管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

手まり講座作成、進行中、10の分割、あと少し

    日記

昨日は午前中、Web講座のテキストを少し進めました。

YouTubeのスライドショーのほうはそれなりに進みましたが

まだメルマガまで完了はしていません。
 
 
 
以前は作業の進行、区切りの良い部分まで

という進め方をしていましたが

現在は、時間ごとに作業を区切って進めています。
 
 
 
複数の事を同時進行させるには

時間ごとに区切るのが1つの方法のようです。
 
 
 
製作のほうですが

本来なら、完成まで進めたかったのです。

でも、途中で寝落ちまして・・・

集中力が切れて時間切れ。

完成できませんでした。
 
 
 
明日からまた雨という予報も出ているので

どうなる事やら・・・
 
 
 
という感じです。
 
 

 

 
 
インスタではある方の写真を見て非常に驚きました。
 
 
 
知らない土地のお家でも

部分的に、どこかで見た気がする

この感じ、過去、お世話になったあの方のお家に・・・

という事はたまにあります。
 
 
 
でも、それは窓の一部だったり

玄関の雰囲気だったりなのです。

似ているけど、完全に別物なのです。
 
 
 
しかし・・・

今回のものは、ある時期、非常にお世話になった方の

何度も足を運んだお家にそっくりだったのです。
 
 
 
玄関を入って、すぐのお部屋がコタツのあるお部屋。

そして右手の奥が奥座敷。
 
 
 
お2階の廊下の雰囲気も全くそっくり!

建てられた時代が近いと

そうなるのだなぁ・・・

と改めて感じました。
 
 

 
 
これが大手住宅メーカーの建売であれば

そっくりなのも当然と思うのですが

どうやら大正時代に建てられた物らしいのです。
 
 
 
なんかすごく感慨深く写真を眺めてしまいました。
 
 

 
 
私が知っているお宅は

旦那さんが歯医者さんをしていて

コの字型に家が建っていました。

歯医者さんのほうは入った事が無いので

全く知りません。
 
 
 
しかし・・・

現在はそこのお宅、多分更地になっています。

どなたかが購入されたのか?

当然、家が無くなったのも20年以上前。
 
 
 
家の主である旦那様も奥様も皆さん

他界されて・・・
 
 

 
 
ところが見覚えのある家が

ぜんぜん別の場所の写真としてあったので

本当にびっくりしました。
 
 

 

 
 
お教室にも使えるような家を建てたい

などと夢を見ていますが

イメージは古民家風です。
 
 
 
夏の暑さ、冬の寒さを考えたとき

やはり日本古来の住宅の作り

一見無駄とも感じられる

縁側や廊下が空気の層になって

室内を快適にしてくれる。
 
 
 
そういう事が少しずつわかってきて

今、縁側のある家、絶賛ラブなのです。
 
 
 
同じ縁側でも、濡れ縁ではなく

廊下になっているタイプですね。
 
 
 
手まりは裁縫箱とちゃぶ台があれば作れますから

縁側で座布団しいて・・・

なんて思ったりします。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは籠目模様です。
 
 
 
籠目模様は100の目を持つ守り神である、

百目鬼の代用として親しまれてきた模様です。

多くの目で悪い物を寄せ付けないという祈りがこめられています。
 
 
 
いくつかの模様は手まり講座2年目の課題にしようと

作るのを我慢している物も多いです。

この作品の色違いの物もその1つです。
 
 
 
その為にも早々に1年目の講座を完成させねば・・・

と思っています。

 

 

 

憧れのハンドメイド作家、職人になるには?

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com