管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

白地、ねじり梅、完成

   2018年03月05日 日記

前回、出品して即、売り切れになってしまった

白地のねじり梅、昨日、ようやく完成しました。
 
 
 
撮影はいろいろスケジュールの関係もあるので

後日になります。
 
 

 
 
日曜日は、主人が居たり

ちょっとややこしい予定が入ったり・・・

なかなか思うように製作が出来ませんが

何とか完成しました。
 
 

 
 
次に作る作品

実は、花七宝でクリスマスバージョン

まだ作ってないし

以前よりいろいろ糸も増えていますので

作れるかな?

そんな感じです。
 
 
 
花七宝は土台の糸、地割の糸、三角になる部分の糸

押さえる糸

これらの色がバランスよく配置されなければいけません。
 
 
 
クリスマスと言えばやっぱり赤と緑。

上手に綺麗にまとまってくれるか?

まだ、土台に糸を乗せて

色の具合の確認が出来ていないので

ちょっと未定です。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「6つの梅」です。

柳川まりを作る方たちが好む模様です。
 
 
 
柳川まりと他の地域の手まりの大きな特徴は

土台を模様の糸で埋めることです。

この手法の大きな欠点は

一部の模様を作るのが非常に困難だと言う事です。
 
 
 
また、模様の糸で手まりの表面を全て埋める

つまり、他の模様より糸の使用量が多いのです。
 
 
 
当然、手間やコストがかかります。

しかし、そこを補うために

安価なリリアンが使われることが多いです。
 
 
 
また、おみやげ物として売られている物は

作りが粗雑の事が多いです。
 
 
 
リリアンは糸の特徴として

糸がチェーンになっています。

他の糸ではそのような事がないです。
 
 
 
その為、リリアンで作られた手まりは

すぐにわかるのです。

糸が安価なだけあり

安っぽく見えるのが非常に残念です。
 
 
 
また、非常に安価で取引されますので

作り手も価格に見合った仕事しかしない・・・

と感じられる部分も多々あります。
 
 
 
色使いやその他

それで良いと思う方はそれでも良いと思いますが

安価な使い捨てを好んだ結果

作り手の減少に繋がりました。
 
 
 
やはり、せっかく作るのであれば

しかるべきランクの糸を使い

それなりの作品を作りたいと思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com