手まり、白地、ピンクの菊完成、ギフトラッピング

昨日は、予定通り

白地、ピンクの菊、完成しました。

時間が少しあったので

次の作品、黒の直径10cmの土台

緑の10cmと6cmの3個の土台を作りました。
 
 
 
緑の6cmは初めて手がける模様です。

?度目のチャレンジです。

季節的にはちょっとずれてしまいましたが

今度こそ・・・

と言う感じです。
 
 
 
 
 
先日、お買い上げいただいた方から

ギフトラッピングして欲しかった。

と言われました。
 
 
 
一応、販売サイトでは

ギフトラッピングは対応していないと

明記しています。
 
 
 
しかし、対応して欲しかったと。

正直、悩みます。
 
 
 
まず、作品が球体であること。

その為に、袋に入れるとどうしても

袋がシワになります。
 
 
 
箱に入れるとなると・・・

これも箱を悩みます。
 
 
 
最大の理由が

我が家から車で30分行かないと

店らしい店が何も無いのです。
 
 
 
その為、もしラッピング対応するとなると

買い置きが必要になります。

今度は、必要数が少なすぎて

古くなり色あせや変色の問題が出てきます。
 
 
 
そういう事情にて

ラッピング対応をしていないです。
 
 
 
 

 
 
そもそもプレゼントは

受け取る人のことを考えて商品を選び

ラッピングも相手のことを考え

自分で選ぶ物だと思っています。
 
 
 
受け取る方の年齢によって

可愛く仕上げるか

それとも落ち着いた感じに仕上げるか

いろいろあると思うのですよ。
 
 
 
対面販売であればまだ

お客様からいろいろ聞きながら決める事もできますが

ネット通販という性質的に

送る方との関係性などが不明です。
 
 
 
いろいろ考えてしまうと

相手のことがわからずに

ギフトラッピングと言うのは

無理があると思うのです。
 
 
 
 
 
今回、ギフトラッピングと言ってきた方は

お子さんにプレゼントだったそうで・・・
 
 
 
そうなると尚の事、こちらも想定外だったのです。

お子さんへのプレゼントに・・・

年齢がわからないのです。

小学校入学前後なのか

それとも中学生、高校生なのか?

または、もっと上の年齢なのか?
 
 

 
 
年齢によって袋1つ、包装紙1つとっても変わってきます。

ラッピンググッズのお店が近くにあれば良いですが

残念ながらちょっと遠すぎます。

何も情報が無い状態で

ラッピング希望と言われても・・・

対応しきれない

というのが実情なのです。

その為、ラッピングは対応しない事にしています。
 
 

 
 
もちろん、私が誰かに

プレゼントとして何かをあげたいと思った場合

相手との関係性によってラッピングを決めます。

複数の色柄がある中で

自由に選んでもらいたい場合は

通常のビニール袋にいれて

リボンだけそれらしい物を使用します。
 
 
 
せいぜい、その程度ですね。

ラッピングする結果

作品が見えなくなってしまう。

写真と同じ物が届いたかどうか

わからない状態を作ることを避けるために

ラッピングしないという理由もあります。
 
 
 
 
 
個人的に言うならば

手作り品を購入するのは良いです。

でも、ラッピングぐらい

送る相手のことを考えて選んだらいかがですか?

そうでなければ、デパート辺りで

適当に何か選んで贈れば良いでしょ?

というのが、私の個人的意見です。
 
 

 
 
今日の手まりは「フラワーバスケット」です。

関東圏では初雪の予報も出ているようで・・・

都内の一部では風花が舞ったとか。
 
 
 
手まりで雪を表すものもありますが

まだ手がけていません。
 
 
 
 
 
それでは

良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、白地ピンクの菊、製作中

昨日は買出し日だったので

お正月用の物も含めて行ってきました。
 
 

 
 
まず、家電量販店へ。

極稀にCDでのデータ販売も行っていますので

だいぶブランクCDが少なくなっていました。

その為、それを購入してきました。
 
 
 
そして業務スーパーへ・・・

いつも購入している物はともかく

お餅・・・と思いましたら

製造地が宮城県・・・

微妙すぎるので購入見送り。
 
 
 
本当は野菜類を購入するのは別の日に・・・

と思っていたのですが

帰路の半分まで来た時点で時計は11時45分。

これなら、家へ帰るより

そのまま馴染みの郵便局前にある

スーパーKへ行ったほうが良いという判断。
 
 
 
そのまま車を走らせ、野菜の買い物をしに

行きました。

買えなかったお餅を見たら

こちらは製造地、新潟県。

ま、これなら・・・

という事で購入してきました。
 
 

 

 
 
主人のお義母さんが他界したので

喪中になるのですが

既に年賀状は出してしまっています。
 
 
 
主人も、お義母さんが家に来たと同時くらいに

家を出ているので

あまり実感が無い雰囲気なのです。
 
 
 
あまり頻繁に連絡を取っていたわけでは

無いようですし・・・

もう、特別、お正月と言って

何かをする家ではないので

適当にしようかと・・・
 
 

 

 
 
午前中、私が留守の間に

主人は台所、流しとガス台周りの大掃除。

毎年、そこの掃除は主人に頼んでいます。
 
 
 
帰宅し、昼食後

私は洗面所とトイレの掃除をしながら

洗濯を片付けました。
 
 
 
一部、買い忘れの品物があったので

主人にそれを頼みました。

夕方息子と合流し、息子が帰ってきました。
 
 
 
普段は会社の寮にいるのですが

年に3回だけ帰ってきます。
 
 
 
主人が出かけた頃

とりあえず、洗面所とトイレがそこそこになったので

掃除を終わりにしました。

正直な所、掃除は最大級に苦手です。
 
 
 
立ち仕事がきついので

仕方ない部分もありますが・・・

掃除はやりがいもありますが

終わりが無いって感じで・・・
 
 

 

 
 
やはり針を持っているのが一番落ち着きます。

洗濯物がそこそこ片付いたので

製作中の手まり、製作開始しました。

ほぼ予定通りの部分まで進んだ所で

時間切れ。
 
 
 
作業終了となりました。
 
 

 
 
今日の手まりは「8の分割」と名づけた物です。

手まりを作るとき

所定の手順で土台を分割します。
 
 
 
この分割する作業を地割(じわり)と呼びます。

複雑な分割はそれだけで模様になります。

これは一番簡単な複合分割になります。

地割線の両端に糸を巻いただけですが

それだけでも十分、模様として使えるものになります。
 
 
 
私が見たテキストは

糸が滑って模様が崩れる物でしたが

止めのステッチを入れることで

模様の崩れを無くしています。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まりの仕事は出来ず、雑事で終わり・・・

昨日は午前中、通常のネット作業を終わらせ

その後、ちょっとお花屋さんまで。
 
 
 
実は主人のお義母さんが他界しました。

98歳?かな・・・

大正生まれだそうで、大往生です。
 
 

 
 
一昨日、同居していた主人のお兄様から電話を頂き

行くかどうするか・・・

でも、葬儀は30日、31日で行うとの事。

ちょっと遠いのでお花を送って終わりにしようと。
 
 
 
そんな訳で、まず、お花屋さんはどこに頼もうか・・・

いつも頼んでいた某店は

車を止めるのに非常に困る場所にあるのです。
 
 
 
おまけに、午後から銀行まわりの予定が入っていました。

それを考えたとき

作業の道順を考え、某駅前にあるお花屋さんへお願いしました。
 
 

 

 
 
私、主人関係の住所とか電話番号とか

本当に知らないんですよね。

もっとも、主人も同じくで

私関連の人間関係、

名前は知っていても、住所や電話番号になると知らないです。
 
 

 

 
 
結婚した直後、本家で葬儀があり

行ったら、並べきれないほどの大きな花輪が

道に大量に・・・

でも、お棺に入れるお花が、本当に少なくて・・・

葬儀屋さんが、室内に飾ってあったお花を使ったのですが

みすぼらしくならないように

裏側のお花を抜いてくださって・・・
 
 
 
家の外はすごく賑やかなのに

生のお花が無いというのは、

こんなに寂しいものかと・・・
 
 
 
それ以来、必ず、生のお花を送る様にしています。

葬儀に欠席することは多いですが・・・

 

 
 
葬儀の日に間に合わなかった場合

他界されてから7日目にお花を送る場合もあります。

7日目で葬儀のお花が傷んできて

多くの場合、片付ける結果になります。
 
 
 
その時、急に寂しくなるんですね。

だから、7日目にお花を送るように

花屋さんにお願いしておきます。
 
 
 
お花屋さんに事情をお話して

葬儀関連のお花でしたら

必ず、洋花のアレンジでお願いします。
 
 
 
和花って地味なんですよ。

でも、洋花のアレンジでしたら

そこそこ賑やかな感じにもなるので

寂しさが紛らわせると・・・

これは知り合いのお花屋さんで修行された方から

教わった物です。
 
 
 
なぜ、アレンジにするか?

昨今では、大きな花束って扱いに困るんです。

飾る場所どうしよう・・・

その前に、花瓶はどうしよう・・・

皆さんは花束を頂いたとき、

約1週間、それなりの状態に保ちつつ

飾っておけるでしょうか?
 
 
 
アレンジでしたら籠で届きますので

水だけ追加すれば真夏でも密室にならない限り

何とかなります。
 
 
 
そういう意味でもアレンジが楽で良いですね。
 
 

 
 
ある意味、バラの花束100本なんて

プレゼントとして憧れますますけど

現実を考えたとき

もし自分が貰ったら、非常に困る代物です。
 
 
 
もっとも、普段からお花の扱いに慣れているような

そういうお宅なら花束のほうが良い場合も

あるかもしれませんが・・・

でも、葬儀ってその前の看病とかゴタゴタなどで

家族は疲労困憊だったりします。
 
 
 
そう考えると、アレンジは

お花屋さんが綺麗に籠に生けてくれた物が届きますので

非常に貰った側も楽なのです。
 
 

 
 
遠方の場合

花キューピットで送れますので

多分、大抵の花屋さんは加盟していると思います。

お願いすればいろいろ相談にものって頂けますから

楽でよいです。
 
 
 
 

 
 
昨日はそんな訳で、ちょっと忙しいでした。

年末年始、いろいろ忙しいと思いますが

皆さん、よいお年をお迎えください。
 
 

 
 
今日の手まりは「柳川流の菊」です。

九州の柳川地方に伝わる手まりの最大の特徴は

土台が見えないように、全部、模様の糸で隠してしまいます。

その為、入門者さんには少しハードルが高いのです。
 
 
 
多くの場合、私はピンク、赤系で作っていましたが

以前はもっといろいろな色を使っていました。

ただ、手まりはお祝い事で使うことが多いので

仏事では使える範囲が少ないのです。
 
 
 
仏事でも使える手まり・・・

という事で、過去、般若心経を刺繍した手まりを作りましたが

現在、販売品としては置いていません。
 
 
 
若くして他界した

主人の兄嫁さんの葬儀の時

お義兄さんの所へ持っていった物です。
 
 
 
正直、あまりに作るのが大変な物なので

よほど私の心が動かないと作りたくないですね。

記録としてはもう1個くらい、作りたいと思いますが

完全に予定は未定です。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、白地にピンクの菊、かがり始めました

少し前に予定してあった菊の手まり

土台は作ってありました。
 
 
 
それを地割して、かがり始めました。

そこそこ人気作品である事。

前回作ったときの刺繍糸が

入れ替えずにそのまま使えること。

という理由で作り始めました。

補充用作品です。
 
 
 
販売を考えると、補充用も作りつつ

記録を残す物も作らないと、いけないのですが

あれこれ、同時進行は

二兎を追う物は一兎を得ず

になりかねません。
 
 
 
1つずつ片付けていかないと

と思っています。

あせっても仕方ありませんから。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは

5日間で紹介してきた手まりを

1つの座布団に乗せてみました。
 
 
 
なかなか手まりの集合写真は撮らないのですが

5個まとめると小さくても

それなりの存在感になります。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、お嫁入り

この時期はお嫁入りラッシュです。

今までより少し単価を上げたので

忙しさはそれ程でもないですが

やはり、お嫁入りするのは嬉しくもあり

さびしくもあり・・・
 
 

 
 
昨日は、朝一番で近所の奥様が・・・

回覧板に入れる予定の紙を

入れ忘れたと、持っていらっしゃいました。

幸い、まだ我が家にあったので

最低必要な親父に見せる分をコピーし

それをお隣さんへ。
 
 
 
ご近所さんで、同じ猫好きさん。

当然、我が家のブリちゃんも

挨拶に出てきます。
 
 
 
そこでしばし、猫談義。

こういうのが一番平和で良いです。
 
 

 

 
 
奥様も帰られたので

お嫁入りする手まり、発送に行こうとしたら

ある方からちょっと打ち合わせのメール。
 
 
 
発送前と帰ってきてからを挟んで

メールでチャット状態になってしまいました。
 
 
 
合間合間に細かい用事を片付けながら

メールで打ち合わせです。

内容が内容だったので

他者にはオープンに出来ない物でした。
 
 
 
いろいろ、確認事項もあり

その結果、私は私の今後を考える必要もありました。

すぐに動ける部分だけ

とりあえず、作業開始です。
 
 
 
正直、雑事は苦手で・・・

まだまだ準備のために多くの作業が残っています。
 
 
 
でも、次のステップに進むための

必要な事だと考えています。

そのためには、面倒ごともきっちり片付けないと。
 
 

 

 
 
ちょっと針を持てない日が続きましたので

ストレスMAXです。

今日は手まり作りをしたいと思います。
 
 
 
苦手な作業は一気にやると反動が大きいので

少しずつこまめに進めます。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 
 
今日の手まりは先日、各所に展示した「菊」です。
 
 

 
 
実はこの色使い

ある方が幼い日に貰って、現在は既に無い手まり

そのイメージで色合わせをしました。
 
 
 
厳密に言えば

かがり方(模様を作る手順)が

彼女が貰った手まりとは違う可能性が高いのです。
 
 
 
東北地方で伝わる菊の手まりは

「間の菊」と呼ばれる物です。

今回は諸事情にて、通常の

「上下同時の菊」と呼ばれる

かがり方で作りました。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村