さんや七五三の着物の写真などを見たとき

どの着物が赤やオレンジ系だから

手まりは青や紫系のほうが映える・・・

などと思ってしまいます。
 
 
 
しかしなぜかピンクの菊が人気なのは

なぜでしょうか?
 
 
 
紫や水色の菊もいくつか品切れ品があるので

そちらも作っておきたいと思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com