管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

買出し日、オーダーしていた糸が届きました

    日記

昨日は日曜日でしたので

午前中は買出しでした。
 
 
 
帰宅しましたら、

中国にオーダーしていた糸が届いていました。
 
 
 
いつもはお昼過ぎに届くのですが

帰宅したら届いていたので

無駄な時間を使わずに検品作業が出来ました。
 
 

 
 
まず、ざっと数量の検品をします。

そしてアマゾンに送る分を送れるように仕分けします。
 
 
 
今回はアマゾンに送る木綿刺繍糸、全色セット

自宅保管分の木綿刺繍糸

日本刺繍の代用に使える絹刺繍糸

コーン巻きの絹紡糸

この4種類をオーダーしました。
 
 
 
絹糸は数量も少ないので

細かい検品はしなくてもすぐにわかります。

細かい検品が必要なのは25番刺繍糸になります。
 
 
 
25番刺繍糸はラベルを貼って箱に入れて保管しますので

とりあえず、色番号等確認がしやすいように

1つの箱にまとめておきます。
 
 

 
 
全色セットの刺繍糸は一応

小さな袋にグループごとに分けて入れられ

時にはそのまま届くのですが

今回はビニール袋に1セットごとにまとめて入っていました。
 
 
 
でも、使われている袋がちょっと弱かったり

トラブルが多いので

私はもう1枚上から袋をかけています。
 
 
 
1袋の入り数は重さで判断します。

でも、今回、ざっとビニール袋の外から見た所

何本か、いつもの刺繍糸の形状とは

違った糸のまとめ方をしてある物がありました。
 
 
 
糸の束ね方が違うだけで問題無さそうなのですが

こういうのが、クレームの対象になる可能性もあります。

袋を開けて再確認する方法が1つ。

そのまま出荷するが、代替品を適当に選び

補填品として入れる方法が1つ。
 
 

 
 
私は、糸として使えれば問題ないでしょ・・・

と思いますが、うるさい人はうるさいです。

しかし、不良品、もしくは表記と違う形状の物

という事で問題が起きないように

補填の品物

という事で10本別袋に入れて

これが補填品とわかるように追加しています。
 
 
 
つまり440色、447本入り

として販売していますが

トラブル予防に10本追加していますから

実質457本入っています。
 
 

 
 
説明では1本8mの糸が途中で1回、つないである

そういう物もまぎれているので

これは不良品とカウントしないと宣言しています。
 
 
 
その為、つないだ糸が入っていた

440色だった。

という評価を入れられる事はありますが

不良品に関する記述を貰ったことはないです。
 
 
 
でも、今回はちょっと、どうなるかな・・・

って感じですね。

今まで仕入れていた場所が品切れだったので

別のストアから買ったことも大きいです。
 
 
 
でも、現状、在庫的には

常に447色揃うように在庫は確保していますが

これを自分でセット組みは正直やりたくないです。
 
 
 
トラブル覚悟で、その分、補填の品を入れて

対処したほうが正直楽なのです。

そのセット組みに必要な時間を別の所に使いたい

というのが大きいです。
 
 

 
 
絹の刺繍糸の何色かは

現在品切れになっていたり

在庫が少ないのでこちらも小袋に入れ

色番号を貼り、オーダーに応えられるように

準備しなければいけません。
 
 
 
という訳で、昨日の手まりの仕事は

講座のメール作成のみしか出来ませんでした。
 
 

 
 
今回は楽しみにしていた絹紡糸、紫系が届いたので

ちょっと気分良かったりします。

これで作りたかった作品が作れます。
 
 
 
それでは本日も作業、頑張ります。
 
 

 
 
今日の手まりは

以前作った、極小手まりシリーズの1つ

ヒマワリです。
 
 
 
某書籍にこの小さい手まりの土台は

ティッシュを丸めて芯にするとあったのです。

そこで試しに作ってみたのですが

正直言ってティッシュはお勧めしません。
 
 
 
針が刺さらないので作りにくいです。

もし作るのであれば

極太毛糸を丸め、その上から

糸を巻いて表面を整えたほうが良いです。
 
 
 
地割は???

と言われそうですが

このヒマワリは地割をしていません。

完全に目分量です。
 
 
 
でも、他の作品では

一応、紙テープで地割をしている物もあります。

なぜなら、地割をしないと

綺麗に分割できないからです。
 
 
 
某テキストでは

このように小さい作品は地割なしで

目分量で分割して・・・

と書いてある物もあります。
 
 
 
どちらが正しいか?

ではなく、どちらが綺麗に作れるか?

で地割をするかしないかを決めれば良いと思います。

 

 

 

憧れのハンドメイド作家、職人になるには?

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません