管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

手まり、扇面菊、作り始めました

    日記

年賀状用の手まり、扇面菊にしました。

写真を見たときは、なんか楽勝っぽく見えたのですが

意外に手間がかかります。
 
 
 
初めてというのも1つの理由ですが

それだけではないです。
 
 

 
 
4等分して

北極2面を6等分

南極2面も6等分

極を入れ替えて同じように6等分。
 
 
 
菊用の地割が出来たら

菊のかがり始めは赤道から1/3。
 
 
 
結局、花びら1枚のサイズは

24等分と同じになります。
 
 
 
地割の待ち針を基準に

菊のかがり始めの待ち針を打ちますので

1段目の花びらが出来上がるまで

大量の待ち針を打ってかがりつつ

不要になった待ち針は抜いていきます。
 
 
 
8分割された球体に

菊は1個ずつ向きを変えて、かがる必要があります。

理論的には難しくないのですが

手間がそれなりに、かかります。
 
 
 
上下2分割の菊であれば

地割も、模様のかがりも

順序良く作っていけばよいです。
 
 

 
 
しかし、8分割され、花の中心は4箇所。

花の外からかがり、今度は中心からそれぞれかがり・・・

はっきり言って、見た目はそれほどでもないのに

やってみれば手間ばかりかかる作品でした。
 
 
 
まだかがり始めたばかりですが

他所でほとんど見ないのは

この手間が大変だから

作り手が好まないためでしょう。
 
 
 
お正月の飾り物としては

手間もかかるし、扇で末広がり

縁起も良い模様なのでちょうど良さそうです。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは、先日各所に展示した「菊」です。

菊と一言にいっても

数多くの種類、バリエーションがあります。
 
 
 
この作品は「上下同時の菊」と呼ばれる物で

1つの手まりに2個の模様が入ったデザインになります。

この2個の模様を同時にかがるので

「上下同時の菊」と呼ばれるています。

 

 

 

憧れのハンドメイド作家、職人になるには?

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません