昨日は手まりの仕事が出来ず、糸のセット詰め作業

   2018年03月06日 日記

アマゾンで販売している刺繍糸のセット

ある色バリエーション、2セット

在庫全部を購入してくれた方が居まして・・・

急遽、糸セットを作る事になりました。
 
 
 
一番売れ筋のセットは

1回に10組納品しています。

先日まで在庫がそこそこあったので

もう少し後でよいかな・・・

と思ったら、全部ご購入いただきましたので

びっくりでした。
 
 
 
他店さんの糸セットは、多分

中国でセット詰めまでしていると思います。

でも・・・

この場合、仕入れ時によって糸の中身が変わります。
 
 

 
 
私がセット詰めしている物は

入っている糸の色番号が常に同じ物が入るようにしています。
 
 
 
ただ、品切れ品があった時の予備に

色数は2色少なくカウントしていますし

20色25本入りという感じで表記していますので

どの糸かが、2本入っているのです。
 
 
 
なぜこのようにしているかと言いますと

これも品切れの時に流動的に対応できるように

という理由です。

 
 
実は、中国から仕入れる木綿の刺繍糸

一応、1箱に24本入っている事になっています。

しかし・・・

これが正確に24本入っているとは限らないのです。
 
 
 
23本から25本の間。

24本が平均だが、1本の誤差があることが多い

という状態です。
 
 
 
こうなってきますと・・・

以前は、外注さんに頼もうか・・・

と検討した時期もあったのですが

1回の納品は1種類のみが10セットだが

他のセットは3-5セットで十分

という売れ行き状況。
 
 
 
それであるなら、多少手間だけど

自分でセット組みしたほうが良い

という結論になりました。
 
 
 
また、手持ち在庫の回転も良くなるので

そのほうが合理的という結論に至ったのです。
 
 

 
 
若干、他社さんの詰め合わせセットよりは

お値段が高くなってしまうのですが

いらない糸を買う必要が無い

という点では好まれています。
 
 
 
もっとも、私から見れば

刺繍糸は全色セットを最初に購入し

その後は、必要に応じて欲しい色を欲しいだけ購入

これがベストと思っているのです。
 
 
 
なかなかそういう買い方が出来るお店が無くなり

その結果、自分で輸入する事にしました。
 
 
 
作品によっては1色、5本ほど用意しておかないと不安・・・

という作品もあります。

メーカー品の糸を購入していたときも

1箱12本単位で購入していました。
 
 
 
箱で買う場合は、全色そろえる必要は無く

よく使う色グループだけ箱で購入し

使用頻度の少ない糸はバラで購入していました。
 
 
 
中国から糸を仕入れるようになり

しかるべき在庫を持つようになったのです。
 
 
 
昨日はそのような理由で

糸のセット詰め作業で終わりました。
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは、菱重ねの手法で作る椿です。

入門作品ですが、個人的には気に入っている作品です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com