管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

手まりの仕事は出来ず、糸のセット詰め作業

    日記

昨日は発送が1件ありましたので

行って来ました。
 
 
 
数日前に中国から

オーダーした刺繍糸、発送したと連絡がきていました。

あと少しで届くでしょう。

アマゾンへ送る糸セット

セット詰め作業を行いました。
 
 
 
その為、手まりの仕事は出来ませんでした。
 
 

 
 
ブログのほうを見ましたら

検索でいらした方の検索ワード

10分割 ディバイダー 制作

はて?

ディバイダーとはなんぞや???
 
 
 
検索してみましたら

同じ幅でしるしを着ける道具のようです。
 
 
 
平面であればそういう道具も便利かもしれません。

また大量生産を行うのであれば

良いかもしれません。
 
 
 
しかし、手まりは全てが手作業。

土台作りから分割まで全てが手作業なのです。
 
 
 
道具ばかり増えると

お裁縫箱も大きな物が必要になってきます。
 
 
 
そのような物は使用せずに

紙テープと物差し、電卓、ハサミ、待ち針

これらだけで分割作業を行います。
 
 
 
現在は綺麗に簡単に作るために

電卓を使用していますが

以前は電卓を使用せずに

全て紙テープをたたみ、切って地割(分割)を行ってきました。
 
 
 
電卓を使うのも

「10等分組み合わせ地割」のみで

通常の上下2分割の模様であるなら

電卓は使用せずに全て行います。
 
 
 
毎回、微妙にサイズが変わるもの。

いちいちご大層な器具は使用しません。
 
 
 
一部のお流儀では

メジャーを使用したり

特定の定規を使用したりするようですが

私はそれらを使わずに地割を行います。
 
 
 
むしろ、特定の定規を必要とする方たちに

なぜ、そこまで面倒な事するのかな???

とまで思ったりするのです。
 
 
 
特に通常の10等分など

円周が紙テープで計れれば

後は算数で簡単に10分割が可能です。
 
 
 
10等分の組み合わせ地割も

理論だけ言えば算数のレベルです。
 
 
 
ただ細かい端数が出たとき

少しでも正確にわかりやすくする為には

電卓を使ったほうが早いので

電卓を使うだけのことなのです。
 
 
 
電卓はあった方が、綺麗に早く出来ますが

若干の歪みが許されるのであれば

無くても作ることが可能です。

昔は電卓を使用せずに作っていたのですから。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「星亀甲重ね」です。

少し前に私がオリジナルデザインとして作った物です。

 

 

 

憧れのハンドメイド作家、職人になるには?

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません